子どもってマジうるさい…!? 男が別れを決意した「耳を疑う一言」6選

文・東城ゆず — 2020.6.10
日本には昔から「親しき仲にも礼儀あり」ということわざがあります。付き合っている彼氏に気を許して、自分らしく接することはとてもいいことです。しかし、どんな自分でも受け入れてくれると思ったら、大間違い。彼氏は、あなたの知らない間にストレスをため込んでいるかもしれません……。今回は、最近彼女と別れた男性の話をもとに、別れの決定打となる彼女の言動を紹介します。

「私の勝手でしょう?」

「付き合っている彼女が、職場の悩みを僕に打ち明けてきたときのこと。

僕なりに彼女のことを思いやって悩みごとを聞いていたつもりなのですが、彼女はありがた迷惑だと感じたようで“何をしても私の勝手でしょう?”“そんなアドバイスいらない”と怒られてしまいました。

役に立たなくても、彼女への思いやりをそんなふうに言われて傷つきましたし、急に彼女が自分以外の意見を聞き入れない冷たい人に見え、どう接していいか分からなくなっちゃいました」(Aさん・37歳男性)

たとえ自分とは違う意見だとしても、自分のために時間を割いてくれる相手には、敬意をもって接したいですね。

「今月の支払いが辛い」

「彼女に対しては、日頃からデートの際に“金遣いが荒い”と感じる一面がありました。

まだ家計は一緒にしていないので黙って見ていたのですが、あるとき“今月の家賃の支払いが辛いから手伝って”と言われて幻滅しました。

僕はどんなに親しい相手でも、簡単に“お金を借して”なんて言えません。一緒に生活する未来が見えなくなり、すぐに別れを告げました」(Nさん・25歳男性)

金銭感覚の違いに多少は目をつぶることがあっても、最低限のルールを守らない場合は、話が変わってきます。彼女のあまりにもズレた金銭感覚に、この先を案じてしまうのも無理はないでしょう。

「男は早く出世しなきゃ」

「彼女との付き合いも長くなった頃のこと。彼女なりに結婚に対して焦りを感じていたのだと思いますが、“男は早く出世しなきゃ意味がない”と言われたときはショックでしたね。

今は、男女関係なく活躍できる社会なのに、その“男は”というフレーズも気になりました。

結婚資金を負担したくなかったのかもしれませんが、それ以降、彼女を他力本願な人だと思うようになりましたね」(Kさん・40歳男性)

女性の社会進出の問題はさておき、「自分がラクできればそれでいい」という気持ちが透けて見えたことが、この男性の落胆の理由でしょう。

辛いときはお互いに助けあうような姿勢を見せたいですね。

「私のことなんて大事に思ってないよね」

「仕事で忙しい時期に、当時付き合っている彼女が“私のことなんて大事に思ってないんでしょ?”と言ってきたときは、力が抜けちゃいましたね。

僕がどれだけ苦労して、彼女の見ていないところで時間を調整してデートしているか、彼女が察していないことにもショックでした。それに、連絡だって隙を見つけて小まめにしていたつもりです。

彼女としては、僕に“そんなことないよ”と言ってほしかったのかもしれませんが、それにしても発言が子どもっぽいと感じました」(Kさん・26歳男性)

相手を試すような言動は控えましょう。素直に「寂しい」と伝えた方が分かりやすいですよね。気持ちを伝えるときは、受け手の捉え方を考えるのもお忘れなく。

「結婚したら専業主婦がいい」

「彼女とディナーを楽しみながら、仕事の話や報告をしていたときのことです。

彼女が“仕事って本当にだるい”と言った直後に、“結婚したら専業主婦になりたいし、もう少しの我慢かな”と言ったんです。

僕は自分の年収に不安を感じていたので、奥さんになった人には協力してほしいと思っていました。でも、その相談もなく自分の感情を優先する彼女に、円満な家庭生活が見出せず、長いことモヤモヤしました。

そのあとも半年ほど悩んだのですが、結局、仕事に熱意がなく愚痴ばかり言うネガティブな彼女に別れを切り出しました」(Sさん・33歳男性)

付き合っているときから自分の年収をあてにされるのは、誰だって嫌ですよね。将来専業主婦を目指しているとしても、今の彼の状況を理解した上で話し合えるといいですね。

「子どもってうるさい」

「遊園地でデートしていたときのことです。僕たちの目の前を、はしゃぐ子どもたちが通り抜けたんです。僕は“彼女との子どもができたら楽しいだろうな”とその様子を見ていました。

しかし、そのとき彼女が“子どもってマジうるさい”とボソッと呟いたのを聞いてしまい、ショックでした……。

遊園地という場所で子どもたちが賑やかにしているのは自然なことだし、仮に子どもが苦手だとしても、他の言い方はなかったのかと思ってしまいました。

子どもへの価値観が合わなさそうだと感じてしまい、このまま彼女と付き合い続けていいのか悩んでいます」(Mさん・28歳男性)

価値観や考え方が全く同じ夫婦はいません。意見が衝突することもあるでしょう。でも、相手の価値観や考え方を最低限理解して、寄り添えるようなパートナーでありたいですね。

以上、「男が別れを意識した彼女のきつい一言6選」をご紹介しました。

どんなに気を許せる人が相手でも、このような発言は控えるべき。その一言を言う前に、彼氏がそれを聞いてどう思うか冷静に考えてみましょう。

©Image Source/gettyimages
©Tetra Images/gettyimages