自然な流れでLINE交換、デートも!…気になる彼と「仲良しになる」簡単テク

文・沙木貴咲 — 2021.2.5
好きな人とLINE交換をしたい。1対1のデートに誘いたい…でもどうすればいいの? ただ待っていても彼との距離は縮まらないはず。今よりもっとスムーズに仲良くなる方法があるんです。

気になる彼と仲良くなれる秘訣

LINE交換 デート 誘い方 

気になる男性と仲良くなるには、LINE交換が必須で1対1のデートも欠かせません。でも、どうすればそういう流れになるのか、自分から声をかけていいのか悩む女性は少なくないでしょう。好きな人との距離を縮めたいときは、「待たない」「自分から動く」が必須です。

自分から声をかける!待ってちゃダメ

ひと昔前は恋をリードするのは男性と相場が決まっていました。でも、令和の時代にそんなルールはありません。今でも「彼が誘ってくれたらいいのに」「自分から声をかけていいのか迷う」と言う女性がいますが、仲良くなりたいと思ったら行動あるのみです。

恥ずかしさや緊張で動けないことはあっても、女だから受け身であるべきという考え方はしないほうがいいでしょう。まごまごしているうちに好きな人を取られてしまいます。

LINE交換は必然のシチュエーションを作る

LINE交換 デート 誘い方 

とはいえ、唐突に「LINE交換しよう」と言っても彼は戸惑うかもしれません。LINEをプライベートな知り合いにしか教えないタイプは特に、当たって砕けろと勢いで突き進めばその通り砕け散ってしまいます。

受け身にならないように……といっても、やっぱり彼の気持ちを考えながら計画的に声をかけることが大切。また、彼とのLINE交換をスムーズにさせるのは、「LINEで1対1のやり取りをしなければいけないシチュエーション」であり、それを自分でセッティングする必要があります。

彼と同じ職場に勤めるならきっかけは仕事で構いません。メールや社用チャットが煩わしいからLINEでコミュニケーションしたいとか、彼が興味を持ちそうな情報や知識を前もって話して「詳しく載っているサイトがあるからLINEで送ります」と言うといいでしょう。

彼とは友人や趣味仲間であれば、飲み会やイベントごとの幹事を務めて料金をLINE内で支払うようにするとか、みんなで写真を撮って「今の写真を送るからID教えて」と言うのも自然な流れです。あるいは、彼が好きそうな動画を探して「URL送りたいからLINE交換しよう」など。

彼に戸惑いや迷いを与えないシチュエーションを作るとLINE交換がしやすくなります。

1対1で話す用事を作ってデートに誘う

LINE交換 デート 誘い方 

彼をデートに誘いたいとき、まだ距離が遠い関係ならデートに誘うというより、1対1で話す用事を作ったほうが早いです。「仕事で相談したいことがある」「悩みがあるから聞いてほしい」がもっともOKをもらいやすいでしょう。

……もしこれで彼から明確な理由もなくお断りされるなら潔くあきらめたほうがいいかもしれません。困っている人に相談や悩みを持ちかけられれば断りづらいのが人の常で、それでも断るのは脈ナシを通り越して拒否と受け取れます。

また、彼が詳しい分野を教えてほしいとお願いしたり、彼の好物を出すレストランを探して「食べに行こう」と言ったりするのも誘い方としては自然です。
過去に二人で食事に行ったことがあるなら、彼が空いている日をまず確認して、その日に合わせて約束を取り付けます。彼の食の好みに合わせたお店を選ぶと断られにくいでしょう。

重要なのは1対1で会うシチュエーションを作ることです。彼を食事に誘うにしても「割引クーポンがある」「割り勘で」と金銭的負担をかけさせないひと言を追加するといいかもしれません。彼が年上なら特にご飯をおごってもらうことが目的ではないとハッキリさせましょう。

ゴールを設定したら、そこにどうやって辿り着くかを考える

LINE交換も二人きりのデートも、それをゴールと決めたら「いかに自然な流れで辿り着くか?」を考えましょう。自分が同じアプローチをされてOKするかどうかを基準にしてもいいかもしれません。

また、彼が周囲とどんな付き合い方をしているかを観察しておくことも大切です。人間関係はライトで親しみやすいのか、警戒心が強くてガードが堅いのかによっても誘い方は違ってくるはずです。

「好き。もっと仲良くなりたいけれど、待ってばかりもいられないからエイヤ!」と勇気を振り絞るのはとても大事。ですが勢いだけで突撃しないように。やっぱり計画と準備は必要です。


©Westend61/Gettyimages
©Mixmike/Gettyimages
©Giuseppe Manfra/Gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。