一度きりだけど…「不倫反対派の男」が不倫に走ったキッカケ3つ

文・塚田牧夫 — 2017.11.22
世の中には、不倫を肯定する人もいますが、やっぱり良いことではありません。中には「不倫は絶対反対!」と掲げている真面目な男性もいます。しかし、そんなお堅い方が、なにかのキッカケで不倫に走るというのもよくある話。今回は、不倫反対派の男が不倫に走ったキッカケというテーマで、男性に話を聞きました。

定番の同窓会で

「中学時代の同窓会のときでした。当時好きだった子と、十年ぶりに再会。お互い結婚し、しっかり落ち着いていました。

実は中学の頃、僕が生徒会長で、向こうが副会長。お互い、すごく真面目で、意識し合ってはいたんですが、付き合うなんてことはありませんでした。

そんな話をずっとしていて、話は尽きませんでした。“また今度会おう”って僕が言ったんです。そうしたら、“もういつ会えるか分からない”と。

なんでも、ご主人の仕事の都合でアメリカに行ってしまうということでした。僕は、意を決して彼女誘いました。その後、ホテルに行きました。

あの真面目だった二人が……と感慨深かった。でも、不倫はその一度きりです」クニオ(仮名)/34歳

あとから結婚を知らされた

「男女合わせて八人ぐらいの飲み会に参加したときです。初対面の女の子も何人かいました。そこで、最近話題の不倫の話になった。

“あり”か“なし”かみたいなテーマで、色々意見が飛び交いました。その中で、俺は“絶対反対派”。中には不倫経験者もいましたが、“ありえない”とブッた切ってやりました。

後日、そこで仲良くなった女の子と二人で会うことに。飲みに行ったあと、ホテルに行きました。俺としては、付き合う前にヤリたくはなったんですが、流れでそうなったので仕方ないと。

でも、終わったあとに“付き合おう”って言ったんです。そうしたらその子が“無理だ”と。“だって結婚してるから”と言ったんです。

唖然としました。だって、あれだけ否定した不倫ですからね。すると向こうは“こういうこともあるんだよ”と一言。それ以来、ちょっとだけ不倫に寛容になってしまった気がします……」ジュンヤ(仮名)/28歳

金に目がくらんだ

「うちは嫁が結構厳しい。だから不倫なんてしたくないし、したいとも思ったことがなかった。

嫁は俺のすることに対してよく文句を言ってくるけど、その中で俺が唯一譲れなかったものがパチンコでした。俺も、とりあえずそれだけ許してもらえれば満足でした。

ある休みの日、朝からパチンコを打っていたんですが、ちょっと金を突っ込み過ぎてしまった。十万円近くすっちゃったんです。ヤバい取り返さなきゃ……思えば思うほど、金は減っていきました。

ふと隣を見ると、オバちゃんが打ってて、めちゃくちゃ出してる。するとそのオバちゃんが声を掛けてきたんです。“このあと付き合ってくれたらひと箱あげる”って。

背に腹は代えられず、要求を飲むことに。そこでなんとか半分くらい挽回することができました。

そのあと、食事に付き合い、ホテルに誘われた。断ることはできなかった……。でも、終わってみると意外と呆気なかった」ケンタ(仮名)/30歳

不倫反対派の男が不倫に走ったキッカケをご紹介しました。

不倫絶対反対なんて言っても、そんな意見はいつ翻るか分かりません。好きになった相手がたまたま結婚していたという可能性だってある。

聖人君子のような男はなかなかいないということを、女子は理解しておきましょう。

【気になる!その他の人気記事♡】
【男の赤裸々告白…】不倫常連妻からの「誘惑エピソード」3選
初お泊り前夜…!彼氏から届いた「興奮を隠し切れないLINE」3選
【強烈な臭いに興奮…!?】男が「嗅ぎたい」女性の体パーツ4選
【女探偵は見た…!】既婚女性が「不倫に走る」危険な瞬間3選

【驚愕!意外とみられてた!】知っておきたい「脱毛サロン」の選び方4つ – PR

(C) wavebreakmedia / Shutterstock
(C) Alina Cardiae Photography / Shutterstock
(C) Travel Wild / Shutterstock

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。