恋愛世代のリアルを発信。

あぁ、満たされる…。アラサー女子が “ひとり旅” をするべき理由5つ

文・Yoshimi — 2017.3.16
春はすぐそこ。新年度が始まる時期ですが、みなさんは昨年度の仕事やプライベートに満足していますか? 仕事と家の往復で同じ毎日を繰り返していると、つい視野が狭くなって、物質的には満たされていても心はなんだか満たされない状態になっちゃうこともありますよね。今回は、そんなアラサー女子の処方箋となるひとり旅をおすすめする理由をご紹介します。

【アンアン総研リサーチ】vol. 233

アラサーの行き詰まりは、旅で打破できる!?

アラサー女子は、仕事も生活もそつなくこなせるくらいのスキルと精神力も身について、以前ほど大きなアップダウンやつまずきも減ってはいるものの、だからこそ日々の繰り返しのなかでなんだか満たされない気分になってしまったり、見失っているものもあるんですよね。これからのより明るいアラサー、アラフォーライフのために、なぜアラサー女子にひとり旅がいいのか、おすすめ理由を経験者に聞いてみました。

結局、環境が悪いのではなく自分が問題だと思い知ることができる

「29歳のときなんとなくこのままじゃ良くないと思い、思い切って30前に会社を辞めて貯金をすべて使って3か月でアジアを巡るひとり旅に出ました。結局、悟りは開けなかったけど(笑)、だからこそそれまで持っていたモヤモヤは、場所でも環境でも仕事でもなくて、自分の考えが悪いんだなって、気づけました」(32歳・フリーランス)

旅に出るとみんながみんな悟りが開けるわけでないですが、しっかりと外の世界と自分を客観的に見つめることができれば、普段はなかなかわからない自分の考え方のクセにも気づけることもあるんですね。孤独だからこそ自分を振り返る時間をくれるひとり旅は、一歩下がって広い視野で自分を見つめ直すきっかけをくれるはずです。

しっかり失敗できる

「30を過ぎると、仕事もプライベートもそつなくこなせて失敗とか怒られることも、若いときに比べておどおどすることもなくなってくるのですが、ひとり旅で言葉もわからない初めての場所にいくと、電車に乗るだけでも大変で乗り間違えたりと、普段日本じゃできない失敗をしちゃうんですよね。で、そのときはすっごく焦るけど後で振り返るとそれが刺激的だったり、思い出になったりします(笑)」(35歳・会社員)

アラサーになると、新卒時代に毎日のようにしていた失敗も少なくなって、なんでも普通にできて当たり前の日々にどっぷりと浸かってしまいがち。そんな年齢だからこそ、慣れない海外で子供みたいな失敗をすることで心に刺激が戻ったり、普段はちょっと見下していたかもしれない失敗する後輩の気持ちがわかったりできるようになるのです。

周りの人の存在の大きさを再認識できる

「初めてハワイ島にひとり旅に行ったとき、迷ったりお金の払い方もわからない自分に、笑顔で元気をくれる知らない街の人たちに救われて癒されました。今まで当たり前にそばにいてくれる周りの友達、家族に感謝とか思ったことなかったけど、すっごく感謝する気持ちが湧いてきて、お土産を奮発して買ったのを覚えています(笑)」(34歳・会社員)

普段当たり前にそばにいてくれる家族や友達。たまに、あまりにも干渉されると ”うざいな” なんて思ってしまうこともあったりしませんか? ひとり旅は孤独を強く感じるため、そんな周りの人への配慮が足りなかった自分のダメなところを振り返る機会にもつながるんですよね。きっと、頭ではわかっていても、異国で心の底から孤独や不安を感じるからこそ、身にしみて感じられることなのかもしれません。

自分の世界の当たり前が、当たり前じゃないと知ることができる

「ホーチミンに行ったとき、街の交通状態の悪さ、インフラの整っていない状態に衝撃を受けました。そして、日本に戻って、安全な街、時間通りに動く電車、ちゃんと信号のある道路の素晴らしさに、日本ってすごいと、ものを見る角度が変わりました」(28歳・会社員)

海外旅行にいくと、改めて日本のすごいとこに気づいたりしたことありませんか? ひとり旅では、助けてくれる友達がいるグループ旅行と違って、当然苦労や失敗も多くなりますが、だからこそ当たり前の存在だったものの大きさに改めて気づくことができるんですよね。日本人は列があればしっかりと並ぶ教育もしっかりと自然に身についているし、外では交通も整備されていて、何より衛生状態がすごくいいですが、これが海外にいくとけっこうすごいことだと気づけます。そして、これらを裏で整えてくれる人がいることにも感謝できる気持ちが湧いてくるんですよね。日本での当たり前は、海外ではすっごいことだったりするのです!

自分ひとりでも大丈夫と自信が持てる

「自分が、周りの同世代の女性に比べて、仕事もできないし、友達も少ないし、世渡り下手だし、すっごくこのままでいいのかなあって不安な時期があったのですが、ひとり旅中にいろいろ迷いつつ、なんだかんだ無事に帰ってこれたことで、まあこんな自分でもなんとかやっていけるんだって、少し自信が持てました。まだ独身生活は続きそうなので、今の自分でも大丈夫って自信が持てたのは大きいかも」(33歳・会社員)

アラサー女子は、友達も結婚して女子会の数が減ってきたり、自分だけ取り残されて大丈夫かな、なんて不安も生まれてくる世代ですよね。特に、不器用な性格の人はなおさら不安を感じやすいと思います。でも、ひとり旅をやり遂げたことが自分の自信につながり、少し気がラクになるなんてことも! 自信がない人こそ、ひとり旅に出るべきなのかもしれません!

アラサー世代の今だからこそ、気づけることがある

普段の生活では、つい自分の世界が全てになって自分中心だったり、偏ったものの見方になりがち。でも、ひとり旅に出て大きな世界から自分の存在を客観的に見られることで、きっと世界はもっといい意味で違って見えるはず。もし何かに悩んでる、ちょっとモヤモヤしてる、なんてアラサー女子は、躊躇せず、さっそくひとり旅の計画を練ってみてはいかがでしょうか? 悟りまではいかずとも、きっとあなたにとってプラスの経験につながるはず!


【アラサー女子の最新リサーチ記事♪】

年収1000万は3%!? アラサー女子200人に聞いた “私の収入” 大公開!
自撮りは即アレをする! イラっとする友達のSNS投稿への対処法3つ
そうか、あのワザかぁ。美人じゃないあの子が結婚できた意外な理由