恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

アソコまでチェックされて… 女性が困惑した「束縛強め男子」エピソード6つ

文・東城ゆず — 2020.3.8
パートナーから惜しみない愛情をそそがれると、この上ない幸せを感じますよね。「私のこと好きなのかな」と不安に思う日々より、愛されていると実感できる日々がいいと誰しも思うはずです。しかし、中には「彼氏に愛されすぎてしんどい」と感じる女性もいるようです。今回は、そんな女性たちのエピソードを見てみましょう。

嫉妬深すぎて一緒に出歩けない

「いつもお家デートがメインなので、彼氏に“たまには外でデートしようよ”と言ったんです。でも、彼氏は“××ちゃんを独り占めしたいから”と断ってきました。

“男がみんな××ちゃんをみている気がする”という理由なんだとか。呆れましたね」(Wさん・35歳女性)

嫉妬は、いわば愛のバロメーターなのかもしれません。しかし、度を超えてくると行動が制限されるので、これは困りものですね。

ふたり専用のアプリが多すぎる

「彼氏は何かとふたりの秘密を作りたいようで、カップル専用の通話アプリやカレンダーアプリなど、カップル専用のアプリばかり使おうとします。

どのアプリをどう活用していいか分からず放置した結果、“××の~~みた?”などと、私の知らない話題を彼ひとりで進めてしまう事態に。ちょっと熱心すぎませんかね……」(Kさん・32歳女性)

彼氏と「思い出を共有したい」と考える女性は多いでしょうが、あまりに彼氏が熱心だとついていくのも大変です。

長文の手紙をくれる

「男性にしては珍しいタイプなのかもしれませんが、彼氏は記念日になると私に手紙をくれます。

1か月単位で送ってくれるのですが、それがA4の紙にびっしり3枚ほどのボリューム。読むのも大変なので、勘弁してほしいです」(Hさん・23歳女性)

手紙に何が書いてあるのか気になるところですが、もらったからには読まないといけないのもキツいもの。年1回程度でもいいかもしれませんね……。

スケジュールを全て共有

「私の彼氏はかなりの過保護。“××ちゃんが事件に巻き込まれたらすぐ助けに行きたいから”という理由で、私がどこにいるのか、分単位のスケジュールを伝えなくてはいけません。

束縛されているみたいで、正直嫌なのですが、彼自身は本当に心配してくれているので、なかなか言えずにいます」(Iさん・27歳女性)

スケジュールを共有するのは、カップルならよくあること。しかし、それが分単位となると、もはやそれは束縛です。彼の好意を否定するようで心苦しいでしょうが、きっぱりと伝えるべきです。

しつこいスキンシップ

「デート中、目が合うたびにキスをされます。話していても“可愛い”とキスの嵐です。キスのたびに行動を止められるので、ちょっと迷惑なんです。

私がそっぽを向いても、スキンシップを全然止めてくれないので、いい加減にして欲しい……と言いたくなります」(Nさん・34歳女性)

傍から見ると単なるイチャイチャカップルに見えますが、実は問題だらけだったとは……。まずはふたりで腹を割って話す必要がありそうですね。

SNSをくまなくチェック

「私のSNSを彼に教えたところ、その日からくまなくチェックされているので、正直しんどいです。少しでも内容と一致しないと、“どういうこと?”と詰め寄ってくるんです。

SNSのコメント欄もしっかり偵察しているようで、“その人、この前の投稿にもコメントしてたよね”と把握していたので、ちょっと引いちゃいました」(Mさん・29歳女性)

インターネットに公表している時点で、誰にみられてもおかしくないのがSNSなのでしょうが、あまりに粘着されているのも怖いですよね。

以上、男性が一途すぎて困ったエピソードをご紹介しました。たとえ愛し合っているふたりの関係でも、ほどほどの距離感で留めておくのがいいのかもしれません。

© Kamil Macniak/shutterstock
© Dmytro Zinkevych/shutterstock
© Prostock-studio/shutterstock