恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

みずがめ座は勝負下着を…!? 12星座別「2019年のうちにやるべきこと」リスト

文・沙木貴咲 — 2019.12.7
2019年もあと少し。「早く終わってほしい」と思う人もいるでしょうが、新しい年が来る前にやっておくべきことがあります。クリスマスと忘年会で流されるように大晦日を迎えると、いい新年を迎えられないかもしれません。そこで今回は、占い師・沙木貴咲さんに、12星座別の「年内ToDoリスト」をご紹介いただきました。要チェックです!

おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

1.仕事の目標を立てる
2.自分らしい働き方を考える
3.身に付けたいスキルをチェック

2020年を迎えるまでに、おひつじ座さんは仕事の整理をしておくとよいでしょう。キャリアアップを望むなら、来年は願いが叶いやすいはず。

飲み会が多くなる年末は、つい浮かれがちになりますが、一人で考える時間を定期的に取って。これからどんな風に生きていきたいか、方向性をハッキリさせておくとよさそうです。

おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

1.旅行の計画を立てる
2.自信がつくファッションを模索する
3.長く続けていけるライフワークを見つける

2020年は旅行で開運できそう。価値観がガラッと変わったり、人生の方向性を決める発見があったりするかもしれません。GWあたりの予定は年内に計画しておくといいでしょう。

この年末は、外見からも内面からも自信を高めて堂々と振る舞いたい時期。自分の魅力を上手にアピールできるファッションを探してみましょう。

ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

1.自分磨きをがんばる
2.好きな人とまっすぐ向き合う
3.理想の恋人関係を考える

ふたご座さんにとって、2020年は愛の年です。大恋愛をする人もいれば、交際中の恋人とより深い関係を求める人もいるでしょう。

だからこそ、年内は外見・内面ともに自分磨きをがんばって。出会いを求めるフリーの人は特に、いつでも恋人探しを始められるようにしておくとよさそうです。

かに座(6月22日~7月22日生まれ)

1.腐れ縁を断ち切る
2.忘年会にはできるだけ顔を出す
3.SNSで積極的に投稿する

年末から来年にかけては、人間関係に動きがありそうです。人脈が広がったり、人を紹介してもらったりと、興味深い出会いが期待できるはず。だからこそ、自分にとってプラスにならない腐れ縁は年内に整理しておくといいでしょう。

SNSのフォロワーとのつながりは、リアルな友情や仕事に発展する可能性が。投稿するなら後ろ向きな愚痴より前向きな一言がよさそうです。

しし座(7月23日~8月22日生まれ)

1.何でも話せるお茶友を作る
2.新しいコスメを買う
3.やめたいことリストを作る

同性でも異性でも、遠慮なく話せる人を見つけておきましょう。それも、お酒を飲みながら愚痴を言い合うのではなく、カフェでお茶を飲みながら前向きに語り合える友人。そんな人が年内に見つかれば、来年は何をしていても心強いはず。

また、美容や健康に注目して、夜更かしや深酒などの悪習慣は年内にやめましょう。2020年にかけては、体と心の美しさを求めるとよさそうです。

おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

1.デート用のリップorグロスを買う
2.好きな人とどんな関係になりたいのか考える
3. マッチングアプリをダウンロードする

2020年は恋愛に強い追い風が吹く年です。フリーの人はとりあえず、マッチングアプリをダウンロードしてみましょう。大手が運営する真剣度が高いアプリを選ぶことが大切です。

また、真面目で謙虚なおとめ座さんは、オシャレをしても控えめになりがち。「派手かな?」と思うくらいのリップやグロスがちょうどよく魅力を引き出してくれます。

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

1.お気に入りのお店を見つける
2.家族と話す
3.大掃除と部屋の模様替え

師走の定番といえば大掃除ですが、てんびん座さんは自分が心地良く過ごせることを重視して。職場や人間関係でいやなことがあっても、家に帰れば気持ちが落ち着く……そんな部屋作りを目指しましょう。

また、自分の部屋以外にも、心が安らぐ行きつけのお店を見つけるとよさそう。

一人暮らしをする人は、年末に実家に帰省したり、家族とじっくり話したりするといいかもしれません。心の軸が今まで以上にしっかりするはずです。

さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

1.周りの人とよく話す
2.新しい習い事や趣味を見つける
3.焦りとイライラを手放す

年内は何かと気持ちが乱れやすく、好きな人と衝突したり、がんばるほど空回りしたりするかもしれません。マメに気分転換をして、焦りとイライラを上手に手放しましょう。

2020年は身近な人との関わり合いから多くを学び、新しい知識を身に付けることが開運アクションになります。年内から周囲とはよく話をするようにして、今の年齢だからこそ必要な学びに取り組むとよさそうです。

いて座(11月22日~12月21日生まれ)

1.新しい財布を買う
2.一人でショッピングをする
3.子どもの頃に得意だったことをしてみる

この年末から2020年にかけては、お金がテーマになるでしょう。収入を増やしたり、資産運用を検討したりするといいかもしれません。また、新しい財布を買うことでお金に対する意識を高められるはず。色は黒で、メンズライクなデザインがよさそうです。

また、2019年が慌ただしく周囲に翻弄されがちだった場合、この年末はひとりで行動するといいでしょう。子どもの頃から得意だったことをするのも、自分らしさを取り戻すきっかけになるはずです。

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

1.2020年ダイアリーを買う
2.お気に入りのお茶やスイーツを見つける
3.友人との揉め事を解決させる

この年末から2020年にかけて、やぎ座さんはいろんな意味でターニングポイントを迎えるはず。決断を迫られたり、急に忙しくなったりするかもしれないので、たくさん書き込めるダイアリーがあると重宝しそうです。

また、「コレがあれば心が落ち着く」というお茶やスイーツがあれば、何があっても気持ちをうまく整えられるはず。

友人や同僚とギクシャクしている人は、揉め事を来年に持ち越さないように。冷静に話し合うか、縁を切ってもいい相手ならムリに仲直りする必要はないでしょう。

みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

1.ノートとペンを買う
2.遠くまで景色を見渡せる場所に行く
3.勝負下着を用意する

この年末から2020年は、自分の心を深く覗き込むことが多くなりそう。心がモヤモヤしたら、スルーしないでノートに書き出すと解消しやすくなります。

また、いつもより視野が狭くなりがちなので、見晴らしのいい場所・お店で景色を眺めるといいかも。今抱えている悩みが「大したことない」と思えてくるはずです。

勝負下着は来年の春から夏に使う可能性が。魅力的なものを選んでみましょう。

うお座(2月19日~3月20日生まれ)

1.曖昧な関係、セフレとの関係を断つ
2.行きつけのお店を開拓する
3.苦手なタイプとはムリに付き合わない

愛が絡む不毛な関係は、2020年に持ち越さないようにしましょう。1年以上続く片思いや不倫もピリオドを打つべき。苦しくても潔い決断が幸せを引き寄せます。

人間関係は、自分が気持ち良く過ごせることを大切に。いろいろな事情はあっても、一緒にいて疲れる人とはもう仲良くする必要はないでしょう。リラックスして素の自分を出せる友人、恋人を大事にしてください。

占い-記事をもっと読む-_バナー

女性200人に聞いた「彼から贈られたい婚約指輪」-PR

©Emma Innocenti/gettyimages
©gilaxia/gettyimages
©AleksandarNakic/gettyimages