【12星座別】運命の出会いがあるかも… 2月の恋愛運大公開!

文・沙木貴咲 — 2021.2.1
2月はバレンタインで一気に進展を狙いたい人も多いはず。2月の恋愛運はどうなるのか……? 12星座別に詳しく見ていきましょう!

おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

仕事や趣味をきっかけに人脈が広がりそうです。すでに顔見知りの人とひょんなことから深く関わったり、意外な共通の知り合いがいることに気づいたりするかもしれません。

フリーの人はそうした身近な人とのつながりから恋の可能性を見出せるはず。今まであまり注目しなかった男性を見直してみるのもいいでしょう。

好きな人がいる人は仲良くするチャンスをつかみにくい月です。片思いの相手と一対一で会えないなら、友人も交えて話すシチュエーションを作りましょう。

交際中の人はフランクなムードを心がけて。彼氏とはあまりベタベタしないでサッパリ接すると良さそうです。

おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

今月は恋愛より仕事に意識が向きやすく、気持ちにあまり余裕がないかもしれません。

また、うっかり失言や失態で自ら評判を落とす可能性もあるので、20日までは慎重を心がけて。自分がどう見られているかマメにチェックすると良さそうです。

ただ、どんな状況にあっても自分磨きや好きな人へのLINEはコツコツ頑張って。努力は月末を迎えるころに報われるはずですし、意識も前向きに変わるでしょう。

同僚や友人に片思いする人は関係をガラッと変えるきっかけがつかめるようです。

ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

月初はLINEの送信ミスや気持ちのすれ違いに気をつけて。ちょっとした気のゆるみが好きな人との関係を危うくするはずです。

知り合ったばかりの人と会うときは、名前や仕事、趣味などを頭に入れておきましょう。マッチングアプリを使って複数の人をキープするなら特に混同しないように。

また、もし自信を失いかけても21日には短所すら長所に思えてくるので、あまり卑屈にならないで。

意識は高く、必要以上に妥協や我慢をする必要はありません。無理めの恋をしている人は特に、テンションをフラットに保つことを心がけて。

かに座(6月22日~7月22日生まれ)

今月は、心を許していい相手やシチュエーションを見極めることがカギになります。気になる人がいるなら一歩踏み込んで関わるといいですし、付き合えるかどうかも見えてくるはず。交際中の人は恋人といっそう心を深く交わせるでしょう。

また、フリーの人には中旬以降に、「いい人がいるから紹介したい」「飲み会をするけど来ない?」といった話がチラホラ出てきそうです。

ソーシャルディスタンスを守りつつも恋の可能性があるなら積極的に。人づてに話を聞くより、対面で話せばアリかナシかはすぐに判断できるはずです。

しし座(7月23日~8月22日生まれ)

12日をすぎると恋に動きが出てきそうです。それまで以上に動きやすくなって出会いが増えるとか、好きな人とお出かけデートができるようになるかもしれません。

感染予防は大事ですが、活発に行動するほど新しい展開が期待できるでしょう。

ただし、焦って強引にならないように。せっかちになりすぎると、交際中の彼氏であってもギクシャクするかもしれません。

LINEの返信は気長に待った方がいいですし、デートの日時がなかなか決まらなくても寛容に構えた方がうまくいくはずです。

おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

今月は自分磨きに精を出して。テレワーク続きで体重が増えたり、ストレスが溜まったりするなら心身の調子を整えましょう。

恋人が欲しいのにできない状況が続いている人は焦らず、自分のことを最優先に考えるように。夜更かしや間食の食べすぎ、運動不足は生活習慣からガラッと変えると良さそうです。

27日をすぎると眠っていた魅力を掘り起こせるはず。イメチェンは好きな人の気を惹くきっかけになるでしょう。

フリーの人は、ヘアスタイルやメイクを変えたらマッチングアプリのプロフ写真を撮り直すといいかも。『いいね』が増えそうです。

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

勘違いやすれ違いが起きやすい月です。付き合いが長い恋人であっても丁寧なコミュニケーションを心がけて。知り合ったばかりの人とはマメに連絡を取り合うといいでしょう。

12日をすぎると、恋にテコ入れが必要になるかもしれません。最終ゴールをどこに設定するにせよ、一足飛びにたどり着こうとしないように。

片思い中の人やフリーの人は小さなことをコツコツと積み重ねて。25日までは積極的になるほどチャンスをつかめるでしょう。

さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

上旬は心がブレやすく、強引な態度を取りがちになるので焦らないように。

交際中の人は恋人とつまらないことでケンカをするかもしれません。意見がすれ違っても、「そういう考え方もあるのね」と認めて寛容に流すといいでしょう。

18日から25日は段階的に恋愛運がアップしていくラッキーウィーク。

うまくいかないことより、うまくいっていることに注目すると良い流れを作れます。自粛生活が続いたせいで関係が中だるみした人は、接し方やLINEの内容をガラッと変えて。自分で新しい風を吹き込むとまた恋のときめきを取り戻せるでしょう。

いて座(11月22日~12月21日生まれ)

恋人募集中の人は、12日以降に恋の兆しを感じそうです。

マッチングしたけれど会えずじまいになっていた人や、自粛ムードが高まって疎遠になっていた片思いの相手と会う流れができるかもしれません。

自分磨きを丁寧にして、仕事が忙しくてもデートできる余裕は作っておきましょう。本当に会えるかどうか、付き合えるかどうかはそのあたりで決まるはず。

月末に向かうと、仕事が佳境を迎えて恋愛が後回しになるかも。働き方やライフスタイルが変わる可能性があるので、気持ちに余裕がなくなりそうです。

交際中の人は、恋人に素っ気ないLINEを送りがちになるので気をつけて。あまり気を遣えない時は今の自分の状況を説明するようにしましょう。

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

恋愛運は決して悪くないのに、見当はずれの道を進んでチャンスを取りこぼしそうです。

情熱的になりすぎて独りよがりになるかもしれません。「絶対にこうしなくちゃ」「私と彼はこうなるべき」と思いすぎないように。柔軟さがあればうまくいくはずです。

恋人候補が複数いるなら本命選びは慎重に。今が判断の時期なのかどうかもよく見極めて。

18日をすぎると気持ちが落ち着いてコミュニケーションもスムーズになるはず。焦らない方がいいでしょう。

先の見通しが見えない恋は月末までじっくり様子見を。判断すべきタイミングはわかりやすくちゃんと訪れます。

みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

12日をすぎると意識がガラッと変わるかもしれません。中旬までは判断ミスがあるかもしれませんが、「やってみなくちゃわからない」と良い意味で楽観的に。

押してダメなら引いてみる、を心がけるとスムーズな流れが作れそうです。

フリーの人は25日まで人気運がアップ中。ピンとこない人からアプローチされてもとりあえずキープしておきましょう。最終判断はあとでも構いません。

月末は些細なことも慎重に判断を。好きな人からのお願い事、合コンのお誘いなどはチャンスなのか、甘い罠なのかを厳しく見定めて。

うお座(2月19日~3月20日生まれ)

杞憂が多く、判断ミスをするかもしれません。18日から21日で段階的に頭を覆う霧は晴れますが、それまでは重大な決断を下さない方が良さそうです。

思い浮かんだことをそのまま言葉にするのではなく、いったん考えてから発言するといいでしょう。想いが伝わりやすくなります。

下旬に入ると恋愛運がアップ。積極的になるほど恋が盛り上がります。

27日は好きな人との間に確かな絆が結ばれたり、ドンピシャで好みのタイプと出会えたりするかもしれません。いつもは言わないことをあえて言うとトントン拍子に進展しそうです。

©pixelfit/gettyimages
©Dougal Waters/gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。