恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

本命女子だからこそ…男が「付き合う前」に伝えておいたコト4つ

文・塚田牧夫 — 2018.10.4
遊び相手であれば、適当に上辺だけの付き合いをしていれば済みます。しかし、真剣交際を望むのなら、自分のこともある程度知っておいてもらいたいもの。なので、彼が自分について語り始めたら、それは誠意の表れかも? 今回はそんな、“男が付き合う前に伝えたある事実”についてご紹介しましょう。

封印していたバツイチ

「学生のときに結婚経験があります。一年ほどで別れたうえに、だいぶ昔の話なので、ほぼ公表もしていませんでした。もう結婚はコリゴリ……と思ったんですけどね。

ようやく結婚を前提に付き合いたいと思うぐらい、真剣に好きな人が現れました。告白する前に、ちゃんとそのことは伝えましたね」ヒデノリ(仮名)/30歳

本気で将来を考える相手に対して、隠しごとをするのは失礼。自分の経験について伝えるのが、誠意というものでしょう。

荒れた家庭環境

「うちは父親が暴力的で、よく母を殴っていました。それが原因で、離婚。また、兄貴もグレて高校途中で家を出てどこかに行ってしまいました。家庭は崩壊しています。

だから僕は、自分が家庭を持ったらすごく大事にしたいと思っています。なので、付き合いたいと思う人には、あらかじめそういった話をするようにしています」ケンタロウ(仮名)/28歳

自分の育った家庭環境のことを伝え、それを受け入れてくれる相手と真剣に付き合いたいんでしょう。適当な付き合いは時間の無駄ということでしょうか。

身長をごまかしている

「彼女と初めて会ったのは、合コンでした。そのとき、何を思ったかシークレットシューズを履いていったんです。身長五センチ以上アップさせて。

初めがそれだったものだから、ずっと履き続けるしかなくて……。でも付き合うとなるとそうもいかないから、告白の前に正確な身長を伝えました」シンゴ(仮名)/27歳

身体的な問題の告白ですね。最初にいい印象を与えているだけに、ガッカリさせてしまいそうで怖くなるのも分かります。

小麦粉アレルギー

「彼女の売りは、“美味しいパンが毎日食べられる”というところ。実家がパン屋さんだったんです。パン好きにはありがたい特典でしょう。しかし、俺は小麦粉アレルギー。パンが食べられない……。

最初はそのことをずっと黙っていました。嫌われたらいやだなと……。無理やり食べればいいかと思ってたけど、体調のことを考えて正直に伝えました」ジュンヤ(仮名)/28歳

食べものに関する問題も、付き合ううえでは重要。一緒に食事ができないなんて可能性も出てきます。アレルギーは死に至る場合もありますからね。ほかにも持病などあれば、伝えておく必要があるかもしれません。

“男が付き合う前に伝えたある事実”をご紹介しました。

ほかにも、年齢や年収などもごまかしているケースがあり、付き合う際に正直に伝える人もいるようです。それを聞いてガッカリしてしまうかもしれません。でも、勇気を出して言ってくれたわけですから、そこは評価してあげてもいいかも。

#恋愛 記事、
#エッチな記事 もチェック……!?

うわぁガサガサじゃん…!男がドン引きする「オバ肌」対策 – PR

(C) fizkes / shutterstock
(C) Lopolo / shutterstock
(C) J Walters / shutterstock
(C) g-stockstudio / shutterstock