あの言葉で反応を見る!…「彼の気持ちがわかる」簡単な方法

文・沙木貴咲 — 2020.8.19
友達以上恋人未満……そんな状態にじれったくなる時どうすればいいんでしょうか? 彼の言動から本心を探る? いいえ、それよりも早くハッキリと彼の気持ちがわかる方法があります。

二人きりで会うこともあるけど彼氏といえるかどうかは微妙……。好きな人との関係がそんな状態になっている時は、ひたすら様子見をするよりズバリ確かめたほうがいいでしょう。モヤモヤし続けるより、早めに彼の気持ちを知ったほうがスッキリするはずです。

「デート」という単語に彼はどう反応する?

友達以上恋人未満 恋愛 悩み デート

二人きりで会う時に「こうしてデートしていると~」「今日のデートは~」など、デートという単語を口に出して彼がどんなリアクションを取るか見ます。

彼が明らかに動揺したり、聞こえていないフリをしたり、あるいは「これはデートじゃないよ」と否定する場合は、彼にとってあなたはまだ友人の域を出ていません。また、お二人の間にすでに肉体関係があるのに、彼がこうした反応を見せるならキープされていると判断していいでしょう。

一方、彼がうれしそうにニコニコするとか、自分でも「デート」と言いだす場合は、本気で付き合いたいと思っています。ハッキリとした告白がないだけで真剣交際を考えているはずです。

男性は、「私たちは付き合っているの?」「私は彼女なの?」と聞かれるのを嫌うことが多く、交際を検討中だと特に返答に困ってしまいます。ですが、デートという単語はちょうど良い感じにマイルド。彼も変に身構えずに素直な反応を見せるでしょう。

恋人ならではの話題を投げてみる

友達以上恋人未満 恋愛 デート 悩み

「私、来月誕生日なの」
「(彼の)誕生日そろそろだよね。当日はどうするの?」

たとえばこんな風に、恋人なら必ず一緒に過ごすネタを彼に投げてみます。お互いの誕生日が遠ければ、バレンタインでもクリスマスでも、あるいは彼の昇進や資格試験の合格などをお祝いするでもいいでしょう。普通なら恋人と過ごすであろう特別な日の予定を聞いてみてください。

すでに予定が入っていて完全にスルーされたら、残念ながら彼があなたと付き合う気はありません。二人きりで会っていても友人以上には思われないはず。

ただ、彼が乗り気で「どうしよっか?」と積極的に計画を立て始めたら、あなたのことを本気で好きな証拠です。あなたの誕生日を率先して祝おうとするのは特に、もはや恋心を疑いようがありません。

曖昧な関係を抜け出す方法

友達以上恋人未満 恋愛 恋人 悩み 

どうアプローチしても曖昧な関係を脱しきれない時は、今まで行ったことのない場所に出かけるか、初体験のことに二人でチャレンジしてみてください。たとえば旅行、ドライブ、スポーツ、新しい趣味、資格を取得するための勉強など。きっかけは何でもいいので、自分と彼にとってなじみのないシチュエーションを作ってみます。

これは、今までにない状況に身を置くことで彼との関わり方を変えたり、それまで気づいてもらえなかった魅力や才能をアピールしたりすることが目的。ずっと同僚として付き合ってきたなら、共通の趣味を持つことで彼の中であなたのイメージが変わるかもしれません。いつも落ち着いたお店でデートしている場合、遊園地で絶叫コースターに乗ったら心の距離がグッと近づく可能性も。

何にしても、曖昧な状態を作り出す日常を飛び出すきっかけが必要です。また、ちょっとした非日常に身を置いたなら、大胆にアプローチするといいでしょう。良い意味でのギャップを見せられれば、友人では物足りなくなり彼女として求められるはずです。

様子見を続けるだけじゃムリ

好きな人と曖昧な関係になっている人は、現状に不満を覚えながらも行動を起こせずにいることが多いです。行動することで彼に嫌われるんじゃないか、今よりも関係が悪くなるんじゃないかと怖くなるのかもしれません。

でも、中途半端な現状はあなたを不安にさせるだけで、どこまでいっても幸せは手に入らないはず。また、もっとも大事なのは彼の気持ちを知ることで、曖昧な付き合いを続けることではないのです。もし本気で愛してくれないなら、彼との関係を続ける意味があるでしょうか? あるいは、それを踏まえて「じゃあ本気にさせる」とアプローチするとか、次の行動を起こせるようになります。

彼の態度や発言から本心を見抜くのはまず無理です。相当に心理学に精通している人でも難しいでしょう。やっぱり変化を求めて行動を起こしたほうがいいですし、そのために最適な方法を知ることが大切です。


©ZoneCreative/Gettyimages
©westend61/Gettyimages
©Klubovy/Gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。