実は本命彼女かも…! 彼の反応でわかる「本命度」

文・並木まき — 2021.3.8
「風邪をひいて寝込んでいる」と伝えたときの彼の態度は、本命度を測るモノサシにもなるでしょう。そこで今回は、男性たちの声をもとにメンタル心理カウンセラーの並木まきが、風邪で寝込んだときの反応でわかる彼の誠実度についてお話します。

本命度【低】「お大事に」と言うだけ

「そこまで好きじゃない女の子や、もう冷めてしまった彼女から体調不良の連絡をもらっても、正直『お大事に』くらいしか返事のしようがないですね」(34歳男性/IT)

「風邪をひいて寝込んでいる」と伝えたときに「お大事に」と返事が返ってくるのは、もはやコミュニケーションマナーの範囲内。

誠実に対応したいと考えている男性であれば、そこから一歩踏み込んだ返信をするはず。このひと言で終わってしまう場合には、残念ながら誠実に向き合ってくれているとは言いがたいでしょう。

本命度【中】求められればサポートをする

「付き合っている彼女が風邪で寝込んでいると聞けば、なるべくサポートに行こうと思います。ただ、こっちも仕事があるから、つきっきりってわけにはいかないし、とりあえず困っていることがないか尋ねますね」(31歳男性/サービス)

交際中の彼女がひとり暮らしをしている場合、彼女の体調不良時には、彼氏としてサポートしようと思う男性は多いようです。

ただし、何もかも放り出してサポートをするわけではありません。まずは本人に困っていることはないか尋ねたり、必要な物がないかを聞いて、自分ができることをしようとしてくれるケースが多いでしょう。

本命度【高】様子が気になって仕方ない

「結婚を考えているほど大好きな彼女や、僕がベタ惚れしている女性が体調を崩したと聞くと、かなり心配になります。邪魔しちゃうかなと思いつつも、LINEでこまめに様子を尋ねてしまいますね」(43歳男性/経営)

大事な女性が風邪をひいたと聞けば、体調が悪化していないかなど、こと細かに様子を知りたくなるのも男性の心理でしょう。

休んでいるときに邪魔をして申し訳ないと思いつつも、誠実な男性ほど、相手の様子が気になって仕方ないでしょう。

また、昨今は風邪症状が出ると、新型コロナウイルスへの感染を疑わざるをえないご時世。最初は単なる風邪に思えても、病状が悪化するかもしれないと心配した結果、彼女に細かく様子を尋ねる男性も多そうですね。

男性は本命の女性、とりわけ大事に思っている女性に対しては、自分の時間や労力を割くことを惜しまない傾向にあります。あなたの彼はどうでしょうか? 本命度を図りたいときには、こういったことで彼を試してみるのもありかもしれませんね。

©yamasan/gettyimages
©yamasan/gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。