付き合って何年も経つけど…彼を不意に「ドキッとさせる一言」4つ

文・塚田牧夫 — 2019.2.21
付き合いが長くなると、ちょっとやそっとのことでは動じなくなります。それは安定した関係ならではなのかもしれませんが、刺激が足りないと感じることも。では、“彼を不意にドキッとさせるひと言”にはどんなものがあるのでしょう。男性の意見をもとにご紹介します。

「こんなの初めて…」

「テレビで、美味しいバターを使ったケーキが紹介されていて、それが食べたくて買って帰ったんです。同棲している彼女と一緒に食べました。

すると彼女が目を丸くして“美味しい!”と。“こんなに初めて食べた”と言うんです。その言葉が嬉しくもあり、ドキッともしました。喜んでもらって嬉しかった」マサノリ(仮名)/32歳

男は、女性の「初めて」という言葉が好き。言わせたい言葉でもあります。付き合いが長いだけに、さらに貴重な言葉に聞こえたのかもしれません。

「ねぇねぇ…」

「彼女はあまり僕に甘えてきません。まあ、付き合いも長いというのもありますが。

でも、たまにくっ付いてくることがあるんです。“ねぇねぇ”といって、カラダを突いてくる。ちょっとドキッとしますよね。そうやって甘えてくれると嬉しいし」カズキ(仮名)/30歳

男は、女性の甘える声や仕草が大好きです。付き合いが長くなり、そういった行動があまり見れなくなると、より恋しく感じるものです。

「知ってるんだからね」

「一時期、浮気ではないんですが、たまに2人で食事する女性がいました。余計な詮索はされたくないので黙ってたんですね。

するとあるとき、彼女がじっとこっちを見て“隠してることあるでしょう”と言うんです。“知ってるんだからね”と……。

バレた……と思い、白状しそうになりました。でも、違った。行かないと約束していたパチンコに行ったことがバレただけでした。ビビった」シュンスケ(仮名)/33歳

これは、少しタイプの違うドキッかもしれません。しかし、心を揺さぶるにはいい。誰でも何かしら隠しごとはあるので、効果的かもしれません。

「行かないで」

「お互いに、よく友だちと飲みに行きます。そこはあまり干渉し合わないようにしています。ただある日、出かけようとたら、彼女が“行かないで”と言うので、珍しいな……と思いました。

気になったので、早めに切り上げて一時間くらいで戻ったんです。そうしたら、彼女がもう寝てた。どうやら具合が悪かったみたい。気付いてあげられなくて申し訳なかった」トシキ(仮名)/33歳

ワガママもいつもは困りますが、たまになら嬉しいもの。普段は見せない弱い一面に、男性はグッとくるようです。

“彼を不意にドキッとさせるひと言”をご紹介しました。

長く付き合っているからこそ、普段あまり口にしないことに大きく反応することがあります。不意打ちを食らわせて、彼の心を引き寄せ、良好な関係を維持できるといいですね。

セックス-記事も読む-_バナー


みんなで始めればもっと楽しい。地球にやさしい選択(クールチョイス)。 – PR

© Dean Drobot / shutterstock
© oneinchpunch / shutterstock
© fizkes / shutterstock
© Subbotina Anna / shutterstock

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。