深夜に呼び出されて… 彼からの「度が過ぎたお願いLINE」3つ

文・並木まき — 2020.10.4
恋人から深夜に届くLINEには、過激なお願いが書かれているものも少なくないよう。今回は、複雑怪奇な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな“彼の度が過ぎるお願いLINE”を3つご紹介します。

1:深夜に往復タクシーで温泉旅館に呼び出し

「元カレは、お酒を飲むと人が変わるタイプでした。泥酔すると必ず私にLINEをしてきて、はちゃめちゃな要求ばかりしてきましたね。連投してくるので、寝ていても通知音でよく起こされましたよ……。

なかでも一番インパクトが強かった連絡は、『今すぐ箱根の温泉旅館に来い』というものですね。その日元カレは仲間と旅行に行っていたのですが、『お酒飲んだら会いたくなった。俺がタクシー代を払うから、今すぐ来て!』と言ってきて……。

翌日の仕事を理由に断ると、『帰りのタクシー代も出すから、1時間だけ顔が見たい!』などとめちゃくちゃなことをLINEしてきました。

元カレは経営者でお金があったこともあり、こんな風に深夜に『俺がタクシー代を払うから来い』というのはよくあったんです。

けれど、まさか深夜に都内から箱根までタクシーで来いと言われるとは思ってもみませんでしたよ(笑)

眠かったですし翌日も仕事だったので、もちろん断りました」(31歳女性/IT)

お酒の勢いで恋人に会いたくなるのは、よくある話。ですが、なかには深夜に無謀すぎるお願いLINEを送りつける男性もいるんですね……。

2:深夜1時に手料理を要求

「今カレはフリーで仕事をしているので、生活時間が私と異なるんです。そのため、彼は深夜まで起きている日も多いですね。

そのせいか、彼からたまに深夜1時頃に『今からウチに来て、ごはん作ってよ〜!』とLINEが届くことがあり、困っています。

私は会社員なので、深夜1時は寝ている時間。それにもかかわらず、私が起きるまで連絡してきて『お腹すいた』『手料理食べたい』とわがまま三昧。

彼の家は電車で一駅ほどの距離なので、タクシーなら15分で行けることも関係しているのかもしれませんが……。あまりにも自分都合のお願いばかりしてくるので、うんざりしています」(28歳女性/メーカー)

疲れているときほど、彼女の手料理を欲する男性も少なくありません。しかしそれが深夜となれば、生活時間の異なる彼女には負担でしかないでしょう。

3:元カノとの三者面談を深夜に開催

「彼から深夜にいきなりLINEがきて、『今から元カノと3人で話し合いすることになったから、××のファミレスに来て』と言われたことがあります。その元カノは若干ストーカーっぽいところがあり、前から新しい彼女の私に会いたがっていたのですが……。

まさか夜中にそんな話になると思っていなかったので、ビックリしましたね。しかもその時すでに彼の家の前まで元カノが押しかけていたみたいで、彼は困り果てた挙句に『とにかく来て』の一点張り。

平日かつ夜中で終電も終わっていたこともあり、『行けそうにない』と伝えたのですが、そうしたら『元カノと話し合う場にオンラインで参加してほしい』とお願いされて……。

結局、朝まで彼らの話し合いに遠隔で付き合いましたよ。翌日は眠くて、仕事になりませんでした」(30歳女性/エステティシャン)

元恋人との間に揉めごとがあると、新しい恋人も巻き込まれがち。深夜にいきなり面談をすると言われても、頭も働かない上に翌日の仕事にも影響が出るので困りますよね。

「親しき仲にも礼儀あり」とは言うものの、恋人だからと言って無謀なLINEをする男性もいるようです。

いくら恋人とはいえ、無謀な連絡であれば「無理なものは無理」と断る勇気も大事でしょう。

©Lilly Bloom/gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。