恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

【要注意!】梅雨時期に運気を下げてしまう行動まとめ

まとめ構成・小田原みみ — 2020.6.11
雨はザーザー、空気はジメジメ。梅雨の時期はココロも身体もだらけてしまいがち。実は、そんな雨続きの日は運気が下がりやすいのです。ananwebで人気の占い師による「梅雨時期にしてはいけない行動」をまとめました。どれもついしてしまいがちなことばかり。気をつけて、梅雨シーズンを乗り越えましょう!

梅雨時期に運気が下がる家の特徴

換気をせず閉め切っている

shutterstock_560363572

風水において、家の中に風の通り道を作ることは、良い“気”を循環させる上でとても大切と言われています。しかし梅雨のシーズンは、なかなか換気しようという気になりませんよね……。

だからと言って部屋を閉め切っていると、どんどん部屋の気がよどみ運気が下がってしまいます。雨が入り込まない程度でいいので、家の窓をすべて開けて、短時間だけでも空気を循環させるようにしましょう。

下駄箱を閉めたままにする

shutterstock_232919482

雨が強く降っているときに帰宅すると、大体靴はビショビショになってしまいますよね。そんなビショビショの靴を、そのまま下駄箱へしまうのは絶対にNG。

風水的に見て、“陰気”は水気のある場所に溜まりやすいとされています。また、玄関は人だけでなく運気の出入り口にもなる、家の中で最も大切な場所です。

そんな玄関に陰気を溜め込んでしまうと、家全体の運気が落ちてしまいます。靴は必ず乾かしてから下駄箱へ入れるようにしましょう。

また、下駄箱の戸は、梅雨の時期だけは閉め切らずに開けておき、少しでも玄関の気の流れを良くしておきましょう。

「梅雨時期に運気が下がる家の特徴」についてもっと読む

文・脇田尚揮

※2018年6月11日作成


梅雨時期に運気を下げるNG行動

濡れた傘を玄関に放置する

shutterstock_1116352958

外から家に帰ってきたとき、傘立てがないからといって、濡れた傘をそのまま玄関に放置する方も多いでしょう。また、雨が降るたびにビニール傘を買い、知らず知らずのうちに何本も玄関に置いてしまうこともあるのではないでしょうか。もし、あなたの家がそんな玄関なら、今すぐ整理しましょう。

風水における玄関は、良い運気が家の中に入ってくる、最も重要な場所だとされています。

そんな場所が乱雑になっていたり、濡れた傘などの湿気でジメジメしていると、良い気を家に呼び込めず、悪い気が家中に充満してしまう可能性も……。

傘は傘立てにきちんと整理し、晴れた日には屋外に干しておきましょう。傘立ての下に溜まった水を拭き取るのも忘れずに。

また、いつの間にか溜まっているビニール傘は、公共施設などに寄付するか、処分するなどして溜め込まないよう気を付けましょう。玄関は湿気がなく、清潔に保っておくことが運気アップの秘訣です!

靴を濡れたまま放置

shutterstock_703289515

ちゃんと玄関の掃除をしているのに、何かジメッとして嫌な感じがする……。そんな時は、靴と靴箱をチェックしましょう!

風水において、靴は新たな運気や出会いを運んでくるアイテムだと言われています。しかし、雨の日に履いた湿った靴を使い続けると、良い出会いに恵まれないばかりか、悪縁を招き入れてしまうかもしれません!

また、洗っていない不潔な靴を靴箱に放置していると、それが原因で玄関から良い気が入りづらくなる可能性もあります。汚れたまましまってある靴は、手入れをしてキレイにしてから靴箱へ戻しましょう。

濡れた靴の場合は、新聞紙や乾燥剤を入れて湿気を取り、完全に乾いた後で靴箱にしまうようにして下さい。

「梅雨時期に運気が下げるNG行動」についてもっと読む

文・夏目みやび

※2019年6月8日作成


いくつか当てはまってしまったものがあったのではないでしょうか? もしかしたら梅雨時期の不調の原因は、そこからきていたのかもしれませんね。どれも簡単に改善できることばかりなので、気をつけてみましょう!