恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

夏の終わり、彼と行きたい…生まれ変わった『星野リゾート リゾナーレ熱海』に潜入

写真・文 今井 恵 — 2018.8.23 — Page 1/3
パワースポットとしても注目され、都内から新幹線で約40分というアクセスのよさから女子旅人気が高まっている熱海。ここは都心から一番近いリゾート。だからこそ、仕事に忙しい彼も誘いやすいのです。女友だちと行っても、そして彼との仲を深める旅先としても、うんと楽しめそうな、リゾートホテル『星野リゾート リゾナーレ熱海』を体験視察してきました。

花火の下、熱海の味に舌鼓! 週末は『星野リゾート リゾナーレ熱海』へ。

相模湾を一望できる高台に位置し、オーシャンビューの全室から花火や絶景を楽しめる『星野リゾート リゾナーレ熱海』。昨年、全客室がリニューアルされ、最上階にはビーチを再現したカフェ、さらに4月にメインの和食ダイニング『花火』がリニューアルされ、ホテルから出かけなくとも、ゆっくり、そしてふたりだけの時間を存分に楽しめる、新しいリゾートへと変貌したのです。

114

夜になるとこのようにライトアップされる『星野リゾート リゾナーレ熱海』のエントランス。四季を通じて開催される熱海の “花火” とホテルから眺められる海の “青” を基調としたデザインに。

チェックインしたら、部屋に向かう前にフロントのワンフロア下のアクティビティラウンジへ。フロント脇の「親子の北壁」は巷で人気のクライミングが体験できるアクティビティ。ゲストは無料で一度体験できるというのだから、ちびっこたちに混ざってでもやってみない手はありません。するする無邪気に登っていく子どもを横目に、どのホールドを選べばいいのか、どこに手をかけ体を移動させたらいいのか、意外と頭も使うからおもしろい! スポーツマンの彼ならもちろん、日頃運動不足という彼も誘ってぜひチャレンジを! 高さにビビりながらも必死に登っていくとスリル満点。左から順に初級、中級、上級とわかれているので、15分の制限時間を目いっぱい使い、3グレード制覇する強者女子もいるのだとか。

212

高さ6.5mの壁。専任スタッフが登り方をレクチャーしてくれるので子どもも初心者も安心。

客室はどの部屋からも熱海の絶景が楽しめます。今回泊まったのは、海と空の青さが窓から飛び込んできたようなブルー×ホワイトを基調としたビューバススイート。小上がりの和室もついたゆったりしたレイアウト。窓際に丸テーブル、テレビの前にはやソファセットがあるので、夜になったらここで夜景を眺め、ロマンティックな気分を味わえそう! ベッドで部屋が目一杯、バスルームの音が丸聞こえなんて心配も皆無なので、彼との初めての旅先に選んでも安心。もちろんワインを飲みながらおしゃべりしたり、映画を見たり、いろいろな楽しみ方ができそうなお部屋です。

【リゾナーレ熱海】客室(ビューバススイート)

海と空を基調とした客室。ビューバススイートは107㎡のゆったりした広さ。

夕ご飯までの時間はのんびり温泉に入ってもいいのだけど、「ご飯の前に一杯飲みたいね!」と、最上階にある『ソラノビーチ Book&Cafe』へ彼を誘って。何が最高って、素足になって砂の感触を味わいながらビールやカクテルを飲めること。サラサラの白い砂に足を潜らせるだけで、ひんやりと冷たく、そしてこんなにも癒し効果があるとは! ビーチチェアだけでなく、お昼寝できるカバナもあるし、棚にはおもしろそうな旅の本やら料理本も! しかも窓の外は真っ青な海と空が広がる絶景が広がっているんです。