恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

許せる?…「浮気を後悔している男」が送る罪滅ぼしLINE3つ

文・塚田牧夫 — 2019.9.10
浮気をした男性が、パートナーの信頼を裏切ってしまったという後悔の念にさいなまれることもあります。たとえバレなくても、罪滅ぼしをしたいと考える場合も。今回はそんな、“浮気を後悔しているときのLINE”と題して、男性たちに話を聞きました。

1:「酒をやめることにした」

「お酒は好きでよく飲むんですが、年々弱くなっている実感はありました。そろそろ量を減らそうと……とは思っていたんですけどね。

あるとき、友だち何人かで集まって飲みに行きました。そこで、調子に乗って飲みすぎてしまい……。こともあろうか、女友だちを家に連れて帰り、一線を超えてしまいました。

本当に後悔しました。そこで、お酒をきっぱりやめることを決意。とはいえ、彼女に全て打ち明けるわけにもいかないので、“お酒、やめることにした”とだけLINEで宣言しました」カズ(仮名)/36歳

浮気の原因でもある、大好きなお酒をやめることで、罪滅ぼしをしようと考えたのでしょう。自分のなかで決めるだけでなく、彼女にも宣言することで、実行せざるを得ない状況に自分を追い込んでいるわけですね。

2:「犬を飼おうか」

「同棲を始めて、彼女が犬を飼いたいと言い出しました。でも、散歩などの世話が面倒だと思い、保留にしていたんですね。

あるとき、僕が職場の後輩の女の子と浮気をしてしまって……。バレたわけではないんだけど、すごく後悔しました。しかも、よりによってそんなときに、彼女がお弁当を作ってくれるようになったんです。

彼女のお弁当を食べているうちに、申し訳ない気持ちでいっぱいになり、お礼のLINEで、“犬を飼おうか”と送りました」サトル(仮名)/31歳

彼女の願望をかなえることで、罪滅ぼしと考えたのですね。そのために買ったペットを見る度に、自分の犯した過ちを思い出し向き合うことになります。良い戒めとなるでしょう。

3:「検査を受けてきました」

「仕事で地方に行ったときです。付き合いもあり、風俗店に行ってしまいました。それが彼女にバレてしまい、“不潔だ”と罵られ、口も利いてもらえず、連絡も返ってこなくなりました。

状況を少しでも改善するため、何ができるかを考えました。そこで、とりあえず検査を受けて、病気ではないことを証明しようと思ったんです。

すぐに泌尿器科へ行き、“検査を受けてきました”とLINEで報告しました」タイセイ(仮名)/27歳

風俗店通いも、浮気と見なされて仕方ありません。むしろ、病気になるリスクもあり、彼女にそれを感染させてしまう可能性も。健康体であることを証明するのは、最低限の誠意の見せ方ではありますね。

“男が浮気を後悔しているときのLINE”をご紹介しました。

愛するパートナーを裏切ったと思えば、後悔の念が湧き上がります。すると、誠意を見せようとして、こういった行動に出ます。優しくなった……と感じるようなとき、もしかしたら彼は罪の意識を抱えているのかもしれません。

男女のLINE-をもっと覗き見-_バナー

ストレスでブスになる…? 胃腸美人診断にトライしてみた! – PR

©Lilly Bloom/gettyimages
©martin-dm/gettyimages