恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

恋のチャンス期が到来! 2020年春の恋愛運は?【12星座別】

文・沙木貴咲 — 2020.5.2
世間はまだまだザワめいていて恋愛どころではないかもしれません。でも、恋したい気持ちは止まらないはず。運気が上がってチャンスをつかめるのはいつか、知っておいた方がいいですよ!今回は占い師の沙木貴咲さんに、12星座別「直近で訪れる恋のチャンス期」を紹介いただきます。

恋のチャンスは突然やってくる!

shutterstock_640315003

チャンスは旗を振って「やってきましたよ」と教えてはくれません。無言で去っていくこともあるんです。大切なのは、いつどうやってチャンスがやってくるのかを知っておくこと。自分の恋愛運がアップするタイミングを調べて、ぜひ覚えておいてくださいね!

おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

好きな人がいるなら、GW前に何かしらの結論が出ているのかもしれません。
コロナ騒動の影響であまり会えなかった場合、ふたりが交わしたLINEの内容や頻度で、彼が自分にとってどれほど価値のある存在かわかるはず。
あるいは、いつもより一緒に過ごす時間が多かった場合は、その中で気づいたことがあるでしょう。

フリーの人は、新しい恋を始めるなら、春はスルーして8月上旬まで待った方が良さそう。
合コンやカップリングパーティーはしばらく自粛ムードが続きますし、マッチングアプリで出会っても初デートのタイミングに困るはず。
今しばらくは焦っても仕方ありません。理想の恋を具体的にシミュレーションしておきましょう。

おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

4月後半から5月上旬にかけてはイメチェンをしたり、意識改革をしたりするのに良い時期です。コロナ騒動の影響もありますが、今までと同じやり方が通用しなくなるかもしれません。
メイクやファッションが何年も変わっていない人は特に、今の自分を魅力的に見せる方法がほかにあるはずです。

好きな人がいるなら、GWが終わるころに現時点での結論が出そうです。
今まで努力を続けてきた人はがんばりが報われるでしょうが、「会えないから」と遠慮しがちだった人は慌てるかもしれません。
フリーの人は、5月上旬までにマッチングアプリの写真とプロフィールを整理しましょう。

ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

夏までゆるやかにチャンス期が続きます。
好きな人がいる人もフリーの人も、6月の頭をめどに計画を立てると良さそうです。動くなら早い方が良く、きっかけ作りは5月中旬までを心がけて。

ただし、今しばらくは人が集まる場所に行くことは控えて、好きな人をデートに誘うのも慎重に。お互いの意識のすり合わせをしながら、うまくコミュニケーションを取りましょう。

フリーの場合、合コンや婚活パーティーに参加するのはまだ遠慮した方がいいかも。そうした場に集まる男性は危機管理が甘く彼氏候補にならないはず。マッチングアプリが安心できそうです。

かに座(6月22日~7月22日生まれ)

GW中に勝負できれば連休明けには結論が出るはず。
いつもとは雰囲気の違う連休を過ごすかもしれませんが、7日前後に大事なマイルストーンを置くことになりそうです。

コロナ騒動によって彼の本性を知る人もいれば、不安が募る中で彼と一緒に生きていく決意が固まる人もいるでしょう。今だけでなく、長い目で彼との関係を判断することが大事です。

また、5月に正しいジャッジが下せたなら、6月下旬に「次のステージ」へ進んでいけるはず。
フリーの人は恋活、婚活で重視する条件が変わるかもしれません。

しし座(7月23日~8月22日生まれ)

好きな人がいるなら、5月中旬まで情熱的に盛り上がるチャンス期になります。
フランクに肩の力を抜いて振る舞うほど関係は深まりやすいでしょう。まだ正式に付き合えていない場合は、改まった告白をするより勢いで突っ走るといいかも。
ただ、交際中のカップルは勢い余ってケンカになる場合があるので気をつけて。

6月の頭は雨降って地固まるタイミング。彼との関係に誰かが水を差したり、複数の彼氏候補の間で迷ったりするかもしれませんが短絡的に考えないことが大事。
自分軸がブレなければ、紆余曲折しても収まるべきところに収まるはずです。

おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

恋が盛り上がりを見せるのは5月半ばすぎ。
好きな人がいるなら、仕事とのバランスをうまく取ることでチャンスをつかみやすくなるでしょう。
この時期は出会いも期待できるので、フリーの人はアプリや友だちの紹介には積極的に。プロフ写真や第一印象でピンと来なくても、言葉を交わす中で「いいな」と思える男性がいるかもしれません。

7月まではあまり難しく考えないで、のびのびと恋を楽しんで。「こうしなくちゃいけない」と自分で自分を縛り付けないようにしましょう。

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

shutterstock_1125898532

5月半ばまでは、冷静と情熱が入り混じるドラマチックな時期になりそう。
たとえ自粛ムードが緩和しても、マナーや常識を重んじた上でアプローチすることが大事です。浮かれすぎないクールな言動がチャンスを呼び寄せるはず。

6月いっぱいは自分磨きをするのに良いタイミング。
ダイエットや体質改善、エステでの肌質向上などは数日でどうにかなるものではありません。じっくり腰を据えて取り組めば女っぷりがグンと上がるでしょう。

さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

イメチェンをするならGW中がベスト。それも少し変えるだけでなく、ガラッと印象が変えてみては? 周囲の男性のあなたを見る目が変化するはずです。
フリーの人はマッチングアプリに載せるプロフ写真を変えると良さそう。メイン写真が変わることで、今までスルーしていた人が『いいね』をくれるようになるかも。

また、自粛ムードの中で肌ケアや髪ケア、ダイエットをがんばっていた人は、GWを過ぎたころに満足できるコンディションを整えられるようです。
好きな人がいるなら、自信がついてかなり攻めたアプローチができるでしょう。

いて座(11月22日~12月21日生まれ)

パートナーシップ運、出会い運ともに好調の春です。
コロナ騒動で外出やデートがままならないのがもったいないかもしれません。好きな人と会えない時はLINEやテレビ電話を活用するといいですし、フリーの人はオンライン飲み会に参加してみるのもいいでしょう。
「外に出られないし、人に会えないからムリ」と諦めず、今の自分にできることを大切にしてください。

そうすれば、5月下旬には今よりのびのびと動ける状況が整うかもしれません。
家に引きこもりがちで体重が増えてしまった人は、6月の頭までにダイエットをがんばって。自分磨きがしっかりできると、春にまいた種は初夏に回収できるはずです。

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

4月後半は心機一転の時期。気持ちを変える人もいれば、恋の状況が大きく変わる人もいるはずです。
慌てず、落ち着いて気持ちを整えながら、「これから自分はどうしたらいいのか?」を考えましょう。

5月は自分自身をメンテナンスすることに専念したい時期です。
心と体をいたわることで魅力がグンとアップするはず。恋をつかみに行くのではなく、引き寄せる準備を整えてください。

アクションを起こすなら6月下旬に。
インパクトのあるコミュニケーションで好きな人の気を引けるでしょう。フリーの人は知的な出会いが恋につながりそうです。

みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

この春から夏にかけて、恋愛運は好調。
ただし、5月半ばから6月下旬までは、調子に乗りすぎると思わぬところで足をすくわれるかもしれません。トントン拍子にうまくいく時ほど油断しないで慎重に。

また、普段はノリで突き進むようなところを、あえてゆっくり進むとチャンスがつかめるはず。今しばらくは、スピードよりもマナーと常識を重んじた方がいいでしょう。危機管理に欠ける言動はフラれる原因になってしまいます。

うお座(2月19日~3月20日生まれ)

5月中旬から、やる気がグングン高まるチャンス期。
自粛ムードが緩和されるなら、積極的に動いて会話からチャンスをつかめるはず。好きな人がいる人もフリーの人も、真面目になりすぎないことがカギ。話す時は面白さやテンポの良さを意識してみましょう。

そうすれば、6月の下旬にさらに上のステージに進めそうです。慌てず、すぐに答えを出そうとしなければ淡々と恋が進展するはず。
友達以上恋人未満だったカップルは、曖昧な関係を抜け出せるかもしれません。

©baranq / Shutterstock
©Roman Samborskyi / Shutterstock