恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

マスクのコンビニ受け取り…台湾在住の日本人女性が語る新型コロナウイルス対策

文・小田原みみ — 2020.4.24
新型コロナウイルスの新規感染者ゼロの日を達成した台湾。人々はどのような生活をしていたのでしょうか? 2014年から台北で生活するKさんに聞いてみました。(2020年4月17日取材)

台湾の新型コロナウイルス対策

2020年4月14、16、17日に新型コロナウイルス新規感染者が0人(※)となった台湾。台北在住のKさんに台湾の新型コロナウイルス対策をインタビューしました。過去にSARSで辛い経験をしている台湾。今回はその教訓を活かし、かなり先回りの対応をしているそうですが…。

※2020年4月17日現在。

-台湾のマスク購入制度が画期的と聞いたのですが…

そうなんです! 台湾は、1月末に政府が国内で生産されるマスクを全て買い上げ、1人1日3枚限定(1枚6台湾元≪約21円≫)で販売する政策を打ち出しました。さらに2月6日から、保険証を提示してマスクを購入する実名制販売(※)がスタートし、同時にマスク在庫マップのアプリがリリースされました。

※販売開始時は1週間で1人3枚まで購入可。全購入履歴が保険証の電子メモリーに記録される。

薬局ごとにマスク販売時間が異なり、朝からやみくもに並ぶ必要もなく、決められた時間に並べば購入できます。また、3月中旬から、マスク実名制はネット予約が可能になり、保健所のアプリでマスクを予約し、コンビニ受け取りも可能になりました。次はいつ予約可能かなどの情報もわかりやすいんです。

-すごくいい制度ですね! 今はどのくらいマスクが買えるんですか?

ここ最近はマスクの生産が増加し、今では2週間に1度、大人9枚、子ども10枚まで購入できるようになりました。

-平等に安心してマスクを購入できていいですね! みなさん、マスクをしているんですか?

今、公共交通機関を利用する際のマスク着用は義務で、違反者は罰金です。

-マスクを安心して購入できるから義務化できるんですね。一連の政府からのお知らせはどのようになっていますか?

台湾では毎日政府がYouTubeでライブ会見をし、開始時にはLINEで通知が届くようになっています。指揮官の陳時中さんは、新型コロナウイルスが流行し始めてから毎日欠かさずずっと会見を続けている人で、台湾では安心の象徴みたいな存在になっています。防疫を勧める陳時中さんのLINEスタンプがリリースされたり、薬局に行けば陳時中さんの似顔絵が描かれていたり、今、台湾で陳時中さんを知らない人はいません。

-陳時中さん、大人気ですね! 感染者の情報公開はどのような感じだったんですか?

感染が確認されると感染経路を確認して、情報を全て公開しています。例えばこれは4/12にLINEに届いた報告です。

IMG_20200422_234537_486

この日は国内で1人、入国者2人の計3人がコロナウイルス陽性確定です。国内感染者については「国内感染者の案386は案195(アメリカからの入国者で先に陽性反応でていた人)の同居人で、濃厚接触者のため隔離生活をしていたが、コロナウイルス陽性確定」と詳しく記載してあります。入国者の感染は、「案388は案358の妻で、1/13にイギリスへ行き4/2に台湾帰国後、自宅での自粛期間内に味覚や嗅覚異常が出たため、4/3に病院へ行き、コロナウイルス陽性確定」というように経緯を詳しく紹介しています。

-台湾から見て日本はいかがですか?

日本に両親が住んでいるので、日本の情報もよく見ているのですが、休校が始まってから自宅でできる子ども向け無料サービスが続々を登場しているのはすごいと思いました。また、罰金制度を作らなくても、デマや変なことを発言する人が比較的少なく、星野源さんがインスタグラムで曲をあげてセッションして盛り上がっているのをみると、まさにワンチームで感動しました。

-お話、ありがとうございました!


©mihalec/Gettyimages