恋愛世代のリアルを発信。

【彼氏ができる?】日本初!? 新婚旅行の地『飯南町』で縁結び力をパワーアップ!

2016.3.20 — Page 1/3
誰もが知る日本を代表する縁結びの神様『出雲大社』や、日本最古の美肌温泉と伝えられる『玉造温泉』など。恋も美肌も手に入れられちゃう、女子なら1度は訪れたいスポット・島根県の魅力を3回に渡ってお届けします♪

【TOKYO今ココ総研】vol.47 写真・文:村上ゆき

春は、出会いの季節です

春、新たな出会いに期待している女子も多いのではないでしょうか? そこで、おすすめしたいのが “ご縁の国しまね” を掲げる島根県への旅。誰もが知る日本を代表する縁結びの神様『出雲大社』や、日本最古の美肌温泉と伝えられる『玉造温泉』などがあり、恋も美肌も手に入れられちゃう、女子なら1度は訪れたいスポットです。

というわけで、anan総研メンバーの3人がそんな憧れの地を調査すべく “ご縁の国しまね” へ向かいました! 羽田空港からわずか1時間で『出雲縁結び空港』に到着。

ご利益ありそうな空港名! 2Fの出発ロビーには大しめ縄もあるんです。
ご利益ありそうな空港名! 2Fの出発ロビーには大しめ縄もあるんです。

大迫力のしめ縄に、到着早々興奮気味の3人!!

左から、anan総研メンバーの浅香ユウさん、こままりえさん、北真理子さん
左から、anan総研メンバーの浅香ユウさん、こままりえさん、北真理子さん

こちらのしめ縄はもちろん、日本最大級を誇る出雲大社のしめ縄を作っている工房が島根県飯南町にあるのだそう。飯南町は、出雲大社の大神オオクニヌシゆかりの地。日本最古の歴史書『古事記』によると、スサノオから逃げたオオクニヌシは、地上世界の王となり、スセリヒメとともに琴引山に登って、国づくりの構想と新居の位置(これが出雲大社!)を仲睦まじく話し合ったとか。つまりは、琴引山が日本初!? の新婚旅行とも言える場所!

さらに、全国の神々が出雲国に集まり、神事が行われる『神在月』は、飯南町の琴引山からはじまるという伝承も。旧暦の10月に全国の神様が出雲大社に集まり、次の年の縁結びの会議を開くことは有名な話ですが、詳しくいうと、全国の神々は琴引山に降臨し、この山を源流とする神戸川(神門川)を伝って日本海へ出て、稲佐の浜から出雲大社に入るのだそう!!

これはものすごいパワーが宿る町に違いない! ということで、メンバーは飯南町を目指すことに。

しめ縄作りに挑戦!

最初に向かったのは、しめ縄づくりの体験や見学ができる『飯南町大しめなわ創作館』。出雲大社のしめ縄もこちらで作られています。実際にしめ縄を作っているところを見学させていただきました。
飯南町大しめなわ創作館 一つ一つ、全て手作業で行われています。
一つ一つ全て手作業で行われているんです!

しめ縄には、赤穂餅の稲が使われています。もち米がなる前に早めに刈り取るので青いままが特徴。身長153cmのこまさんと同じくらいの背丈!
身長153cmのこまさんと同じくらいの背丈!

こちらのワラを使ってしめ縄作りを体験。
今回総研メンバーが体験したのは初級の「ご神縁結び」

ワラをより合わせていくのですが、神社は左縄なので、右利きの人には最初はなかなか難しい。でも、丁寧に教えてもらいながら作っていくので、コツをつかめばあっという間。
神社は左縄なので、右利きの人にはちょっぴり難しい!

浅香さん「無心になれて楽しい!」
こまさん「子供心に返った感じがする!」

と、楽しみながら真剣にしめ縄作りをするメンバーたち。
手作りしめ縄体験

より合わせが終わったら、まっすぐに整え、飛び出たワラを切って、形を作って行きます。
手作りしめ縄体験

最後に、飾り付けをしたら完成!!こちらがメンバーの作品。しめ縄につける短冊や、スタンプ、紐などの飾りを選ぶのですが、メンバーそれぞれの個性が炸裂!! 実はここに一番時間がかかったかも(笑)!? 初級コースで880円。30〜40分ほどでできあがります。

他にもさまざまなコースが。
他にもさまざまなコースが。

こまさん「実際に体験したことで大変さがわかった。しめ縄が好きになった!」
北さん「自分で作ったしめ縄は一生もの! 思い出になったし、またここに来て、どんどんコレクションしたい」

と、メンバーも大満足のしめ縄作りでした!!

さらに、嬉しいサービスが! こちらに願いを込めながらワラを結ぶことができるのです。なんとこのワラ、今度制作されるしめ縄の中に実際に入れてもらえるのだそう。願いを込めて結んだワラがどこかの神社のしめ縄として設置されるなんてすごい!

願いをこめて結ぶ北さん。
願いをこめて結ぶ北さん。

手作りしめ縄体験を満喫したメンバー。気付けば小腹が空いて来た! ということで、隣にある『道の駅 とんばら』に寄り道。腹が減っては戦はできぬ!