恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

余ったクリームが使える!花粉症でも「崩れにくいメイク」テク3選

文・並木まき — 2019.2.5
花粉症のシーズンは、マスクや鼻をかんだせいでメイクが崩れがち。出かける前には完璧でも、ちょっと外に出ただけで、メイクがドロドロになってしまうこともありますよね。そこで、今回は時短美容家の並木まきが、花粉症を乗り切るマスク対策のメイクテクや簡単な化粧直し法をご紹介します。

1:マスクの下は最小限のベースメイクに!

マスクを着脱する機会が多い花粉症シーズンは、ベースメイクをできるだけ厚塗りしないのが、化粧崩れを防ぐ最大のコツ。

ベースはUVカット機能がある、カバー力高めの下地のみで整え、チークは、スッピンにも使えるウォータータイプやクリームタイプを使うようにすると、ファンデーションやパウダーチークを使ったメイクに比べ、格段に崩れにくくなります。

花粉から肌をガードしようと、ファンデーションを厚く塗る女性もいるようですが、ファンデーションは意外と粘り気が強く、逆に花粉が肌に付着してしまう可能性もあります。薄化粧を心がけましょう。

2:ベースメイクのお直しにはコンシーラーを駆使

花粉症の時期は、肌もカサカサに荒れることが多く、そんなとき、ベースメイクお直しにパウダー類を使うと、粉浮きしかねません。

そこで使いたいのがコンシーラー。普段はシミやニキビ跡をカバーするのに使うものですが、ベースメイクを整えるのにも十分な働きが期待できます。

指先に少量とり、お直ししたい箇所にトントンと軽く叩き込みながらなじませると、密着度も高く、メイクが崩れにくい肌に整えることができます。

パウダーファンデを使うよりも保湿力も高く、あらゆるパーツのお直しに使えます。

3:鼻まわりのカサカサにはニベアをオン

鼻をかむ回数が増えると、どうしても小鼻のまわりがカサカサになり、皮むけも気になりますよね。

そんなときには、ニベアを少量使ってメイク直しをすると、即座にしっとりした肌感に。

ニベア単体で使うとベタついた仕上がりになることもあるので、その際は、ニベアと少量のファンデをその場で混ぜ、薄く塗っていくといいでしょう。

ただし、塗りすぎには注意! メイクが崩れやすくなるだけでなく、花粉が付着しやすくなります。ごく少量を薄くつけるのが無難です。

花粉症の時期は、普段よりもメイク崩れが気になります。時短で賢くお直しをして、メイクを楽しんでくださいね♡

美容-記事をもっと読む-_バナー
セックス-記事も読む-_バナー

「男が触れたくなる髪」のケア方法知ってる…? – PR

© ifonn1123 / shutterstock
© Mr.Cheangchai Noojuntuk / shutterstock
© Andrey_Popov / shutterstock