恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

垂れ乳、二の腕、背肉…アラフォー体型カバーテク3選 | スタイリストの体型カバーテクニック術 ♯63

イラスト、文・角侑子 — 2018.6.1
20代の頃と比べて30代、30代と比べて40代…。大台を迎えるたびに、ふと感じる体型の変化。少しずつたるみ、くすみ、シワ感などが増えていくことに、自分自身が気づいていないもので、急に「あれっ? 私、こんなんだったっけ?」と不安に思ってしまいますよね。とくに視覚では気づきにくい、あんな場所に年齢が現れているかもしれません。そこで今回はアラフォー世代で気をつけたい体型の変化による服装カバー術をご紹介します。

【スタイリストの体型カバーテクニック術】vol. 63

「二の腕のタルミ」をカバーするトップス

トップス1

20代が持つ体型の代表的な悩みといえば、「太っているか」かどうかが全て。しかし30代前半頃から、新たに「たるみ」という悩みが加わります。なかでも目立つたるみは二の腕。上品なノースリーブトップスに挑戦したものの、二の腕から何だか年齢を感じる…と思う瞬間があれば二の腕はしっかり隠しましょう。

といっても、ノースリーブを着てはいけないということではありません。例えば、ノースリーブの上からカーディガンを羽織って動くたびに二の腕がほんの少し見えるぐらいの露出がちょうど良いです。また、最近ではケープスリーブという二の腕のラインが上品に見えるトップスもあるのでそうしたアイテムを積極的に取り入れてみてください。

「背肉」を拾わないアイテムの選び方

トップス2

自分の目で確認しにくいもうひとつのポイントは、背肉。背中にお肉がつくと取れにくいうえに、ぴったりフィットしたトップスが上手に着られなくて本当に残念ですよね。背肉に対応するための一番の対策はやはり補正ブラです。背中に横流れしたバストを元の位置に正し、姿勢を伸ばすだけで見え方がだいぶ変わっていきますのでぜひこの2点は意識しておくと良いです。

加えて、選ぶべきトップスはバッククロスのあるデザイントップス。V字にカッティングされているデザインでも良いですね。シャツでもトップスでも、うなじから背中にかけて斜めのカッティングデザインが入っていると、視覚効果でいつもより背中をスッキリ見せる効果があります。体のラインにフィットしているものより、ほんの少しのゆとりと空気感があり、揺れる生地感のほうが安心して取り入れやすいですよ。

「変化するバスト」に対応するには?

トップス3

バストの変化は他のポイントよりも早い段階でお気づきになる方は多いのではないでしょうか。かくいう私は現在31歳ですが、20代後半の頃と比べてバストのラインが変化しているような気がして、ただただ毎日焦っています……。

バストの形、サイズは人によって個人差がありますが、多くの人は若い頃と比べ、バストが下垂しやすく、デコルテからバストトップにボリュームがなくなって寂しい印象に。もともとバストが小さい方は、下からプッシュアップしてくれるブラに切り替えて、ぴったりと体にフィットしたサマーニットやレーストップスでデコルテラインをカバーすると良いです。胸もとが開いたものだと、より寂しく見えてしまうので首つまりのアイテムのほうが相性良く着こなすことができます。

バストが大きい方は、胸もとを閉じてしまうと逆にバストラインが間延びして見えたり、太って見えてしまうので、とろみのシャツで首あたりにフリルやブラウジングが施されたブラウスで優しげな印象と華やかさを足すと良いでしょう。

大事なのは上半身のカバー

下半身の変化としてはお尻が垂れる、骨盤が広がるなどさまざまありますが、これはワイドパンツや、ボリュームのあるスカートを履けば回避できるので下半身の体型カバーは割と取り入れやすく、パッと見でも変化を感じにくいので比較的安心です。

それに対して上半身の変化は顕著で、二の腕やバストの膨らみや位置で年齢を感じさせてしまいます。ぜひ上半身を上手にカバーしてくれるお助けトップスをたくさん手に入れてくださいね。


#スタイリストの体型カバーテクニック術 について、さらに覗いてみる♡

#恋愛 記事、
#占い 記事、
#セックス 記事も読む。

あなたは大丈夫? 老け見えを防ぐ「魔法の下着」をチェック