恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

こんなコトまで言うの…!? 妻がドン引いた「夫の衝撃的な発言」3つ

文・並木まき — 2020.8.5
まだまだ安心できないコロナ禍においては、非常事態だからこそ知ったパートナーの意外な一面に悩んだり、これまでは気がつかなかった決定的な価値観の違いが見えてきた新婚カップルもいるようです。そこで今回は、複雑怪奇な人間模様の分析を得意とする並木まきが、そんな新婚カップルの嘆きをご紹介します。

1:収入を盾に突如としてモラハラ夫に!?

「夫婦揃って在宅勤務メインの日が続いています。

これまではお互いが家に帰ったら寝るだけの生活だったので都心の狭いマンションを借りていましたが、在宅勤務が増えてからは部屋が狭いゆえにお互いが仕事のスペースを確保できずにイライラしてました。

我が家は夫のほうが収入がいいんですが、ある日いきなり夫から『リビングで仕事できる時間は、収入に比例して決めよう』と提案され唖然としました……。夫の言うとおりにすると、私がリビングで仕事をできる時間は3時間しかなく夫が5時間という計算に。

しかも昼間の時間を夫がメインで使うとなると、私は仕事にならないので『そんなのムリ』って言ったんですが、『だったら稼げば?』と冷たく返されました。

これってモラハラですよね……!? 自分の都合だけを押し付ける夫の価値観にいまさらながら驚いています」(32歳女性/IT)

夫婦で同じ空間にいる時間が長くなると、どうしても揉めごとが増えがち。ですが、自分のしたいことをするために屁理屈を主張する夫には、確かに唖然としますよね。言いなりになってしまえばエスカレートしそうですし、悩ましい問題です……。

2:なんでも「運」任せの夫

「夫はこれだけコロナが流行していても『かかったら、仕方ないじゃん』と言い、私からすると対策が不十分なんです。

夫からは私が神経質すぎるって言われていますが、今は妊活中だし防げるなら防ぎたい。身体も清潔にしておくに越したことはないと思っているんです。

でも、何度そう話しても『子どもができるのも運だし、コロナにかかるのも運じゃん。人生なんて全部運だよ』と何かを悟ったような返事しか返ってこなくて……。

結婚2年目ですが、そんな夫になんだかガッカリしちゃいました。そして最近では、価値観が違いすぎる夫との間に子作りをしていいものか迷ってきちゃって……」(28歳女性/サービス)

未知のウイルスへの感染症対策を通じて、価値観の違いを痛感しているカップルは少なくないようです。どちらが“正しい”とは言い切れないテーマで意見が異なると、夫婦でもすり合わせるのが難しいでしょう。

3:お金にルーズな面が発覚…

「コロナの影響で、バイト先を事実上クビになりました。まぁ共働きだし夫が働いているので、生活は大丈夫だろうと思っていたのですが……。

私の収入がなくなるのをきっかけに、夫の収入を私が管理することに。ですが、夫の収支を見て唖然としました。これまでは共働きってことで、決めた額を共通の口座に入れて生活費にしていたんですが、なんと夫はそれ以外のお金を全部使い切っていたんです……!

夫はそこそこ稼ぐと聞いていたので、多少なりとも蓄えがあるだろうと思っていたのにそれも全然なくて……。それどころか、大きな額ではないですが借金まで発覚しました。

けれど夫は『仕方ないじゃん。また稼げばいいじゃん』の一点張りで、悪びれる様子もありません。お金にルーズかつあまりにも価値観が違いすぎることが発覚し、この先やっていけるか急に不安になりました」(32歳女性/専業主婦)

結婚生活とお金は、切っても切れない関係。それだけに金銭面で価値観の違いが露呈すると、大問題に発展しやすいですよね。話し合いで解決できればいいですが……。

これまでと異なる環境に身を置くことで、夫婦間の致命的な“価値観の違い”が露呈することも。“コロナ離婚”もある今、予想外の問題に頭を抱えている夫婦は、意外と多いのかもしれません……。

©Vasyl Dolmatov/gettyimages
©vadimguzhva/gettyimages