恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

不倫男性はコッソリやっている… 女性を「カラダの関係」に誘うための卑劣な手口4選

文・塚田牧夫 — 2020.9.16
「不倫なんて絶対ダメ」とわかっていても、そんな状態に陥ってしまう女性は多いもの。実は、不倫をする男性のなかには、女性を不倫に誘い込む必勝パターンを持っている人もいるんです。そんな男性に引っかからないためにも、“不倫男性が女性をカラダの関係に誘う卑劣な手口”は知っておきましょう。

甘いカクテルで酔わせて

カラダの関係に誘う卑劣な手口

「僕が10年以上通っている行きつけのバーがあるのですが、狙っている女性は、必ずそこに連れて行くんですね。僕が結婚してからも、たまに使っています。

マスターも知り合いなので、お願いするといいカクテルを出してくれるんです。甘くて女性好みで、でもかなりアルコール度数高めのカクテル。それを一緒に飲むと話がスルスル進みますね」イツキ(仮名)/34歳

オトナの男女関係を進展させるのに、お酒は必需品でしょう。ただ、それを悪用する男性もいます。甘い言葉と甘いお酒には気を付けましょう。

誘うのではなく誘わせる

「狙っている女性がいたら、まず食事に誘います。なるべくいいお店に連れていきます。支払いはもちろん俺が持ちます。でも、たいていの女性が“私も出します”と言ってくれます。

そこで、“じゃあ次はお願いね”と言うと、しばらくしてお誘いが来る場合があるんです。彼女から誘ってくるということは、多少こっちに興味があるということなので、あとはちょっと押すだけです」タモツ(仮名)/35歳

あえて女性から誘わせる口実を作るということでしょう。自主的に行動するよう仕向けているため、相手の要求を断れない状況になってくるのでしょう。

とにかく声をかける

「女性のなかには、既婚者でもOKという人が必ずいます。口には出さなくても、内心そう思っている人もいるんです。そういう人を見つけるためには、たくさん声をかけることに尽きます。

とにかく声をかけ、誘って、反応を見ます。すると、いい反応をする人が必ずいるので、そういう人を誘いますね」タイシ(仮名)/30歳

数多く声をかける作戦ですね。小さな労力で大きな成果を上げようとする、効率のいい手口とも言えます。

「相談にのってほしい」

「僕が女性に声をかけるときは、“相談にのってほしい”と提案しますね。それに対して、断る人はほとんどいません。“話を聞くだけなら”と会ってくれます。

そこで、仕事や家庭についての悩みを打ち明けるんです。すると、距離がだいぶ縮まります。それを何回か繰り返しているうちに、カラダの関係まで発展します」トシオ(仮名)/31歳

他人から弱みを見せられると、心を開いてくれているように感じます。すると、自分だけ心の内を閉ざすわけにもいかず、少しずつ心を開くようになるようです。

“不倫男がカラダの関係に誘う卑劣な手口”をご紹介しました。

不倫の関係を望んでいなくても、気付けばそうなっている場合もあります。それは、相手の卑劣な手口に乗っているからかもしれません。既婚男性と接する際は、警戒心を常に持っておくべきでしょう。

©Milan_Jovic/gettyimages
©Chris Ryan/gettyimages