恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

私…彼女じゃないの?「体の関係をもった男」からの裏切りLINE3つ

文・塚田牧夫 — 2019.1.4
付き合っていると言っても、それを証明する書類やサインを交わしているわけではありません。いわゆる口約束で、あやふや。信頼のみで成り立っている関係と言えます。そして、ときに裏切られることも……。今回はそんな、“付き合ってると思っていた男から届いた衝撃のLINE”というテーマで女性たちの話をご紹介しましょう。

「証拠は?」

「男性とデートをしていました。私は彼のことが好きだったので、そのあと家について行ったんですね。するとやはり手を出してきました。

私としては曖昧な関係はイヤだったので、“付き合う?”と尋ねました。すると、確かに“うん”と言った。そして直後に押し倒され、男女の関係になりました。

私は付き合っているつもりだったので、翌日“電話してもいい?”とLINEを送ったんです。でも、返事がない。夜遅くなってから、“寝てた”と返信がきました。

確認のため、“私たち付き合ってるんだよね?”と聞くと、“なんで?”と返事が。“付き合うって言ったじゃん”と返したら、“証拠は?”と言うんです。証拠なんて、ない……。

付き合っている証拠をもっている人なんているんでしょうか……。騙された気分でした」ヒカリ(仮名)/30歳

「いまカナダだけど」

「仕事中、友だちから“みんなで集まってるからこない?”というLINEが届いていました。なので、仕事終わりに駆け付けた。男女八人ぐらいが集まって飲んでいました。そこには、私が以前から気になっている男性がいました。

会が終わって店を出た後、その男性と私は帰る方面が一緒だったので、2人でタクシーに乗ったんです。すると、“寄っていく?”と聞かれた。私はそれを受け入れ、彼の家へ。酔っていたこともあり、雰囲気に身を任せてエッチをしてしまいました。

私は思い切って“付き合いたいな”と言ったんです。そうしたら“いいよ”と言ってくれた。幸せな気分でいっぱいでした。ところが、翌日からあまり連絡が取れなくなりました。“バタバタしている”と……。

1週間すると、さらに返信の頻度は減りました。不安になり、“家に行ってもいい?”とLINEを入れたんです。そうしたら“いまカナダだけど”と返ってきたんです。なんと彼はカナダに転勤になっていました。

思い返せば、彼の家のなかはダンボールでいっぱいでした。そして、あの飲み会は彼の送別会だったことを後日知りました。遠距離恋愛は突然始まり、突然終わりました」ヒフミ(仮名)/28歳

「ポリアモリーだから」

「何度か2人で食事をしたり、デートをしたりしていた男性がいました。あるとき、その人に告白されたんですね。彼氏ができてすごく嬉しかったんです。そしてすぐに、体の関係をもちました。

次の週、“日曜日空いてる?”とLINEをしました。すると、“その日はちょっと……”という返事がきました。しかし、それだけではなく、“彼女と出かける予定があって”と言うんです。ん……彼女?

どういうことかと尋ねると、“俺、ポリアモリーだから”って言うんです。なんのことだか分からず調べてみたら、ポリアモリーとは複数人と同時に付き合う人のことでした。

なにも信じられなかったです。都合のいい言い訳にしか聞こえなかった!」サリナ(仮名)/30歳

“付き合ってると思ってた男から届いた衝撃のLINE”をご紹介しました。

意思疎通がうまくできていないと、こういった状況に陥ります。あまりに進展が早いのも考えもの。ちょっと立ち止まって、考えるぐらいの余裕はもったほうがいいでしょう。

男女のLINE-をもっと覗き見-_バナー

セックス-記事も読む-_バナー

chapup誘導用_タイトル2

「男が触れたくなる髪」のケア方法知ってる…? – PR

(C) GaudiLab / shutterstock
(C) fizkes / shutterstock
(C) pathdoc / shutterstock