恋愛世代のリアルを発信。

【そ、そうなの?】続ければキレイになれる! 200人が実証した“美人の習慣”。

2015.4.17 — Page 1/4
行動は習慣となり、習慣がその人をつくると言われています。そこで、常日頃から美意識を高く持ち、各方面で活躍するanan総研メンバーの美の習慣を徹底調査しました。200人調査で分かった、習慣をつくるコツは必見です。

【アンアン総研リサーチ】vol.53 文・宮田愛子


‟行動が変われば、習慣が変わる。習慣が変われば、人生が変わる”

アメリカの哲学者・心理学者のウィリアム・ジェームズの言葉にもあるように、行動は習慣となり、習慣がその人をつくると言われています。周りを見渡してみると、「確かに納得!」と感じる方は多いのではないでしょうか?

Shot of an attractive businesswoman sitting at her desk in an office

そこで、常日頃から美意識を高く持ち、各方面で活躍するanan総研メンバーの美の習慣を徹底調査しました。200人調査で分かった、習慣をつくるコツは必見です。

美肌の習慣

iStock_000034808610_XXXLarge 「美人」と感じる人の特徴として真っ先に挙げられるのは、総じて肌がきれいだということ。調査の結果、お気に入りのスキンケア習慣を持つメンバーが多数。その習慣とは?

 

1.インナーケア
「肌が荒れが気になったら、1週間ほど野菜中心の生活をしています。不思議と肌に透明感もでて、みずみずしい美肌に」(24歳・IT)

摂取した食べ物で体ができているのと同じように、食事の内容で肌の状態もガラリと変わるもの。「イモは炭水化物だから…」「お肉はカロリーが高いから…」。よく聞くその選択方法、良くありませんよ! 食物の持つ栄養を把握し、カロリーの数値に惑わされずカラダの喜ぶ栄養をしっかりと補給してあげましょう。

 

2.肌代謝を高める
「ホットヨガをはじめてから、明らかに肌の質が変わりました。リフレッシュにもなるし、今では行かないと気持ちが悪いくらいハマってます」(28歳・会社員)

今回のアンケートでは、肌代謝を高めるためにホットヨガや岩盤浴などに通う人、多数! あたたかい環境の中で大量の汗をかくとストレスの発散にもなり、体と心の健康のためにと通っている人が多かったのが、ヨガ。

ほかにも、よもぎ蒸しや砂風呂など、試してみたい新境地はたっくさん! 安価でできるトライアルがあるところがほとんどなので、リフレッシュがてら一度体験してみては?

 

3.保湿・保湿・保湿!
「コットン、シート問わず、どんなに疲れた日でも毎日続けています。たるみ肌がパンッと張った美肌に蘇ります」(28歳・その他)
「入浴中から化粧水をつけて、肌がひんやりするまで重ね付けをする。肌トラブルがめっきり減りました」(25歳・自営業)
「お風呂から出たらオイル→化粧水→クリームの順で徹底保湿!続けると肌のつやが変わります」(27歳・事務)

みなさん実践している方法は異なるものの、全員に共通していたのは保湿に力を入れているということ。肌が乾いていては栄養素も入っていかないので、「まずは保湿から!」と理にかなった回答が出揃いました。

【次のページ】美人の食生活って?