恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

ジメジメ、カビ回避!…梅雨前からほしい「高コスパ100均グッズ」4選

文・山本杏奈 — 2020.5.27
「100円だから」と侮るなかれ! 100円均一ショップには、”お値段以上”な高コスパアイテムもたくさんあります。梅雨時の前に、カビ防止対策をしておくために、暮らしをもっと便利にするアイテムをワンコインで買い揃えちゃいましょう!

5月10日に奄美大島、11日には沖縄県の梅雨入りが発表されました。他地域での梅雨入りも近いなか、気になるのが“湿気”によるカビ&ジメジメ問題。衛生的にもビジュアル的にも気になる梅雨どきのお悩みは、100均グッズで対策していきましょう。

ハンギングステンレスボトルホルダー(セリア)

20200525_053947320_iOS

吊るし収納は、ジャマにならず衛生的!

湿気の多いバスルームに直置きしてしまうと、知らない間にシャンプーボトルの底がヌメヌメに……。不衛生なボトル底の汚れを回避するためには、“吊るし収納”がおすすめです。

20200525_053901540_iOS

一般的なポンプボトル直径(約3.2cm)に対応しています。

セリアの「ハンギングステンレスボトルホルダー」は、ボトル口のネジ部に本体を引っかけることで、各種ボトルをバーに吊るすことのできる収納アイテム。底のヌメリを防ぐだけでなく、掃除のときの手間も最小限に抑えられます。スタイリッシュなバスルームにぴったりのシンプルデザインも魅力です。

珪藻土プレート 洗面台用(キャンドゥ)

20200518_074447670_iOS

シンプルなデザインが特徴。

水分を放出する特殊な成分を持ち、バスマットやキッチン用品の原材料として用いられている“珪藻土(けいそうど)”。ニトリやカインズでも商品展開されているので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

20200518_074800780_iOS

ディスペンサーや石鹸を置いてもOKです。

キャンドゥの「珪藻土プレート(洗面台用)」は、水滴がたまりやすい歯磨きコップや歯ブラシを置くのに適したアイテム。カビのもとになる水垢増加を防いでくれるので、いつでも清潔な洗面所を維持できます。サイズは約8×13×0.8cmなので、複数の洗面グッズを並べておくことも可能。水垢や雑菌発生を予防するために、ひとつ用意しておくと安心です。

ステンレスキッチンスポンジホルダー(セリア)

20200518_074106150_iOS

置き場に悩むスポンジも、浮かして収納しちゃいましょう!

キッチンスポンジをシンク内に直置きすると水分が乾かず、いつまでもジメジメ……。とはいえ、キッチン上に出しておくと見栄えも悪くなってしまいますよね。ビジュアルと衛生面を両方クリアさせるためには、セリアの「ステンレスキッチンスポンジホルダ」がおすすめです。

20200518_074338150_iOS

耐荷重量300gなので、水を含んだスポンジでも問題なし!

裏面の吸盤を貼りつけることで、簡単にスポンジホルダーを取り付け可能。ホルダー部分は細い線状となっているので、水切れも良く、スポンジ内の水分も自然と乾いていきます。大きなメリットは、デッドスペースをうまく活用できること。場所を取らないので、狭いキッチンでも大活躍です。

バスタオルハンガー(セリア)

20200525_062635570_iOS

一見ふつうのハンガーですが、実は……?

一般的なハンガーでバスタオルを干すと、布が寄ってしまい、しっかり乾いていないこともしばしば。タオルから生乾き特有の“いや~なニオイ”が放たれ、使うのを躊躇してしまうことも……。大きなバスタオルをパリッと乾かしたい場合は、セリアの「バスタオルハンガー」がおすすめです。

20200525_062751570_iOS

ワイドなハンガーに大変身!

そのままの状態だと一般的なハンガーと変わらないサイズですが、秘密は隠れたアームにあり! 左右にスライドさせるとアームが最大64cmまで伸びるので、タオルの寄りや重なりを防いで全体をまんべんなく乾かせます。使っていないときには最小サイズ(横幅40cm)に戻せるので、省スペースで収納可能です。毎日使うものだからこそ、梅雨どきも清潔な状態をキープしましょう。

ただでさえ、むしむし&ジメジメした状況で憂鬱な梅雨期。部屋の中にカビを発生させないためにも、高コスパ100均グッズでしっかり対策していきましょう。