恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

将来のために…ダメ男を「理想の彼氏にする」行動4つ

文・塚田牧夫 — 2019.11.3
彼と一緒に過ごしていたら、金銭面で気になるところも出てくるでしょう。浪費癖があったりすると、将来が不安になりますよね。そこで今回は、“彼の金銭感覚を育てる彼女の行動”というテーマで、女性たちに話を聞きました。

財布をあえて忘れる

shutterstock_1395298649

「彼は私より7歳下です。なので、外で食事をするときは、私が大抵ご馳走していました。でもあるとき、私が財布を忘れてしまったんです。

彼にお会計を頼むと、なんと2千円しか持ってない。支払いは私がするつもりだったけれど、それを当たり前だと思って欲しくないじゃないですか? なので、たまにこういう機会も必要だと思いました」エミ(仮名)/31歳

彼は、彼女が支払いをすることに慣れてしまっていたのでしょう。それが当たり前になると、金銭感覚も歪んでしまいかねない。あえて、財布を忘れるなどの行動も必要なのかもしれません。

買いものに行かせる

shutterstock_1274424598

「私は彼のためによく料理をします。そのあいだ、彼はただ待ってるだけ。料理をしないので、食材に関する知識がなく、値段なんかもまったく知らないのです。

だから、“最近野菜が高い”と言っても通じません。なので、たまに彼を買いものに行かせるようにしています。まあ、社会勉強ですね」キミカ(仮名)/30歳

料理をしないと、食材の相場など知らないことが多い。それは社会人としてもマイナス。買いものを通じて、そういった知識を身に付けられるし、彼女への感謝の思いも芽生えていくでしょう。

通帳の管理

shutterstock_1070063255

「彼はすぐにネットで買いものをします。あまりに量が多く、浪費癖が酷いので、私が通帳を管理することにしました。

カードも私が預かっています。厳しいやり方かもしれないけれど、最初はそのぐらいしないと直らないと思って……」カナ(仮名)/30歳

このぐらいの荒療治が必要な場合もあります。結婚しているわけではないので、なかなか踏み込めない領域かもしれませんが、彼も納得しているなら問題はないでしょう。

農業体験ツアーへ

shutterstock_1432936502

「彼はまったく料理をしない人で、とにかく食費にかけるお金の額が多い。いつも外食だし、飲みに行くし。その感覚をどうにかしないと……と思ったんですよね。そこで、一緒に農業体験ツアーに参加しました。

田植えをするなど、重労働も経験。終わったあとは、美味しいごはんを食べさせてもらいました。彼が晴れやかな顔をしていたので、良かったんじゃないかと思います」ミチ(仮名)/27歳

食べもののありがたみを感じることで、金銭感覚が養われることもあるでしょう。こういった体験ツアーをデートプランに盛り込んでみるのも、意外と楽しいかもしれませんね。

“彼の金銭感覚を育てる彼女の行動”をご紹介しました。

彼と将来を真剣に考えるのなら、金銭感覚というのは大きなポイントとなります。ズレていると感じるようなら、早いうちに修正しておきたいところですよね。

ヘルシービューティのヒミツが知りたい! 池田エライザさんのカラダにいいことと 「とろけると」のあるご褒美時間。-PR

©fizkes/shutterstock
©Gorodenkoff/shutterstock
©eggeegg/shutterstock
©Budimir Jevtic/shutterstock
©New Africa/shutterstock