恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

いて座はすぐホテルに…12星座別「恋に落ちやすい男」ランキング

文・沙木貴咲 —

恋のはじまりは人それぞれ。一目惚れしてしまう人もいれば、じっくり見極めないと恋心を抱けない人もいるでしょう。今回は、惚れっぽく恋の着火スピードが速い男性をご紹介!まずは2位から見ていきます。

「恋に落ちやすい男」ランキング

2位:ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

ふたご座は社交的で、初対面の相手ともすぐに仲良くなれるタイプ。飲みに行ったお店でたまたま席が隣だったから……という流れで交際スタートすることもあるかも。

女性とのお付き合いは良くも悪くも浅い傾向があり、セフレ関係にも抵抗がない可能性が。トントン拍子に仲良くなっても、ふたご座男性がどこまで本気なのかはチェックしたほうが良さそうです。

また、本命視する女性に対しても、ふたご座男性はいたってクール。意地悪な冗談を言いながらも、心の中で本気の情熱を湧き上がらせることもあるでしょう。

3位:いて座(11月22日~12月21日生まれ)

いて座男性は、ビビッと来たらすぐ行動するタイプ。待ちに徹するような、まどろっこしいことはしません。興味を持てば「一対一で話してみたい」と思いますし、意気投合できるならそのままホテルへ行ってもいいと考えるはず。

ただ、恋の着火スピードが早いぶん、気持ちが冷めるのも早いかも。気になる女性とある程度仲良くなると、すぐに冷たくなるかもしれません。

本人としては恋心が少し落ち着いただけだと思っても、女性からすると「遊ばれた?」と疑ってしまうことも。

4位:うお座(2月19日~3月20日生まれ)

うお座男性は、ロマンチックなシチュエーションに弱いタイプ。強引にアプローチされると、ほかに好きな人がいてもなびいてしまう恐れがあります。

また、体の相性が良いと一気にのめり込んだり、付き合って早々に同棲を決めたりと、好きになれば彼女との密着度は高くなるでしょう。

イチャイチャするのが大好きなので、2度目のデートでどちらかの家に行くこともあるようです。

5位:しし座(7月23日~8月22日生まれ)

しし座の男性は、ハッタリを効かせていきなり大胆に告白したり、突然抱き寄せたりするかもしれません。ほかの男性なら躊躇するような行動も、ためらいなく行うことでしょう。

ただ、そうした行動を取るわりには、まだそれほど女性のことが好きではないというケースも。彼は単にドラマチックな雰囲気が好きなだけなので、恋心は後からついてくるパターンが多そうです。

6位:さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

一見まじめで爽やかに見えるさそり座の男性は、とても女好きには見えないはず。しかし、実はムッツリスケベタイプが多いと言われています。女性に興味がなさそうな顔をしながら、周囲の女性をとてもよく観察していることでしょう。

また、心に響くものを持つ女性に対しては、一気にのめり込みやすく、いったん好きになれば一途に追いかけ続けます。向こうがその気じゃなくも執念で振り向かせ、交際をスタートさせる場合がありそうです。

7位:てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

「てんびん座は恋愛上手」と言われますが、それは無意識のうちに計算された行動をとっているから。また、自分と相性がいい女性を選ぶ目も優れているでしょう。

そのため、よっぽどのことがない限り、一目惚れはなさそう。第一印象で「いいな」と感じても、本気で好きになるまでは多少時間がかかるようです。

8位:おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

おとめ座の男性は観察眼が鋭く、分析力もすぐれているタイプ。相手の見た目が好みだからといって、すぐにデートに誘うようなことはしないでしょう。

相手の性格や好みが自分と合うかどうか、じっくり検討してからアプローチを始めるはず。理論的に恋愛を進めるため、ちょっと頭でっかちな部分もあるかもしれません。

恋の着火スピードは遅く、少しずつ距離を縮めていく中で、本気で好きになれるのかどうか判断するようです。

9位:みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

みずがめ座の男性にとって、恋愛はつねに最優先事項ではないようです。仕事や趣味が忙しければ、好みのタイプと出会ってもそれほど心が揺れないかもしれません。

ただ、恋愛の優先度が上がったタイミングでは、気まぐれにワンナイトの関係を楽しむこともありそう。その場合は、本気になりにくく、セフレ止まりになる可能性が。

基本的に他人に惚れにくいタイプだといえるでしょう。

10位:かに座(6月22日~7月22日生まれ)

かに座の男性は、年齢が若くても結婚を想定して恋をするタイプ。ちょっと愛が重めですが、それほど真剣に将来のことを考えているのです。

「いいな」と感じてもすぐにはアプローチしないはず。友人や仕事仲間として仲良くするなかで、「結婚してもいいほど愛せるのかどうか?」と判断するようです。

11位:やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

やぎ座の男性はとにかく奥手。たとえ軽口を叩いていても、2人きりのデートに誘うには相当の覚悟を固めるはず。魅力に思う人がいても、アプローチまでに時間がかかるので、恋の進展スピードは遅いでしょう。

また、やぎ座は現実的で堅実。初めのうちは、友人として交際し、うまく付き合えるかどうか検討します。感情だけにとらわれず、キチンと考えながら恋を進めるタイプなのです。

では最後に、1位と12位をチェック!恋に落ちやすいのは、おひつじ座?それともおうし座?

1位:おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

おひつじ座の男性は、典型的なハンタータイプ。直感で「いいな」と思えば、その日のうちに声をかけることも珍しくないでしょう。

ただ、勢いでワンナイトを楽しんだりもするので、おひつじ座男性がどこまで本気なのかは微妙なところ。

本人でさえ、ある程度まで関係が進まなければ、彼女として付き合うのか判断できかねることがあるようです。

12位:おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

スローペースなおうし座は、恋心を自覚するまでに時間がかかるはず。日々の会話を通して「もしかして、彼女のことを好きになったかもしれない」と思うようになるパターンも多く、自分の気持ちになかなか気づけないことも。

また、おうし座男性は、その人に好意を抱いてからも、慎重に距離を縮めるタイプ。恋の進展はとてもゆっくりしているでしょう。

そのため、恋人同士になるころには、すでに熟年夫婦のような落ち着きが漂うこともあるようです。

電気代が安くなる…今ドキ女子が気軽にやってる「節約エコ術」9選

© Dmitrii D / shutterstock
© Antonio Guillem / shutterstock
© G-Stock Studio / shutterstock