ベッドに戻ったら…!? 経験者が語る「私史上一番ダメな男性」

文・三谷真美 — 2020.12.20
アラサー世代になると、それなりの恋愛経験を積んでいるもの。すごく幸せな時もあれば、中には最悪な思い出も…。そこで、経験豊富な女性たちに、今まで出会った中で一番ダメな男性のエピソードを教えてもらいました。

過去最大のダメ男とは?

最低 男 ダメ男 デート

オムツを履いて待機

「すごくいい感じの男性と初めてホテルに行った時、シャワーを浴びて部屋に戻ったら、その男性がオムツ姿でベッドに寝ていたんです。今まそんなプレイをしたことがないし、突然のことで驚き&怖すぎて、急いで帰りました。性癖は人それぞれですが、何の相談もなしにその状態で待ち構えてるって…全てが理想的な男性だったので、本当に衝撃でした」(28歳・会社員)

何ともインパクトのある出来事。それまで何度も重ねていたデートでは理想像そのものだったからこそ、しばらく立ち直れなかったそうです。

褒める内容が“ボディ”のみ

「少し落ち込むことがあり、セフレの男性に相談していたんです。そしたら『君には良いところがたくさんある』と褒めてくれてのですが、出てくる内容が、顔がかわいい、ナイスバディ、肌がすべすべなど、全て容姿! というか、セフレとしての良さ…落ち込んでいる時くらい、優しいとか明るいとか、せめて無難なことくらい言えないものかとバカらしくなり、その男性とのセフレ関係をやめました」(30歳・会社員)

実際、その男性から見て彼女の良いところが体のみだったのだとしても、誰にでも当てはまりそうな褒め言葉を言っておけば良いのに…素直すぎるゆえの出来事だったのでしょう。思いやりや愛情のなさを痛感して、一気に目が覚めたそうです。

今なら笑えるダメ男たち

最低 男 ダメ男 デート

世の中にはさまざまな種類のダメ男がいますが、全てはパートナーとの相性次第。不倫や人を傷つけるような、あからさまに悪い男ではないにしても、当事者の女性からすると、自分史上、一番ダメな男性だったのでしょう。


文・三谷真美


©bymuratdeniz/Gettyimages
©PeopleImages/Gettyimages