恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

代表を外れた若きJリーグ選手3人。杉本健勇、伊東純也、三竿健斗に注目!

文・伊藤順子 — 2018.6.15
ついに『FIFA ワールドカップ 2018 ロシア』が開幕! 前哨戦といえる親善試合のパラグアイ戦で待望の勝利を挙げた日本代表は初戦が19日に迫っています。この勢いのままぜひとも勝利してほしいですが、ananwebは代表から惜しくも外れた選手に注目。なかでも、実力もさることながら、ルックスや人柄で多くのサポーターに愛されている、花の独身Jリーグ選手3名をご紹介します。全員25歳以下! 4年後のW杯で活躍が期待される彼らを、今から要チェックです!

まずは、セレッソ大阪・杉本健勇 選手!

JL18064_d30

杉本健勇(すぎもとけんゆう)セレッソ大阪所属。1992年11月18日生まれ、25歳。大阪府出身。ポジション:FW(フォワード)

187cmの細マッチョな体型に端正な顔立ちときたら、答えは「カッコいい!」しかないでしょう。佇んでいるだけでモテオーラが漂う杉本選手は、セレッソ大阪を牽引するエースストライカーです。ハリルホジッチ前日本代表監督に「恵まれた体格と高い技術を持つ珍しいタイプ」と才能を見出され、2017年9月、W杯アジア最終予選のサウジアラビア戦で代表に初選出されました。同年10月のキリンチャレンジカップ・ハイチ戦で初ゴールを決めたものの、2018年のJリーグでは負傷もあって、これまで思うような結果を出せず、経験重視の西野ジャパンでは、残念ながら涙を飲む結果となりました。

ですが、高い身体能力を生かした力強いシュートはもちろん、選手がせめぎあうゴール前で、頭ひとつ分とびぬけて放つ鋭いヘディングの美しさといったら、芸術的といっても過言ではありません! スタジアムで観戦すると、ライトや陽に照らされた輝く汗も手伝って、まるで映画のワンシーンを観ているかのような惚れ惚れする姿を拝めます。また、長身の選手らしからぬ繊細なボールタッチも持ち味で、巧なドリブルやトラップ(パスなど飛んできたボールを次に動きやすよう受け止めること)にもぜひ注目してください。

2017年のJリーグ得点ランキングは22点と堂々の2位を誇りましたが、今季はこれまで12試合に出場し、まだ3点と控えめ(6月9日現在)。ですが、チームの練習以外にもトレーニングを欠かさないなど、地道な努力が実を結ぶ日は近いはず! 気持ちは既に4年後のW杯開催地カタールへ。その前にセレッソ史上初の3冠という大きな目標達成にも挑みます!

JL18169_129
JL18135_152

【ココも注目♡】

イケメン軍団・セレッソ大阪のなかでも1、2を争う人気者の杉本選手。練習後に行われるファンサービスでの神対応はセレッソサポーターの多くがご存知のはず。彼にひとたび会えばその気さくな人柄と笑顔に、子どもはもちろんメロメロになるセレ女(女性のセレッソサポーター)が続出です♡

続いて、柏レイソル・伊東純也 選手!

JL18067_123

伊東純也(いとうじゅんや) 柏レイソル所属。1993年3月9日生まれ、25歳。神奈川県出身。ポジション:FW(フォワード)

 伊東選手といえば、柏のスピードスターと呼ばれるほど、50m5秒台の俊足は特筆すべきもの。かつ突破力のあるドリブルで敵ディフェンスをなんなく交わし、そのままシュート! という場面を多く目にします。サッカーではさほど有名ではない高校、大学を卒業し、正直目立たない道を歩んできた伊東選手。活躍はしていましたが、その才能が爆発したのは、2016年ヴァンフォーレ甲府から現チームに移籍してからでしょう。

数々の勝利に貢献し、ついに2017年11月『EAFF E-1フットボールチャンピオンシップ2017』の代表に初召集され、同年12月の北朝鮮戦で初出場を果たしました。印象的なプレーをしてアピールはできたようですが、FWは枠が少なく激戦区。国内外問わず経験豊富で質の高い名選手が密集しており、彼を推す声も多いなか、残念ながら本大会代表入りの夢は叶えられませんでした。

とはいえ、印象的な明るい色の髪に、イエローのユニフォームを身にまとう姿はさながらチーターのよう。サイドに中央にとピッチを縦横無尽に駆け抜けるさまは未来の日本を背負って立つ頼もしい存在です! スピードを武器にチームの看板となり、カタールに向けて大きく羽ばたいてほしいものです!

JL18128_d45

【ココも注目♡】

甘いマスクも人気の秘密で、一見チャラそうですが、実は素朴で親しみやすいキャラ。ピッチ上ではオラオラ雄全開、オフザピッチではかわいい男子と、そのギャップ萌えにキュンキュンする女子も多いんです♡

最後は、鹿島アントラーズ・三竿健斗 選手!

JL18197_065

三竿健斗(みさおけんと) 鹿島アントラーズ所属。1996年4月16日生まれ、22歳。ポジション:MF(ミッドフィールダー)

ふにゃあと崩れる笑顔が愛らしい三竿選手は、守備的MFのボランチと呼ばれるポジションで、代表では長谷部誠選手に代わる大型プレーヤーとして期待されています。なんといっても前線に送る精度の高い縦パスと、181cmの恵まれた体格によるフィジカルの強さが魅力。伊東選手と同じく、2017年11月『EAFF E-1フットボールチャンピオンシップ2017』の代表に選ばれ、同年12月の韓国戦で初出場しました。以降、2018年5月の親善試合ガーナ戦まで代表に呼ばれていましたが、本大会には惜しくも落選してしまいました。

非常に高い評価を得ていましたが、西野監督いわく落選理由は「現時点でのトップパフォーマンスではなかった」から。また、W杯経験者のメンバーが多く選ばれたことからみて、年齢ゆえの経験の浅さがひとつにあったのかもしれません。直前まで選ばれていただけに三竿選手のショックは大きいと思いますが、彼のSNSには悔しさをエネルギーに変えてさらに強くなるという前向きな言葉と代表へのエールが書き込まれています。鹿島の大岩剛監督はもちろん、先輩チームメイトからも絶大な信頼を寄せられている三竿選手、代表への道は着実に開かれるはず!

JL18231_120

【ココも注目♡】

チャームポイントの笑顔は「かわいい、癒される、励みになる」と男女問わず多くのサポーターに支持されています。おちゃめでユニークな人柄も好感度大♡


以上、注目の独身Jリーグ選手3人をピックアップしました! W杯で日本を応援したあとは、Jリーグへ! 熱戦はフィールドを変えてまだまだ続きます!

Information

明治安田生命J1リーグは、W杯開催期間中お休みです。
再開は7月18日(水)の第16節から! 詳しくはこちらをチェック!
公式サイト
https://www.jleague.jp/

#スポーツ記事をもっと読む。
#サッカーをさらに覗いてみる!

貧乏女子必見!お金がなくても楽しめる海外旅行のススメ

©Jリーグ