恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

キレイだな…男がキュンとした「女性の言葉遣い」

文・牧ぐりこ — 2020.2.1
男女を問わず、きれいな言葉遣いの人には良い印象を持つものです。今回は、ライター・牧ぐりこが男性のみなさんに「キュンとした女性の言葉遣い」について聞いてきました!

ずっと気になってたの!

「『週末、前に話した居酒屋に行くのでいい?』と聞いたとき『うん』とか『いいね』ではなく『ずっと気になってたの! 楽しみ』と返事してくれたコがいたんです。うきうきした気持ちが伝わってくるようで、僕もデートが楽しみになりました」(27歳・インフラ)

うきうきした様子が伝わってくるような言葉選び、気持ちがいいですね。単純にデート先を肯定するだけではなく、いろいろな選択肢の中から選んでくれたことや、昔話したことを覚えていて選んでくれたことにも感謝できると、さらに好感度がアップするようです。……それって女性だけが努力することではなく、男性にも意識してもらいたいことですけどね!

恐れ入ります

「僕の彼女は言葉遣いがキレイで、友達や職場だけではなく、レストランの定員さんにも上品な話し方をします。
お箸を落としてしまい、新しいものを届けてもらったときに『恐れ入ります』と言っていたのは特に印象的でした。言葉遣いから、内面からにじみ出る美しさを感じますね」(31歳・商社)

すみません、ありがとうございます、といった言葉はすんなり出てきますが「恐れ入ります」と言えるとより丁寧な印象になりますね。TPOに合わせて、使ってみるのも良いかもしれません。

ごちそうしてくれたんだ

「『この間、上司が打ち上げでお寿司をごちそうしてくれたの』と彼女が話してくれました。
『奢ってくれた』ではなく『ごちそうしてくれた』という表現を選ぶところが、なんだかいいなぁと思いました」(32歳・通信)

「ごちそうする」は「奢る」の丁寧語ですね。奢るという言葉には「贅沢になる」という、あまり良いとは言えない意味もありますが「ごちそうする」は料理を振る舞うという意味。丁寧さがでる「ごちそうする、ごちそうしてもらう、ごちそうに預かる」といった言い方を、知っておいて損はないでしょう。

以上「キュンとした女性の言葉遣い」でした! キレイな言葉を選んで使うと、男女を問わず気持ちの良いコミュニケーションをとれるもの。普段から使っている方も多いかもしれませんが、この機会にボキャブラリーを増やしてみてはいかがでしょうか。


生理中こそ温活!…キモは生理用ショーツとオーガニックナプキン


©filadendron/Gettyimages
©Portra/Gettyimages
©courtneyk/Gettyimages