恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

何が許せない…?「一緒に居すぎたカップル」が破局した原因4つ

文・塚田牧夫 — 2020.6.6
長く一緒に過ごすと「空気のような存在になる」こともありますが、決して悪いことではありません。お互いに居心地がいいと感じているからです。ただ、一緒に居すぎることで、別れが早まるケースもあります。周りから安泰と思われていたカップルが破局する原因とは……。

話すことがなくなり

Communication is the most important thing in a relationship

「元カレとは、付き合ってすぐに同棲を始めました。ずっと一緒に居て楽しかったんですが、だんだん会話がなくなっていったんです。

沈黙が増えるようになり、何か話しかけようと思うんだけど、言葉が出てこなくなって……。関係がギクシャクして、別れることにしました」カレン(仮名)/27歳

一緒に居る時間が長いと、会話に新鮮さがなくなることもあります。すると、自然と言葉を交わす機会も減ってしまうのでしょう。沈黙が気にならないという状態とは、やや異なりますよね。

クセが鼻につくように

「元カノは家が近いので、よく遊びに来ていました。彼女には、溜め息をつくクセがありました。“はぁ~”と溜め息をつくので、俺が“どうしたの?”といつも尋ねるんですね。

それが、1日に何回もあって……。だんだん鼻につくようになり、無視していたら不機嫌になるので、一緒に居るのが耐えられなくなりました」シンヤ(仮名)/30歳

一緒に居ると、相手のクセに気付くようになります。最初のうちは、彼もそれを可愛いと思っていたはず。彼女としても、カマって欲しい合図だったのかもしれませんが、1日に何度もされると耐えられなくなってくるのでしょう。

好みの味が違った

Relationship problems

「彼女は薄味が好みで僕は濃い味派、味の好みには違いがありました。最初は、まったく気にしていなかったんですが……。

徐々に一緒に居ても別々のものを食べるようになり、そのうち一緒に食事をすることがなくなりました。気が付いたら、心の距離まで遠くなっていました」マナブ(仮名)/32歳

食事の時間というのはコミュニケーションの場なので、付き合っていくうえで大事なものです。それがなくなってしまうのは致命的。好みの味の差というのは、長く一緒に居るほど2人の関係に大きく響いてくるもののようです。

頼りすぎてしまう

「私は音楽をやっていて、2人組で男性と組んで歌っています。彼とは以前は付き合っていました。いつも一緒に居て、いい関係ではあったんです。

でも、あるとき、自分が彼に頼りすぎていることに気付きました。これでは成長しないと思い、別れを切り出しました。今は仕事のパートナーとして付き合っています」ユウナ(仮名)/29歳

付き合っていれば頼って当然とも思いますが、それが甘えだと考える人もいます。頼る場面が増えていくほどに、これでいいのかと自問自答してしまうのでしょう。そのうち、関係を解消したいと思うようになるのです。

“一緒に居すぎたカップルが破局した原因”を紹介しました。

好きな人とは長く一緒に居たいと思うものですが、居たら居たで、嫌な一面を見ることもあります。また、別の試練が訪れることだってあるでしょう。それらを乗り越えて、強固な関係を築いていけるといいですね。

©Adene Sanchez/gettyimages
©DragonImages/gettyimages