思わずドキッ…♡ 12星座別「気になる彼をその気にさせる」キラーフレーズ

文・沙木貴咲 — 2020.6.10
恋はちょっとした言葉で始まるものです。ほかの人には何でもない一言であっても、性格や好みをピンポイントで刺すセリフがあるでしょう。あなたの気になる彼には何を言えばいいのでしょうか。 今回は、占い師の沙木貴咲さんに、男性の星座別に「ドキッとさせるキラーフレーズ」をご紹介いただきました。さっそくチェックしてみましょう!

12星座別「彼をドキッとさせるひと言」

おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

おひつじ座の男性は「一番」という言葉が好きです。仕事が早い、話が面白い、背が高いなど、彼が一番優れていることを伝えるといいでしょう。

おひつじ座の男性にとって褒め言葉は最上級でないと意味がありません。また、それをもらうのが難しいこともよく知っているはず。

だからこそ、「一番すごい!」と言ってくれる女性には、思わずドキッとさせられるのです。

おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

おうし座の男性をドキッとさせるのは簡単ではありません。ドラマのセリフのように美しい言葉を言えばいいというわけではなく、彼はそこに深い愛情と信頼が込められているかどうかを重視するのです。

おうし座の男性に限っては、言葉選びよりも関係を深めることの方が大事。

一緒に過ごした時間の長さが、「ありがとう」「ごめんね」といったありふれた一言を輝かせるでしょう。

ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

会話力に優れるふたご座は、女性に「好き」と言わせるのが上手です。欲しい言葉は相手から巧みに引き出すので、彼の意表をついてドキッとさせるのは簡単ではないでしょう。

そのため、「こんなこと言ったら引かれるかも」と思うような天然発言が彼の心をつかむはず。新しい情報やネット検索で出てくる豆知識ではなく、自分が個人的に面白いと思うことをアピールすることが大事。

彼は「この子、面白い!」と興味を持って自分から距離を縮めてくるでしょう。

かに座(6月22日~7月22日生まれ)

かに座の男性は警戒心が強く、信頼できる人にしか心を開きません。安心して打ち解けられる相手と認めないと、自分から歩み寄ろうとはしないのです。

そのため、かに座男性をドキッとさせるには自分から自己開示することが大事。当たり障りのない話題ではなく、彼にとって本質的なテーマで本音を語るといいでしょう。

最近の彼が何に興味を持っているのか、何を問題視しているのかを事前にリサーチしておき、「ちょっと真面目な話になるんだけど……」と話すと良さそうです。

しし座(7月23日~8月22日生まれ)

しし座の男性は、褒め言葉に弱くチヤホヤされるのが好きなタイプ。

ただ、彼がもともとモテるタイプだったり、普段から周囲に評価されていると、ありきたりの「カッコいい」「すごい」はスルーされてしまうでしょう。

彼をよく観察して、一段掘り下げた感想を伝えるのがいいかもしれません。

たとえば仕事について言うなら、彼が出した結果を褒めるのではなく、どんな努力をしたのか、どういうところに着眼したのかに注目するといいでしょう。

「誰にも真似ができない」「アナタだからこそできたこと」と褒めると良さそうです。

おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

おとめ座は情報弱者になりたくないタイプ。向学心が旺盛で、知識を広げることに喜びを感じます。「物知りですね」「そこまで知っているなんてすごい!」といった褒め言葉には、思わずドキッとするでしょう。

おとめ座の男性は、知的で情報通であることを指摘されるとうれしくなります。

逆に、絶対に言ってはいけないのは「そんなことも知らないの?」。彼のプライドを壊すNGワードなので気をつけて。

Young man wearing suit, standing in front of mirror

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

てんびん座の男性は、「カッコいい」「素敵」という王道の褒め言葉に弱いでしょう。彼自身、見た目に気を遣うタイプなので、お気に入りの服やコーデ、こだわった髪形などを褒められるとうれしくなります。

ただ、彼がそもそもモテ男の場合、「カッコいい」は聞き慣れた単語になってしまうはず。何がどうカッコいいのか、ほかの人に比べてどこが魅力的なのか? という点まで分析して述べると、興味を持ってもらいやすくなるでしょう。

さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

さそり座の男性は、自分が興味あること以外は極端に関心が薄いかもしれません。彼の好きなことや頑張っている仕事を話題にしないと、そもそも会話が成立しない可能性が。

事前にリサーチが必要ですが、彼が好むジャンルのマニアックな話をすることで心の距離はグンと縮まるはずです。

とはいえ、彼より詳しくなる必要はなく、「面白そう! もっと知りたいから教えて」と言うと彼は喜んでドンドン話し出すでしょう。自分と同じ興味を持つ女性にはつい心を動かされてしまうのです。

いて座(11月22日~12月21日生まれ)

いて座の男性は、オリジナリティを大切にするタイプです。仕事でも趣味でも既存のやり方をなぞるだけでは面白くないと考えるでしょう。

そのため、「こんな面白い企画を思いつくなんてすごい」と褒めたり、「どうしてこれをやろうと思ったの?」と彼の方向性を質問したりするといいかも。

いて座の男性は本気の恋をする時、女性らしさや色気よりも一人の人間として尊重できるかどうかを重視します。物事の本質を真面目に語り合える女性に心を動かされるのです。

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

やぎ座の男性は真面目な野心家です。色気やボディタッチで気を引ける相手ではありません。

仕事や時事ネタなど、堅めな話題で核心を突くような意見を述べると興味を持ってもらえるでしょう。たとえば、「アナタの意見は正しいと思うけれど、こうするともっと良くなるのでは?」と肯定した上でさらなる提案をするとか。

やぎ座の男性は常識的で賢い女性が好み。知的な発言に思わずドキッとさせられるはずです。

みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

みずがめ座の男性は独特の個性を持っています。一般論がどうであっても、また周囲の支持が得られないとしても、ストイックに『俺流』をつらぬくでしょう。

そのため、彼のとがった価値観に対して、「私もそう思う」「とても良い考えだね」と同調すると距離がグンと近づくはず。

みずがめ座は自分のキャラをよく知っていて、誰とでも馴染めるわけではないと自覚しています。それだけに、他人と同調しにくい意見を理解してもらえるとドキッとするでしょう。

うお座(2月19日~3月20日生まれ)

うお座の男性がドキッとさせられるのは、言葉よりもボディタッチかもしれません。理屈より感覚で物事を判断するタイプで、スキンシップに弱いところがあるため、不意に触れられると心が揺れやすくなるのです。

また、ほかの人なら文句を言うような場面で、「いいよ。気にしないで」「大丈夫」と許してくれる女性にも注目するはず。

うお座は他人を攻撃することが嫌いなので、優しい言動には恋心がくすぐられるでしょう。

©Westend61/gettyimages
©RunPhoto/gettyimages