恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

気持ち悪ッ…!体調不良女子がドン引きした「不倫男からの薄情LINE」

文・牧ぐりこ — 2019.2.12
インフルエンザで高熱の時くらい、優しくされたいと思いますよね。それなのに、心無いことを言われ、悲しい思いをした女子も多いみたい……。インフル彼女が「人間としてありえない」と彼にドン引きしたエピソードを、ライター・牧ぐりこが聞いてきました。

パンツ何色?

「妻のいる人と付き合っていました。とにかく相性がいいから関係を断てなくて。短い時間でもいいから頻繁に会って、食事もそこそこに2人で燃え上がっていました。
ですが、私がインフルエンザになったとき。『しばらく会えないや…』と伝えると、最初こそ『お大事に』というテンションでしたが、次第に『ねえ、もう治った?』『そろそろ会えない??』などと、自分本位な連絡が来るように! 絶賛40度で死にかけてるわ(怒)って感じでした。
しまいには『もうムラムラが止まらないよ……せめてパンツの色を教えて!』という通知が。ブチっときたので、深く考えずにブロックしました。きれいな別れではなかったけど、病気をきっかけに不倫から手を引けてよかったのかも……」(27歳・営業)

気持ち悪ッ! 下着の色を聞いてなにか変わるんですかね……。病気の時にかける言葉じゃないです。心無い人はさくっと切って正解!

後でいいから洗っといて!

「同僚がばたばたとインフルエンザで倒れ、ついに私もインフルになってしまいました。『同棲中の彼氏にうつさないようにしなきゃ!』と、病院でしっかり薬をもらって、空間除菌剤を部屋に置いて、枕元にイオン系飲料を常備して籠城。よく寝て早く治そうとしたんですが、出がけの彼氏が私に向かって一言。
『1日家にいるんでしょ? いつでもいいから食器洗っといて! 欲しいものあったらLINEしてね』と。
気遣いのひと言もついていましたが、正直悲しかったです。
インフルでつらいことが全然伝わっていなくて『仕事がなくて暇なんだし、家事をしてくれるのは当然だよね!』と思われていたところが……。彼はそこまで深く考えてないんでしょうけど……」(31歳・事務職)

甘ったれ男めー! 平成も終わるっていうのに「女性が家事をしてくれる」のが当たり前だと思っている男性、まだまだ居ますね。少しずつ言葉にして伝えて、意識改革してもらえれば、悲しい気持ちになる女性が減るはず……。

病気になったのが僕じゃなくてよかった

「彼氏との温泉旅行最終日に、熱を出してしまいました。あとは電車に乗って帰るだけだったのですが、どんどん熱が上がってきて節々も痛くなってしまい、とてもしんどかったです。

『せっかくの旅行なのにごめんね』と彼氏に謝ったら『大丈夫気にしてないよ、病気になったのが僕じゃなくてよかったなと思ってる』と言われて耳を疑いました。彼女にかける言葉じゃないですよね……。病院に行ったらインフルエンザだったし、体調も精神的にもさんざんでした」(29歳・接客業)

真心のないオレ様なんてイヤ〜〜! 旅行中もグサッとくることをいろいろ言われたとのこと。付き合いながら成長できる項目に、果たして「真心」はあるのでしょうか…。

以上、「人間としてありえない」ドン引きエピソードでした。思いやりのない男性がこんなにたくさんいるなんて……。病気の時くらい優しくして欲しい! ただそれだけなのに!!


セックス-記事も読む-_バナー

500円を積み重ねる資産運用!ズボラ女子のための楽しんでお金を増やす方法


©sestovic/Gettyimages
©Brezina/Gettyimages
©LaylaBird/Gettyimages