恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

妻の呪いか…不倫男が「天罰が下った」と感じた戦慄体験3つ

文・塚田牧夫 — 2019.2.3
どんな事情があれ、不倫はやはりやってはいけないこと。すれば何かしらの罰を受けて当然と言えます。例えバレなかったとしても、バチが当たる可能性はなきにしもあらず……。今回はそんな、“不倫男が天罰がくだったと感じた異変”についてご紹介しましょう。

勃たなくなった

「若い女性と知り合う機会があり、何度か食事をして、その後、不倫関係になりました。相手は二十代前半。若いだけあって、アッチのほうもかなり激しかった……。

しかし、俺も精力には自信があったので、かなり楽しめた。妻のほうも、バレないようにしっかりと相手はしていました。ところが……。

あるときから急に勃たなくなったんです。若い子に“しょうがないな~”と言われる始末。一気に自信をなくしてしまいました。そして、不倫相手と別れることに……。

するとです。そこからいきなり回復したんですよ。もとの精力が戻ってきました。やっぱり悪いことはできないな……って感じました」コウタ(仮名)/35歳

母が倒れた

「子どものころ。父親がかなり派手な人で、女遊びやギャンブルをしては母親を泣かせていました。で、僕が中学のときに離婚したんですね。

母のそういう姿を見ていたので、自分は家庭を大事にしたい……って思ってたんです。しかしある日、友人と店で飲んでいたとき、女性に声を掛けられ、そのあとホテルに行く流れに……。

血は争えないのか……と悔やむ気持ちと、初めての不倫に対するワクワク感がないまぜになった心理状態でした。

ホテルの部屋に入って、パッとケータイを見たんです。妻から着信があったんですね。無視しようと思ったら、今度はLINEがきました。なんとなく胸騒ぎがして開いたんです。そうしたら、“お母さんが倒れた”って……。

健康が取り柄の母だったので、焦りました。すぐにホテルを出て病院へ。幸い、大事には至らなかったけど、因縁めいたものを感じずにはいられませんでした」タダシ(仮名)/34歳

電車が止まる

「同じ職場の後輩と不倫関係になりました。会うときはホテルを使っていたんですが、あまりにお金がかかるので、彼女の家で会うことに……。

密会を終えて電車で帰ろうとしたときです。妻には、“残業で遅くなる”と伝えてあったので、焦ってはいませんでした。しかし、駅に着くと、夜遅いにもかかわらず人で溢れている……。

なんと、電車が事故で止まっていました。会社の方向とは無関係な場所なので、“電車が止まって”という理由は使えない。なんとしても帰らなければならず、タクシーを使いました。一万円以上かかってしまった……。

そして、その次に彼女の家に行った日も、今度は車両故障で電車が止まってしまった。またしても一万円……。妻の見えない力を感じずにはいられませんでした」ヨシヒロ(仮名)/34歳

“不倫男が天罰がくだったと感じた異変”をご紹介しました。

バレなかったとしても、お天道様は見ています。悪いことをすれば、罰が当たって当然。何か異変が起こって、それをまず罰と捉えられるかどうかも、人間性の問われるところかもしれません。

「不倫の実態」をもっと覗き見!_バナー

セックス-記事も読む-_バナー

chapup誘導用_タイトル2

「男が触れたくなる髪」のケア方法知ってる…? – PR

© Olena Yakobchuk / shutterstock
© Syda Productions / shutterstock
© Photo Kit / shutterstock