あとでいっぱい…会えない時「彼の性欲」をおさえたLINE3つ

文・塚田牧夫 — 2020.6.1
恋人としばらく会えないようなとき、特に男性は欲求不満に陥りがち。でも、なかなかすぐには駆け付けられませんよね。では、そういうときにかける言葉で、効果的なものはあるのでしょうか。“会えないときに彼の性欲を抑えたLINE”というテーマで、男性たちに話を聞きました。

「溜めといてね」

shutterstock_539315842

「彼女と付き合ったばかりのころ、早速2週間ぐらい予定が合わず会えなかったんです。そのとき、“溜まっている”ということをLINEで伝えたんです。

すると、“ほかで発散しないでね”と心配され、“溜めといてね”と言われました。“今度いっぱい出して”と言われたら、もう我慢するしかないですよね」ノリトモ(仮名)/26歳

「溜めといてね」というのは、お楽しみは取っておいてね……と言っているようなものですから。待ちに待ったそのときが来たときの達成感はものすごいはず。その日を目標にすれば、我慢し続けられるのでしょう。

「全部分かってるから」

「彼女が家庭の事情で、しばらく実家に帰っているときがありました。丁度そのとき、友だちに合コンに誘われたんです。何かあるかも……と期待していました。

ところが、直前に彼女からLINEが来て、“今日はどこか行くの?”と聞かれたんです。“飲みに行くだけだよ”と答えたら、“全部分かってるから”とひと言。

ゾッとしました。もう大人しくしているしかなかったです」ジロウ(仮名)/29歳

女性特有の勘なのか、それともどこからか情報を仕入れたのか。女性のこういった言葉には、どこか説得力があります。ハッタリだったとしても、男性の性欲は引っ込んでしまうのかもしれません。

「一緒にガマンしよ」

shutterstock_136156976

「彼女と1か月くらい会っていない時期、LINEで“ムラムラしてる”みたいなことを伝えたんです。すると彼女も、“私も”と。

“どうにかなっちゃいそう”とまで言うんです。こっちより重症じゃないですか。心配しますよね。

そうしたら彼女が、“一緒にガマンしよ”って言ってきて。乗り越えるしかないと思いました」タイジ(仮名)/30歳

「一緒に」と言われると、裏切れないですよね。また、相手も同じ状況ということで、心強く感じるところも。どんなものでも共有できるというのは、絆を深めることにつながります。

“会えないとき彼の性欲を抑えたLINE”をご紹介しました。

会えないときは、気持ちを伝える手段も限られます。でも、会えないからこそ、言葉に重みを感じるところもある。弱音を吐く彼を支えてあげられるような言葉を、送ってあげられるといいですね。

©Jacob Lund / Shutterstock
©Balazs Biro / Shutterstock