恋愛世代のリアルを発信。

街全体が居酒屋のテーマパーク!?ブレイク直前の葛飾・立石で、幸せ女子飲みツアーに挑戦!

2014.3.11 — Page 1/3
【TOKYO今ココ総研】vol.7 文・松久彩夏 「今ココがアツい!」と話題の東京スポットをアンアン総研メンバーが訪れる【TOKYO今ココ総研】。今回は総研メンバーから大橋...

【TOKYO今ココ総研】vol.7 文・松久彩夏

「今ココがアツい!」と話題の東京スポットをアンアン総研メンバーが訪れる【TOKYO今ココ総研】。今回は総研メンバーから大橋智菜さん(no.116)と鈴木彩香さん(no.147)が、居酒屋の“聖地”をはしごするべく東京の下町・立石にやってきました!

立ち飲みの専門家・イラストレーター平尾香さん

立石 「立石に来たのが初めて!」という私たちを案内してくださったのが、イラストレーターの平尾香さん(写真右)。

平尾香さんは、小説『アルケミスト』や『ヴェロニカは死ぬことにした』などの装画で有名ですが、2006年に『たちのみ散歩』を出版されています。そう、平尾さんは女子飲みのベテラン! 柔らかな印象とのギャップがとても素敵です。左が大橋智菜さん、中央が鈴木彩香さん。

居酒屋のメッカ・立石に到着

立石駅 マガジンハウスのある東銀座から都営浅草線直通で25分ほどで立石に到着。「意外と近いのにびっくり」と鈴木さん。
立石商店街 京成立石駅周辺は都内屈指の“のんべえ”の街として親しまれ、たくさんの大衆居酒屋が集まっています。「お酒やおつまみも500円前後で味わうことができ、とても割安なのも人気のひとつ。一軒に長く留まるのではなく、さくっと飲んで何軒かのお店を”ハシゴ酒”する人が多いんです」と解説する平尾さん。「ノスタルジックな商店街は昭和時代にタイムスリップした気分になります」(大橋さん)。右に見えるのは人気の立ち食い寿司「栄寿司」。

記念すべき女子飲み散歩の第一弾は「倉井ストアー」。駅から徒歩で10分ほど離れた住宅街にある小さなスーパーですが、なんと店内でビールや日本酒などを楽しめるそう。わくわく。

しかし…

スーパーで日本酒が飲める「倉井ストアー」とは?