恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

子どもを放置して彼のもとに… ママ友の「信じられない行動」6選

文・東城ゆず — 2019.10.31
子どもが生まれたとき「人の親になったのだから」と、身の引き締まる思いがした人は少なくないでしょう。しかし、人間性を疑うような信じられない行動に出る人は、意外と多く存在します。今回は、ママ友の信じられない驚愕の行動について話を聞いてきましたので、ご紹介しましょう。

園の先生を呼び捨て

「子どもたちが遊んでいる時に、ママ同士で立ち話になった時のことです。“この間、ひろしが、卒園式の手伝いをしてくれって言ってきてさ”とママ友が話し始めたのです。“ひろしって?”と、聞き返したのですが、保育園の先生の下の名前とのこと。さすがに、大人のマナーとして、お世話になっているのに失礼だと思いました」(Sさん・34歳女性)

子どもがお世話になっている保育園や幼稚園の先生を呼び捨てするのは、いい印象を抱きませんよね。本人からすれば、笑いと取っているくらいの気持ちかもしれませんが、大人の品格が何も感じられません。

父母会を急にドタキャン

「私の友達が幹事を務める父母会を、急にドタキャンした人がいます。理由は、“明日は、仕事が早いから”ということ。そんなの父母会の予定がわかった時点で遠慮しとけばいいのにと思います。お店を予約した後だったので、友だちが気の毒です」(Aさん・38歳女性)

自分の予定を把握していないママ友にありがちな行動です。約束を取り決めてしまった後の変更は、周囲にも迷惑をかけるということを理解していないようです。

父母会などの幹事を引き受ける際は、キャンセルの扱いについても明記しておくべきでしょう。幹事は大変なので、任され損はしたくないですよね。

他人の家なのに遠慮がない

「他人の家で遠慮がないママ友がいます。私の家で開催した飲み会が深夜まで続いたとき、そのママ友はまず“ビールなくなっちゃった!”と言いました。そのまま帰るかと思ったら、“ビールしか飲めないし、買ってきてほしい”と私に命令してきたのです。内心、“自分で買ってこい”と思いました」(Kさん・39歳女性)

深夜まで及ぶ飲み会。スペースを借りているだけで、感謝されてもいいはず。それなのに、自分のお酒までお遣いに行かせるなんて……。怒る気持ちも理解できます。

回覧板を飛ばす

「同じ自治会で近所に住んでいるママがいます。子ども同士も仲が良くて、私もよく立ち話をする仲でしたが、最近はあまり話をしていませんでした。

ある日、回覧板が急に回ってこなくなったんです。私に回覧板を回す人は、そのママでした。彼女に事情を聞くと“うちにも回ってきてない”というのですが、自治会長に電話したところ、回覧板は1週間に一回は回しているとのこと。

もしかしたら彼女が……と考えると、今後のお付き合いが不安になってしまいます」(Iさん・41歳女性)

自分の好き嫌いだけで必要事項を伝えないのは、周囲も迷惑しますよね。分かりやすい嫌がらせをする人には、面と向かって「どうして回覧板、回してくれないの?」と伝えるべきかも。

でも、そういう人に限って、言い逃れがうまかったりするんですよね……。

子どもを夜中に放置

「私の友だちのシングルマザーは、婚活に焦りを感じているようでした。

あるとき、彼女と話す機会があったんです。どうやらいい男性を見つけたらしく、話を聞いていると“夜に彼に会いに行くの”というんです。

そこで子どものことを尋ねると“寝かしつけた後だし、家に置いておくよ”って……。“災害や事件に巻き込まれたら、どうするの?”って怒りました」(Wさん・29歳女性)

子どもを夜中に放置して、彼氏のところに行ってしまうのは、無責任すぎるのでは。

挨拶をシカト

「授業参観の日、いつも通り仲良しのママの元に駆け寄ったんです。“おはよう”と伝えた瞬間、彼女は明らかにそっぽを向きました。そして、私のことを無視して、遠くで呼んでいる他のママのところへ。

そんな分かりやすい避け方をされると、さすがに傷つきます」(Hさん・43歳女性)

大人にもなって、こんな子どもじみた行動をするとは……。人としての品性を疑いますよね。たとえ嫌いな人だとしても挨拶の返事くらいはすべきです。縁を切って当然の人と言えるでしょう。

以上、“ママ友の信じられない行動6選”をご紹介しました。

ママ友以前に、人として疑ってしまう行動もあります。「人のふり見て我がふり直せ」ということわざがあるように、自分が不快に感じた行動は、決してやってはいけません。イラっとしたママ友の行動を見て、自分を振り返ると、円満なママ友関係を築くことができるはずです。

ヘルシービューティのヒミツが知りたい! 池田エライザさんのカラダにいいことと 「とろけると」のあるご褒美時間。-PR

©isabella antonelli/gettyimages
©Sergey Novikov/gettyimages