仲はいいけど…男が「彼女との別れ」を決意する瞬間3選

文・塚田牧夫 — 2018.11.29
付き合っていると、相手の嫌な面を見ることもあります。でも、たいしたことないものには目をつむりますよね。しかし、絶対に許せない……という場面に出くわしてしまうことも。そこで男性たちに、“彼女との別れを決意する瞬間”について聞いてみました。

食の好みの違いを痛感

「付き合って半年して、初めて彼女と旅行をしたんです。ホテルの夕食がバイキング形式でした。肉やら寿司やらがいっぱい。酒の飲み放題でテンションが上がりました。

しかし、彼女は浮かない顔。“全然美味しくない”と言う。彼女は美味しいものを少しずつ食べたいタイプみたい。分からなくはないけど……。

彼女はずっと不機嫌なままでした。こりゃダメかも……と思いましたよね」カイト(仮名)/27歳

食の好みの違いは、のちに大きな障害となりかねません。合わせることができなければ、先はないと感じてしまうかも。

謝らない

「レンタカーを借りて彼女とドライブをしました。しかし、渋滞に巻き込まれてしまった。途中で、どうしてもトイレに行きたくなったんですね。

なんとかギリギリでサービスエリアに入ることができました。いったんトイレの近くに止めて、ダッシュ。彼女も免許は持っているので、どこか停めといてと頼んでおきました。

無事トイレから出てきて車に戻ると、車体の横の部分に擦った跡が……。彼女に聞いたら、“トイレ行くから悪いんじゃん”とキレ始めた。で、一切謝らない。この子とはやっていけないな……と思いました」カズ(仮名)/31歳

ひと言謝れば、それで済むんですけどね。おまけに人のせいにまでされたら、別れを決意しても仕方ないでしょう。

困ったときに助けてくれない

「彼女がうちに遊びに来ているときでした。荷物が届いたんですね。でも、着払いだったことを忘れていました。一万円ぐらいなんだけど、財布になかったんです。

“悪いけど……”と彼女に借りようと思ったら、“お金の貸し借りはしたくないから”と断られました。仕方ないので、急いで下のコンビニに行こうとしたんです。そうしたら配達員の人に、“改装中でしたよ”と言われた。

申し訳ないけど、いったん荷物を戻して再配達してもらうことに。彼女はこのやり取りをずっと聞いているはずなのに、我関せず。続けていくのは厳しい……と思った」ノリト(仮名)/32歳

困っている彼に手を差し伸べないのはいかがなものでしょうか。お金に厳しいのはいいことですが、臨機応変な対応が望まれます。

“男が彼女との別れを選択する瞬間”をご紹介しました。

ほかにも、浮気や金銭感覚の違い、なども別れに直結してくるようです。たとえ正しい行動だったとしても、我を通し過ぎると嫌がられます。少し相手に寄り添ってあげることも大事でしょう。

chapup誘導用_タイトル2

「男が触れたくなる髪」のケア方法知ってる…? – PR

(C) Nejron Photo / shutterstock
(C) Dmytro Zinkevych / shutterstock
(C) Kamil Macniak / shutterstock

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。