まさかの土下座!? 男が「交際を決意した」熱烈アピール4選

文・塚田牧夫 — 2020.1.2
恋愛において、「押しの一手」という手段があります。女性が行うとどうなるのでしょうか。大きな成果が得られる場合もあるかもしれません。今回は、“交際を決意した女子の熱烈アピール”と題して、男性たちに話を聞きました。

バイクの免許を取得

shutterstock_649524739

「彼女と付き合う前、僕はバイクにハマっていました。休みはひとりでツーリングに行くほどのハマりようだったので、彼女からデートに誘われても、それを理由に断っていました。

あるときバイクに乗っていたら、後ろからついてくるバイクの存在に気付きました。途中でコンビニに寄ると、そのバイクも止まり、持ち主が声をかけてきたんです。

それが彼女でした。わざわざ合宿で免許を取り、バイクも購入していたよう。それからは、よく2人でツーリングに行くようになり、しばらくして付き合いました」アキラ(仮名)/28歳

趣味が共有できるというのは、大きなメリット。さらに、自分と付き合うために時間やお金をかけてくれたのも、嬉しかったようです。

毎日のお弁当

shutterstock_550058893

「会社の隣の建物に勤める女性と知り合い、親しくなりました。その子は、料理が好きで、お弁当を作ってくれることになったんです。

1回だけだと思ったら、毎日。昼はその子と食事をするようになりました。3ヶ月ぐらい続けてくれて、これはもう付き合うしかないと思い、告白しました」リク(仮名)/30歳

じわじわと胃袋を掴まれていったのでしょう。また、朝早く起きて、お弁当を作ってくれているという背景も垣間見え、男性は胸を打たれて、告白に至ったのかもしれません。

まさかの土下座

shutterstock_699125947

「昔付き合った彼女は、出会って早めの段階からかなりアピールをしてきました。僕としては、嫌じゃないけど好きでもない……という感じ。

あるとき、2人で飲みに行き、その帰りでした。“お願いだから付き合って”と、土下座してきたんです。とりあえず、やめさせるためにはOKするしかなかったのですが、付き合って3か月ほどで別れました」ダイキ(仮名)/33歳

好きだけど、付き合うのはどうか……という状況になることはよくあります。そこで、こういった形で強いアピールを仕掛けて、押し切るという方法は、なしではないのかもしれませんが、上手く行くことは珍しいかもしれませんね。

クリニックを紹介

shutterstock_577598398

「僕は髪が薄くて、仲間内でよくイジられていました。笑ってはいますが、ちょっとヘコんでもいました。あるとき、その状況を見ていた女の子が、“クリニックを紹介する”と言ってくれたんです。

仕事の取引先らしく、先生もよく知っているからということでした。
心配してくれるのが嬉しかったですね。実際に通院して、薬を飲んで、かなり髪も回復。その子とも付き合うことになりました」(仮名)/32歳

コンプレックスをさらけ出せる相手というのは、とても貴重です。親身になってくれる相手に対して、かけがえのない存在だという感情が芽生えたのでしょう。

“男が交際を決意した女子からの熱烈アピール”をご紹介しました。

まったく脈がない相手にアプローチしてもあまり響きませんが、僅かでも脈がある相手であれば、大きな効果が得られます。ここぞというときを見逃さず、タイミングを見計らって、熱烈にアピールをしかけるのも一つの手かもしれません。

無題

どんな指輪がほしい? 女性200人に聞いた「彼から贈られたい婚約指輪」

©George Rudy/shutterstock
©Bobex-73/shutterstock
©Nomad_Soul/shutterstock
©baranq/shutterstock

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。