恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

銭湯完備や出会いの場にも! 女性ランナー必見「最新ランステ」3選

文・椎原茜 — 2019.6.7
ランナーが荷物を置いたり、着替えたりと活動の拠点とする施設、ランステーション。いまや数多く存在しますが、最近はさまざまな楽しみや付加価値のあるものも出てきています。「一度は走ってみたけれど続いていない」「最新のランステを使ってみたい」という方は必見。新たな楽しみのあるランステを3つご紹介します。

1.『銭湯×コーヒー ランニングステーション』

銭湯×コーヒー ランニングステーション
銭湯×コーヒー ランニングステーションの一つ「堤柳泉(東京都台東区)」にて

2019年5月、銭湯の利用者が減っている問題の解決を目的に、ネスレ日本と東京都公衆浴場業生活衛生同業組合がタッグを組み、都内8か所(足立区、台東区3か所、立川市、板橋区、品川区、江東区)に『銭湯×コーヒー ランニングステーション』を創設しました。

走る前後にコーヒーを飲め、走った後は銭湯に浸かれるところが他にはない新しい魅力! また、都内8か所にはそれぞれの銭湯を拠点とし、オリンピック長距離元日本代表の大島めぐみさんが監修した推奨ランニングコースが作られています。

コーヒーカウンターイメージ

ネスレ日本担当者によると、コーヒーに含まれるカフェインとポリフェノールは、女性ランナーにも嬉しい効果が確認されています。

例えば、カフェインについてはランニング前に摂取することで、集中力の維持、運動時の疲労感緩和、持久走タイムの短縮などを望めるのだそう。また、ポリフェノールは、活性酸素と戦う力が強いことから、紫外線によるシミの抑制との関連も注目されているとか。

一見、ランとコーヒーと銭湯とは直接結びつかないものですが、実は関係があったとは驚きですね。

2.『ASICS RUN TOKYO MARUNOUCHI』

ASICS RUN TOKYO MARUNOUCHI

2018年7月7日、丸の内エリアにオープンした『ASICS RUN TOKYO MARUNOUCHI』は、アシックスによる総合型ランステーション。皇居が目と鼻の先なので、気軽に走りに行ける立地となっています。

女性に人気の理由のひとつに、化粧水、ドライヤーやヘアアイロン、フェイススチーマーなどパウダールームの設備が充実していることにあると、アシックスジャパンの担当者にうかがいました。

ASICS RUN TOKYO MARUNOUCHI

また併設のアシックスストアでは、アシックス最新のランニングアパレルやシューズが揃っているうえに、専門機材によるランニングシューズのオーダーや足型計測、フォームの測定などもできます。

そして専門コーチによるイベントも開催されていて、自分の上達はもちろん、ランナー同士の交流もできるのがうれしいところ。内容は、出勤前に皇居ランできる初級~中級向けの「MORNING RUN」や、女性のコーチが先導する女性限定の「WOMEN’S NIGHT RUN」など、レベルを問わず楽しく参加できそうです。

アシックスならではのウェアやシューズ、イベントなど、プラスアルファの楽しみがあると、ランのモチベーションがあがりそうですね!

3.『Run Pit by au Smart Sports』

Run Pit

『Run Pit by au Smart Sports』は、2010年にオープンしたauによるランステーションです。皇居ランナーがスタート地点に選びやすい竹橋駅に直結していて便利。また施設前にある平川門前は、走る前の準備運動やストレッチなどを入念に行う場としても利用されることが多いのだそう。

おしゃれできれいなランステとして、特に女性に人気なのだそうです。

Run Pit 女性更衣室・パウダールーム

ランステとしての新たなお楽しみポイントは、有名ブランドのランニングシューズの無料貸出キャンペーン(随時)や、『DVELOP.』とコラボしたオリジナルウェアのレンタルなどがあり、最新トレンドのランニンググッズやウェアに出会えるところ。

今年はスポーツウェアブランド『SALOMON』とコラボし、毎週1名に『SALOMON』シューズが当たるという企画を行っているそう。ランだけでないお得感や楽しみを見出すことができそうですね。

Run Pit 休憩カウンタースペース

どのランステーションも、走る楽しみが倍増しそうな場所! これからは、「走る」だけでなく、前後のドリンクやお風呂、交流やグッズ・ウェアなど、プラスアルファの楽しみを求めるのもよいのでは?

Information

銭湯×コーヒー ランニングステーション
ASICS RUN TOKYO MARUNOUCHI
Run Pit by au Smart Sports

美容-記事をもっと読む-_バナー
男が嫌う「NG美容法」をもっとチェック_バナー

男が触れたくなる?「愛され肌を手に入れる」週1スキンケア法


©andresr/Gettyimages