恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

惚れなおしちゃう♡…彼女がずっと「大事にしていた」モノ4つ

文・塚田牧夫 — 2020.4.24
男性は意外とロマンチストが多いものです。彼女が昔あげたプレゼントを大切に使っていると、口にはださなくても、とても感激します。立派なプレゼントではなく、他の人にとっては意味のないなかばゴミのようなモノでも、ふたりの思い出の品だったりすると、余計に感動したりします。今回はそんな、彼女が“ずっと大事にしていたモノ”についてご紹介します。どんなものが喜ばれるのでしょう。

映画の半券

shutterstock_524726086

「彼女の引っ越しを手伝ったとき、映画の半券が出てきたんです。それは、俺と彼女が初めてのデートで見た映画のチケットの半券でした。

まだこんなの取っているんだなって……。ほっこりした気持ちになりました」トモヤ(仮名)/30歳

初めてのデートの思い出を大事にしているなんて、愛が伝わってきますよね。日付などが記載されていると、いっそう感傷に浸りやすくなります。

自転車のカギ

「あるとき、出掛けようとしたら、自転車のカギがない……。焦りました。予備も残っていなかったので、どうしようかと……。

そこで、元カノにひとつ預けていたことを思い出したんです。しかし、別れて1年。ダメもとで連絡してみたら、“あるよ”と返事が。あれは感激しました」タモツ(仮名)/26歳

家のカギだったら、別れるときに回収されてしまっていたでしょう。自転車などは、そのまま忘れられてしまう場合も。でも、なくしやすいものなので、いざというとき助かる。もしかしたら復縁のキッカケにもなるかも?

第2ボタン

shutterstock_572240722

「彼女は高校の2つ下の後輩でした。卒業して5年ほど経って地元のみんなで集まったとき、彼女と再会して付き合うようになりました。

あるとき、彼女の家に行ったら、“覚えてる?”とボタンを差し出されました。なんとそれは、僕が卒業したとき、彼女にあげた第2ボタンでした。

僕自身忘れていたことだったので、ここまで大事に持っているとは思いもしませんでした」エイタ(仮名)/27歳

第2ボタンを渡した当初は、先輩後輩の気軽な関係だったはず。付き合うことになるとは考えなかったのでしょうね。

でも、それをずっと大事に持ち続けていたということは、彼女は最初から彼のことが好きだったのもしれませんね。

似顔絵

「ある日、LINEを眺めていたら、彼女のアイコンが変わっていたんです。写真から、女の子の絵になっていました。どこかで見覚えのあるタッチの絵でした。

彼女に聞いてみると、何年か前、俺が酔っぱらったときに描いた似顔絵だったみたいです。もちろん俺は覚えていません。

そんなものまでちゃんと持っていてくれて、ちょっと嬉しかったです」テツ(仮名)/32歳

彼にとってはほんの暇つぶしのお絵かきでも、彼女にとっては大切な思い出だったのかもしれません。

わざわざ自分のアイコンに使ったのは、そんな思い出を彼と共有したかったからかもしれません。

男が感激した、彼女が“ずっと大事にしていたモノ”をご紹介しました。

価値がないものでも、すぐにゴミ箱にポイするのではなく、しばらく寝かせてみるのもいいかもしれません。

数年後に、素敵な思い出の品に変わっているかもしれませんよ。

©stockfour / Shutterstock