男子バスケットボール・比江島慎選手「自慢できる体のパーツは…」

2021.7.27
プロバスケットボールリーグ・Bリーグから、リーグを代表するプレーヤーを紹介。シーホース三河(PG/SG)のハニカミ王子?! 比江島慎選手が登場します。※2021年7月現在リンク栃木ブレックス所属。※こちらは2018年7月8日に公開した記事の再配信です。

足腰が強くなった理由は…

比江島慎 東京オリンピック 男子バスケットボール 東京五輪

「自慢できる体のパーツ? う〜ん……強いて言うなら、ふくらはぎですかね」
照れながらそう話してくれたのは、シーホース三河(※)でポイントガードを務める比江島慎選手。普段はにこやかで柔らかいオーラを放つ比江島選手だが、一度コートに立つとその穏やかな表情は一変。筋肉が織りなす可憐なステップワークでディフェンスをすり抜け、貪欲にシュートを狙う〝点取り屋〞の顔になる。

※現在はリンク栃木ブレックス所属。2021年7月。

「小学生の頃にたくさんジャンプをしたからですかね、ふくらはぎが発達したのは。ミニバスケットボールのチームに入っていて、縄跳びやジャンプの練習があったんです。あとは中学生の頃、体育館が使えない日は学校の近くにある砂浜で走り込みをしていました。それで足腰が強くなったんじゃないかと思っています」
 

比江島慎 東京オリンピック 男子バスケットボール 東京五輪

190㎝の長身にバランスよく筋肉がついた体はまさに理想型といえるが、本人曰くコンプレックスも多いという。
「実は太りやすいタイプなんです。だから、シーズン中は食事で体重をコントロールしています。独身で一人暮らしだとどうしても外食ばかりになってしまうけど、ガッツリ食べるのは週に1度と決めて、それ以外は腹八分目に抑えています。油物を控え、その分タンパク質を増やすことも意識。本当は大好きなチキン南蛮やカレーライスを腹一杯食べたいんですけどね」

比江島慎 東京オリンピック 男子バスケットボール 東京五輪

シーズンが閉幕しオフ期間に突入したが、「FIBAバスケットボールワールドカップ2019」のアジア予選が控えている今(6月上旬現在)は、代表戦に向けて気持ちを切り替えるタイミング。息抜きはどうやって?
「オフの日はアラームをかけずにとにかく寝ます(笑)。あとは温泉に行ったり、行き先を決めずに一人でぷらっとドライブしたり。BIGBANGのようなアゲアゲな曲をかけて車の中で大声で歌うと、スッキリするんですよ」

What’s “B.LEAGUE”?
2016年に始まったプロバスケットボールリーグ。トップカテゴリーのB1リーグは3地区・18チームで争われる。5月に行われた上位8チームによるトーナメント戦・Bリーグチャンピオンシップでは、アルバルク東京が初優勝を果たした。アリーナで間近で観る試合はスピード感に溢れ、迫力満点。ファンの数も急上昇中!

シーホース三河
愛知県の「ウィングアリーナ刈谷」を拠点に活動するシーホース三河。Bリーグ最強クラブを決めるチャンピオンシップに毎年出場している強豪チームだ。「ユニフォームは黒、しかもコーチ陣は黒スーツで決めていて、ラグビーのニュージランド代表『ALL BLACKS』のようなかっこよさがあります。静かなる闘志を持ち合わせたチームです」

比江島慎 ひえじま・まこと 1990年8月11日生まれ、福岡県出身。身長190㎝。2013年よりシーホース三河に所属。先シーズンはレギュラーシーズンMVPに輝く。※現在はリンク栃木ブレックス所属。2021年7月。

トップス¥13,000 パンツ¥24,000(共にマーカ/パーキング☎03・6412・8217) シューズ¥19,500(ジョーダン ブランド/ナイキ カスタマーサービス)

※『anan』2018年7月11日号より。写真・内田紘倫(The VOICE) スタイリスト・藤長祥平 ヘア&メイク・高松由佳 取材、文・小泉咲子 黒澤祐美

(by anan編集部)

※2018年7月8日作成

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。