恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

そんなに会いたいの…!? 不倫カップルの「禁断デート」3選

文・並木まき — 2020.5.17
非常事態のさなか、人目をしのんで周囲が驚くようなデートをしている不倫カップルも存在するようです。複雑怪奇な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな信じられないデートを3つご紹介します。

1:2メートル以内には近寄らずに…

「実はこの前の連休に、不倫相手の女性と会ってきました。本当は、コロナが落ち着くまで会いたくなかったんですけど、彼女が心細くなったようで、ケータイが鳴り止まなかったので仕方なく……。

でも、もしそれで感染すれば大問題なので、会うと言っても屋外。さらに2メートル以内には絶対に近づかないようにして、マスクも付ける約束で会いました。

彼女は『せっかく久しぶりに会えたのに、キスもハグもしないの!?』って怒っていましたけど、不用意に人に近づくわけにはいかない時期ですからね。15分くらい公園で横並びに座って話しただけで帰ってきましたよ」(38歳男性)

対面にはならずに社会的距離を保ち、マスクも着用。「新しい生活様式」を取り入れた不倫デートを始めているカップルも出てきているようですね。

2:除菌グッズを大量に持参し…

「連休の前半、久しぶりに不倫彼に会いました。ホテルのデイユースを利用してのデートだったんですけど、万が一があると怖いので、除菌グッズをたくさん持ち込み、彼と接触したら手洗いとアルコール消毒をするよう徹底して会いました。

イチャイチャもしましたけど、キスはせず、前戯もナシ。かなり短縮バージョンで終わらせましたよ。

しばらくは前みたいにデートできないと思うし、会うときには除菌も欠かせないと思うけれど、彼からの別れ話も出てこないので、しばらくはこんな感じで、たまに会う関係が続くのかも」(29歳女性)

手洗いやアルコールによる消毒は、感染症対策の基本。デート中でも、徹底したほうが安心なのは間違いありませんが、そんな危険を冒してまで、不倫彼に会う必要があるのでしょうか……。

3:車越しに会うだけ…

「もう1か月以上、不倫彼の顔を見ていなかったので『そろそろ会いたいね』って話になりました。だけど、こんなご時世なので、いつもみたいに自由に会うわけにはいきません。

そこで、お互い自分の車を横並びに駐車し、車から降りず、窓越しにおしゃべりだけして帰ってきました。

免許取りたてカップルの謎のデートみたいなノリになっちゃいましたけど、制約がある中でのデートも、なかなか盛り上がりましたよ。

キスもハグもしませんでしたけど、窓越しに手を握り合ったのが逆にロマンティックでした」(37歳女性)

感染症対策を念頭に置きつつ、それでも相手の顔を見るためにデートを決行する不倫カップルも。

自由が少ない環境でのデートは、その異常な環境のせいで、かえって気持ちが盛り上がってしまうパターンもあるかもしれません。

以前のようなデートができない環境でも、自分たちなりの対策でデートをする不倫カップルも珍しくないようです。

デートがままならなくなったこの機会に、不倫から足を洗うのがベストだと思うのですが……。

©Thomas Tolstrup/gettyimages
©Justin Paget/gettyimages