恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

借金返済のために… 不倫彼氏とヨリを戻した女の「懇願LINE」3選

文・並木まき — 2020.8.8
不倫の道に足を踏み入れたなら、1日も早く抜け出すに越したことはありません。ところが、別れた不倫相手に自ら復縁を希望するLINEを送ってしまう女性も……。複雑怪奇な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんなLINEを3つお伝えします。

1:コロナでさみしくなり…

「去年の夏、不倫相手との関係に終止符を打ったのですが、その後私に新しい彼氏はできませんでした。そんな状況でコロナ禍になり、ひとりで家にいる時間が増えて、とてもさみしくて……。

不倫でもいいから彼氏が欲しいと思い、彼に『やっぱりあなたがいないとダメみたい』とLINEを送ってしまいました。

すると、彼からすぐに返信がきて、あっという間に復縁。今では週に1回デートをしています」(38歳女性/自営業)

ひとりで過ごす心細さから「不倫でもいいから相手が欲しい」と感じてしまう女性もいるでしょう。しかし、どんな事情があるにせよ、不倫は忌むべき行為。魔が差すとはこういうことなのかもしれません。

2:ダメ男続きでウンザリ

「前の職場の上司と3年不倫をしたのですが、“このまま不倫を続けていても不毛だ”と感じ、私が転職をした際に別れたんです。ところが、不倫をやめてから2年の間にできた恋人は皆ダメ男で……。

もう独身の男性には期待せず、ひとりで生きていこうと考えていました。しかし、ふと“恋人は既婚者でもいいじゃん”と思いつき、以前の不倫相手にLINEしたところ、あっさり復縁。

今は職場が違うので頻繁には会っていませんが、セフレのような関係が続いています」(44歳女性/サービス)

独身男性との恋愛に期待して不倫から足を洗っても、期待通りの結果にならず、また不倫の沼にハマってしまう女性もいます。

既婚男性には、金銭的・心理的な余裕のある人も多いので、独身男性と比べるとかっこよく見えてしまうのかもしれませんね……。

3:お金目当てで復縁

「最近、私は会社を辞めて独立しました。しかし、コロナの影響で売り上げが減少し、お金がカツカツになってしまったんです……。

いろいろと対策を考えたのですが、借金返済の目途が立たなかったので、以前付き合っていた経営者の既婚男性にLINEして、復縁と援助をお願いしたんです。彼はすぐにOKしてくれました。

本当は不倫なんてしない方がいいに決まっていますが、背に腹は変えられません」(35歳女性/自営業)

裕福な男性との不倫では、金銭的に恵まれやすいのも確かです。お金のために、不倫の道に戻ってしまう女性もいるのでしょう……。

以上、「不倫彼とのヨリを戻した女の懇願LINE」をご紹介しました。

不倫はいけないコトと理解しても、事情により復縁せざるを得ない女性もいるようですね。

皆さんの周りにも、このような方がいるかもしれません。トラブルに巻き込まれないよう、くれぐれもご注意を!

©Westend61/gettyimages
©Jamie Grill/gettyimages