EXO・ベクヒョンが初ソロコンサート「Beyond LIVE – BAEKHYUN : LIGHT」をオンラインで配信!

取材、文・尹秀姫 — 2021.1.9
1月3日、EXOのベクヒョンが初めてのソロコンサートをオンラインで配信した。ベクヒョンは2019年7月に韓国の1stミニアルバム『City Lights』でソロデビューを飾っている。さらに翌2020年5月にリリースした2ndミニアルバム『Delight』はミリオンセラーを記録、68か国・地域のiTunesチャート1位となるなど、ソロアーティストとしても人気、実力ともにK-POP随一。そんなベクヒョンの初ソロコンサートは、コロナ禍の影響により、オンラインで開催されることとなった。

ベクヒョンのソロコンサートがスタート!


ベクヒョン EXO

たくさんのビジューをあしらったジャケットを纏ったベクヒョンがステージに登場すると、コンサートは「YOUNG」からスタート。「Trouble」ではハイトーンのアドリブも効果的に歌いこなし、「Ghost」では軽やかなダンスとメロディアスな旋律を自由自在に歌い、ベクヒョンの持ち味を最大限に発揮した。

イントロの合間にダンサーから赤いレザージャケットとサングラスを受けとり、気分を一新して歌う「R U Ridin’?」ではこれまでの鮮烈な印象から一転して笑顔を見せ、「UN Village」では画面越しでも客席の方向に向かってマイクを向け、世界中で見守る観客を盛り上げる。コンサートのスタートから6曲をトーク無しで一気に駆け抜け、ベクヒョンだけの世界を展開してみせた。


BAEKHYUN_Beyond LIVE_1

MCでは「今日の主人公、ベクヒョンです」と、初めてのソロコンサート当日を迎えてうれしそうに挨拶。EXOのファン「EXO-L」を愛称の「エリ」と呼びながら画面の向こうにいるファンに向かって語りかけ、パフォーマンス中はステージ前に設置されているモニターに映し出されるファンのコメントを見て、みんなの反応を確認しながら歌っていました、と話す。

コンサートのタイトル「Beyond LIVE – BAEKHYUN : LIGHT」はベクヒョンがEXOの中でコンセプトとして与えられている超能力、“光”から取ったものだが、「いつもみなさんのそばに存在する光のように、今日のステージも光をテーマにいろいろな僕を見せたいと思って準備してきました」と、今日の意気込みを語ってくれた。

「体操競技場でコンサートをやっていたら1万5000人規模でしたが、今日は全世界に向けて生中継でパーティをしているようですね」と言っていたように、この日は世界120か国から11万人が同時にコンサートを視聴。そのため「グローバルな人ですからいろいろな言葉で挨拶します!」と、韓国語、英語、日本語、中国語、タイ語、インドネシア語で挨拶をしてくれた。


BAEKHYUN_Beyond LIVE_4

MCを挟んで続いては「太陽が輝く昼よりも薄暗い時にぴったりの歌を準備しました」と語り、バラードタイムに。この時期らしいEXOの楽曲「What I Want For Christmas」と「MY ANSWER」ではグランドピアノでの弾き語りを披露し、「今はみなさん家にいるけど、一緒に遊園地にいるような気分を味わえる曲」と紹介してくれた韓国ソロ活動の最新曲「Amusement Park」で、ボーカリストとしてベクヒョンの歌声を存分に響かせた。

そしてこの日の白眉は「Addicted」と「Get You Alone」の初披露。1月20日にリリースされる日本1stミニアルバム『BAEKHYUN』からの2曲で、どちらもセクシーなダンスと歌詞がベクヒョンらしい曲。この日、コンサートを観ているファンのための特別なプレゼントとして、日本のミニアルバムの曲をサプライズで先行公開してくれたのだ。「CALL ME BABY」から「Growl」、「Blooming Day」へとつながるEXO&EXO-CBXのメドレーも“エリ”たちにとってはうれしいプレゼントに。


BAEKHYUN_Beyond LIVE_3

「Psycho」や「Ringa Ringa Ring」といった激しいダンス曲も、「Poppin’」や「Candy」のようなポップな曲も、どれを取ってもベクヒョンらしいと思えるのはそれだけ彼の振り幅が広い証明。歌い終えた後は「みなさん、アンコールはあるでしょうか?」と自らアンコールを希望し、BoAのカバー曲「Garden In The Air」とEXO-CBXの「Cherish」でコンサートは終了。

アンコール途中、この日歌った曲を振り返りながら登場時に着ていたジャケットがすごく重かったこと、ピアノを弾きながら歌った「What I Want For Christmas」と「MY ANSWER」のために家にあるピアノを久しぶりに開けたこと、韓国では初披露となったEXO-CBXの日本1stフルアルバム収録のソロ曲「Ringa Ringa Ring」についてなど、うれしそうに語ってくれた。

この日のためにたくさん準備をしてきたから終わるのが惜しいと言い、次のコンサートはいつにしよう? と問いかけて、「明日!」という返事が返ってくると、「それは欲張りすぎ」と笑ったり、ファンとのコミュニケーションもオンラインとは思えないほどの自然さ。最後はEXO-CBXの「Cherish」を歌いながら会場を移動し、車に乗り込み、音楽に乗って楽しそうに去っていくベクヒョンの様子とともに本編は終了した。


BAEKHYUN_Beyond LIVE_2

実はこの後、VODには収録されないサプライズ・イベントとしてベクヒョンが再びステージに登場。ファンの質問コメントに答えるなか、「2021年の目標は?」という質問に対して「不在を感じさせないこと」と語ったベクヒョン。「すごくさびしいかもしれないけど、それでもみなさんには不在が感じられないようにいろいろ準備していますので、みなさんもずっと待っていて!」と、本人自ら“エリ”に語りかけた。

コンサートの途中、「僕に光の能力が与えられたのは、みなさんのそばにずっといろということ。これからもずっとそばにいます」と語ったように、「Beyond LIVE – BAEKHYUN : LIGHT」はファンのそばに居続けようとするベクヒョンの気持ちが込められたコンサートだった。次回こそ、オフラインでもコンサートが開催されることを願う。


BAEKHYUN_Beyond LIVE_5

BAEKHYUN(ベクヒョン) 
1992年5月6日生まれ。2012 年 韓国・中国にて、EXO のメンバーとしてデビュー。 EXO のメインボーカルであり、ステージ上で比類なき存在感を示す力強いシンガー。2015 年には EXO として日本デビュー。派生ユニット「EXO-CBX」や、SM ENTERTAINMENT のエース級メンバーが集結した アベンジャーズグループ「SuperM」のメンバーとしても活躍するマルチプレイヤー。

取材、文・尹秀姫

information

1月20日、ベクヒョンの初の日本ミニアルバム「BAEKHYUN」が発売に!

満を持して発表される完全日本オリジナルのミニアルバムは、R&Bをベースにさまざまな愛をテーマに制作したオリジナルの新曲全6曲を収録。初回生産限定盤は、それぞれ収録曲をイメージして撮り下ろしたビジュアルを使用した6形態をリリースする。

JAPAN 1st MINI ALBUM「BAEKHYUN」Digest Medley
1/9(土) 20時にYouTubeプレミア公開!

ベクヒョン「Get You Alone」MV

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。