恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

早く帰りなよ…!? お家デートで耳を疑った「彼の脈ナシ言動」3選

文・塚田牧夫 — 2020.4.5
自分の家に男性を招いたり、相手の家に行ったりするのは、なかなかハードルの高い行為。それだけに、実現すればかなり距離が縮まりそうです。ただ、男性のなかには、あまり考えずにそういった行動を取る人もいます。今回は、“お家デートでまさかの脈なし言動”というテーマで、経験のある女性に話を聞きました。

「それ、元カノが置いていったやつ」

「私には気になっている男性がいて、私からよく声をかけていました。するとある日、彼から、“俺の家で鍋でもしよう”と誘われたんです。

当日、彼の家に行って調理をしようと棚をあさっていると、普段自炊をしない彼には不釣り合いな、高価な包丁が置いてありました。

ちょっと気になったので、彼に“いい包丁だね”と話を振ったところ、“それ、元カノが置いていったやつ”と言われてしまいました。

まだ元カノを引きずっているということが判明したので、結局私から身を引いたのですが、今でも、そのときの彼の寂しげな眼差しが忘れられません……」アカリ(仮名)/25歳

家に元カノの持ち物が置いてあるということは、まだその女性に未練があるということ。そんなものを見つけたら、脈ナシと考えて間違いないでしょうね。

「ここ住む?」

「以前、仲良くしている男性の家に初めて遊びに行ったときのことです。広くてなかなかいい部屋でした。

私としては、一緒に住めたらいいな……という期待を込めて、“広くていい家だね! 私もこんな所に住みたいな”と褒めたんです。すると、彼の口から“それじゃあ、ここに住む?”と驚きの発言が!

一瞬、興奮して彼に抱きつくところでしたが、その直後、彼に“俺、もうすぐ引っ越すんだ”と言われ、手を引っ込めました。

“ここの大家さん、俺の知り合いだから! もし住むなら言っておくよ”とのこと。確かにいい部屋だけど、そういう意味じゃないんだよな……」チサ(仮名)/28歳

一緒に住むという考えが、まるでない発言ですね。一瞬テンションが上がったところで、残念なことを言われると、余計ショックも大きくなります。

「早く帰りなよ」

「私には、何回か2人だけで遊んだことのある男友達がいたのですが、ある晩、一緒に食事をしていたときに、彼から“俺の家近いから寄ってく?”と提案されました。

いよいよその時が来たか……と思い、私は内心ドキドキしながら彼の家に行きました。

彼の部屋でソワソワしながら過ごしていると、彼がポツリと“もうすぐ終電だけど、早く帰りなよ”と言いました。

一瞬、彼の冗談かと思いましたが、どうやら彼は本気らしく、私に家から出て行ってほしいという顔をしていました。

冷たすぎる彼の態度に驚きつつ、私は何食わぬ様子を装い、“ああ、じゃあそろそろ”と慌てて帰りました。結局終電にも間に合わず、踏んだり蹴ったりの一日でした」フミカ(仮名)/29歳

親しい男性の家に招かれれば、ある程度期待しますよね。でも、本当に家に寄るだけのパターンもあったようです。ある意味、真面目な男性だとも言えますが……。

“お家デートでのまさかの脈なし言動”をご紹介しました。

お家デートですら、それほど大きな意味を持たない男性もいるようです。あまり期待し過ぎず、軽い気持ちで遊びに行く程度に考えておくといいかもしれません。

©Klaus Vedfelt/gettyimages
©JGI/Jamie Grill/gettyimages