生々しい… 不倫カップルが「深夜に送りあう赤裸々LINE」3選

文・並木まき — 2020.8.29
不倫カップルが送り合うLINEは情熱的な内容が少なくないようです。会えない寂しさや距離を、言葉によって縮めたいのかもしれません。今回は、複雑怪奇な人間模様分析を得意とする並木まきが、深夜に不倫カップルが送りあう“生々しく赤裸々なLINE”を3つお届けします。

1:横に君がいると思ってぬいぐるみを…

不倫カップルが深夜に送りあう赤裸々LINE

「不倫していた頃、奥さんが寝たあとに彼からよくLINEが送られてきました。その頃、すでに奥さんとはセックスレスだったみたいで、深夜のLINEは彼がムラムラして送ってくることが多かったです。

彼がよく送ってきたのは『君に会ってシたいけど、我慢してる。子どものぬいぐるみを借りてきて、横に置いて君だと思ってひとりでするよ』というもの。

なんでもぬいぐるみの温もりを私の温もりだと思って、ひとりでしていたみたいです(笑)。彼はかなり本気でムラムラを解消していたみたいですけど、その場面を想像する私はいつもゲラゲラ笑っていました」(30歳女性/ネイリスト)

ムラムラスイッチが入ると、やや滑稽なLINEを送ってしまう男性もいるようです。それにしても子どものぬいぐるみを使うとは、お子さんもいい迷惑でしょうね……。

2:別の不倫相手のセクシー写真が…

「不倫していたときの彼は、かなりエッチな性格でした……。深夜になると、よく裸の写真をLINEで送ってとせがんでくるんです。

彼は忙しい人だったので、デートは月1くらい。さらに、私の他にも不倫相手が数人いました。みんなにそういうLINEを送っているのか、一度私のところに別の交際相手の裸の写真が誤送信されてきたんです。

そこには、『またこれと似たポーズやって!』と書かれていました。写っていた女性は私と同世代で、かなりセクシーなポーズの写真を撮っていましたが、お世辞にも素敵とは言いがたいものでした(笑)。

それを見た瞬間、なんだか白けてしまって。それからしばらくして、その人とは別れました」(34歳女性/医療関係)

セクシー写真の送付は、別れた後のトラブルになる可能性もあるので絶対に避けたほうがいい行為。そのうえ、こんな誤送信で見知らぬ人に自分のセクシーな姿を見られるリスクまで伴うとなれば、どんなに彼に頼まれても断るのが賢明でしょう。

3:夫婦の営みが始まる直前に…

不倫カップルが深夜に送りあう赤裸々LINE

「不倫していた彼とは、奥さんに浮気がバレるのを防ぐため、いつも深夜にLINEをしていました。でもたまに、奥さんがトイレで起きることがあり、そういうときに彼はトークの音声録音ボタンを押して私に知らせるんです。

彼は夫婦の寝室からLINEを送ってくるので、私とLINEをしているときでも、奥さんは横で寝ているスリリングな状態。しかも、ついこの前はまたLINE中に奥さんが起きたみたいで、その場の音声が送られてきたのですが……。

奥さんが『ううーん』とか言いながら、彼に甘えた声を出しているのが入っていて、なんだか複雑な気持ちになりました。

奥さんともシてるって聞いていたものの、その音声を送ってきたLINE以降、その夜は彼からメッセージが来ず。もしかして今から夫婦の営みが始まったのかなぁ……って複雑な気持ちになりました」(32歳女性/飲食)

文字を打ちにくいシチュエーションでは、LINEのトークにある音声送信機能を使って、状況を知らせる不倫カップルもいるのですね。セクシーな夫婦生活を予想させる内容が届けば、不倫相手の心境は複雑でしょう……。

不倫カップルが送り合う深夜のLINEには、びっくりするようなメッセージがあることも少なくないのです。自分の夫が、すぐ近くでこんなLINEを浮気相手に送っていると知れば、妻としては困惑しますよね……。みなさんは、こんなLINEを送りあうような不倫には手を出さないことをおすすめします。

©WANDER WOMEN COLLECTIVE/gettyimages