恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

この子しかいない!男が彼女のことを「やっぱり好きだ」と思う瞬間3つ

文・塚田牧夫 — 2019.2.7
付き合いが長くなってくると、恋人に対する“好きという気持ち”を見失いがちになります。「どこが好きなんだっけ?」と戸惑ってしまうことも。たまにはしっかりと気持ちを確認する必要があります。そこで男性たちに、“彼女のことをやっぱり好きだと再認識する瞬間”について聞いたのでご紹介しましょう。

辛いときに支えてくれて

「以前、FXにハマっていた時期がありました。最初は良かったんですが、調子にのりすぎて貯金を使い果たしてしまって……。消費者金融にお金を借りて生活していました。それが彼女にバレて……。

そういうのが嫌いな子だったので、終わった……と思いました。ところが、“まず借金を返して”とお金を貸してくれて、毎日のように食事を作りにきてくれるようになりました。やっぱこの子しかいない……って思いました」タクヤ(仮名)/31歳

辛いときに支えてもらえると、その存在の大切さが身にしみて分かります。大変な状況のときこそ、離れず寄り添えるといいでしょう。

ほかの女性と比べて

「一時期、浮気をしていたことがあります。彼女とまったく違うタイプだったので、そこに惹かれて付き合い始めました。ただ、時間が経つほどにガサツな部分が目立つようになってきて……。

裸で歩き回るし、酒癖は悪いし、なにより言葉づかいが汚い……。やっぱり彼女のほうがいいと思い、別れました。それからは一途です」ヨシタカ(仮名)/31歳

比較対象が近くにいると、彼女の良さも明確になりやすい。かといって、浮気されるのは許せないところだとは思いますが……。

付き合ったころを思い出して

「彼女がケータイを変えたいというので、ショップに一緒に行ったんですね。ひと通り見て、とりあえずまた今度決めようと外に出ました。しばらくして彼女が“あっ”と言うんです。店のケータイを持ってきて、自分のを忘れてきてた。ドジだ……と思いました。

しかしそこで、前にもこんなことがあったな……と。付き合い始めたころ、まったく同じことをやってた。そういえば、こういうところが好きだったんだ……って思い出しました」ユキト(仮名)/28歳

過去の光景がフラッシュバックすることで、当時の感情が甦ることがあります。付き合ったころを思い出させるような行動を、たまに取ってみるといいかもしれません。

ほかの男にとられそうになって

「彼女が仕事のことで悩んでいる時期がありました。それを、上司に相談していたのは知っていました。仕事終わりで二人で話し、帰りが遅くなることもよくありました。でもそれが、休みの日にまで二人で会うようになったんです。

そこで急に不安になりました。とられるんじゃないかと……。そこで、“行くのはやめろ”とハッキリ言って止めました」ツカサ(仮名)/28歳

付き合いが長くなると、“彼女=自分の所有物”といった気になってしまうところがあります。ほかの男の介入により、そうではないことに気付くわけですね。

“彼女のことをやっぱり好きだと再認識する瞬間”をご紹介しました。

付き合っていれば、気持ちが離れることもあります。関係を見詰め直したときに、自分のなかに好意が残っているかどうか……。こういった再認識できる瞬間が定期的にあるといいんですけどね。

セックス-記事も読む-_バナー

chapup誘導用_タイトル2

「男が触れたくなる髪」のケア方法知ってる…? – PR

© ImYanis / shutterstock
© nd3000 / shutterstock
© Dean Drobot / shutterstock
© Goncharov_Artem / shutterstock