恋愛世代のリアルを発信。

マジでリアル! 婚活女子に捧げる既婚女子の旦那選びアドバイス

文・Yoshimi — 2017.2.10
婚活中の女子たちへ、今回は結婚を経験した先輩花嫁さんたちから、これから結婚を考えているあなたに知ってほしい、旦那さま選びに関するアドバイスをいただきました! あまりにリアルすぎる、そしてとっても参考になるアドバイスが満載! 気になるアンケートの結果、ここだけにこっそり公開しちゃいます!

【アンアン総研リサーチ】vol. 220

リアルで的確すぎる、既婚女子からの旦那選びアドバイス!

結婚してみないとわからないけれど、結婚するときにしっかり気をつけておきたい点って実はたくさんあるのです。あまりにリアルすぎて夢がない回答と思われるかもしれませんが、どれも真意をついているものばかり。結婚願望が少しでもある人には、絶対にチェックしてほしいアドバイスをご紹介します!

数十年後のことも大切! 親の介護について確認しておこう

「結婚する時に、相手の親の介護をする覚悟があるかと自分に問うといいと思います。彼がどんなに格好良くてもお金を持っていても、結婚するとお互いの両親との関わりが多くなるので、相手の親がどんな人なのか生い立ちなどをしっかり確認したほうがよいです」(29歳・事務)

結婚は大好きな彼とするもの、と考えている女性は多いかもしれませんが、その考えは甘いかも?現実の結婚とは、彼の家族、親戚、全員と新しい関係を築くこと。家族付き合いって面倒になっちゃう場合が多いんですよね。そのなかでも一番大きな問題になる可能性があるのが彼のご両親の介護。最近では、自分の子供には迷惑をかけたくないと老人ホームに入るための資金を貯めている親世代も多いですが、そうでない場合も多々あります。特に、結婚の条件が親と同居の人は要注意。将来、「親の介護問題で悩まされるなんて……」と後悔しないように事前に確認しておいてもよいかもしれません。

生活スタイルの確認を事前にしておくべし!

「一緒に住むのは好きだけじゃ成り立たないので、その人の生活が自分とあっているかも見た方が良いです。例えばタオルを毎日変えるかどうか。それだけでも違うとストレスになると思います」(29歳・その他)

どんなにラブラブな二人でも、一緒に住むとそれぞれの生活感覚の違いでケンカするのは当たり前。でもあまりにもそれが違いすぎると結婚後に気づいたときは、もう手遅れなのです。意外にも、些細なことが積み重なるのが離婚の原因。というわけで、一番良いのは結婚前に同棲をしてみること。もちろん、いきなり同棲は難しいという場合がほとんどだと思うので、彼の家に一週間お泊まりをしてみるなど、家での生活習慣を事前に知るためのアクションを取ることをおすすめします。将来の安定した結婚生活のために、しておいて損はないですよ!

高スペック男子がほしいなら、自分をよく知るべし!

「今の時代は女性が待っているだけで素敵な結婚ができる時代ではありません! 自分の魅力、弱点を分析して積極的に動きましょう」(31歳・営業)
「結婚は縁。結婚したいなら自分のレベルをあげることに努力すれば絶対出逢う人が変わると思う」(30歳・自営)

結婚相手を探す前に、まずは自分はどういう人間なのか、なんで結婚したいのか、を明確にしておきましょう。特に高スペック男子を狙っている場合は、相手に振り向いてもらうための自分磨きを行うためにも、しっかりと自分の長所・短所を把握しておくことで、彼へのアプローチ方法も見えてくるはず。準備ができた素敵な女性にだけ、結婚の女神は微笑むのです。

変化を恐れず進もう!結婚はそんなに変わらない?

「私は結婚でこれまでの人生がガラリと変わってしまうのではないかという不安と恐怖から、全く結婚したくなかったのですが、相手次第で結婚しても何も変わらなさそうです!」(26歳・マーケティング)
「不安もあるかもしれませんが、自然とお互いに合わせられるようになると思います」(29歳・事務)

結婚したいと積極的な肉食女子が多いなかで、逆に結婚について不安を抱えている女性も少なくありません。でも、そんな女子に対して先輩のアドバイスは意外にも優しめ。結婚は、そんなに不安になる必要なく一歩を踏み出してよいとのこと。いざ結婚したら、きっと不安だった自分がばからしくなるほど楽しい生活が待っているはず、そう信じたいものです。

結婚相手は彼だけじゃない!? 相手の家族も確認しておくべき

「性格は家庭から作られるので、相手の家族も見るべし」(32歳・事務)

親の介護についての確認は先にご紹介しましたが、彼の性格や習慣を知るためにも、彼のご家族や育った環境を知っておくのはこれから一緒に暮らし、一緒に子育てを行ううえでとても大切なこと。できれば、結婚報告前から、お互いに家族を紹介できる関係にしておきたいですね。

ウブな遠距離恋愛結婚は確実に離婚に向かう、解決策は経験を積むこと

「友達の話ですが、恋愛経験のない子が遠距離恋愛でラブラブになり結婚することに。同棲まではうざいくらいにラブラブだったのに、結婚後会うたびに旦那の不満ばかりで数年後に離婚しました。経験が少なかったり、遠距離だったりすると、お互いをしっかり知らないのに二人の世界で一気に火がつくので現実を知らず失敗するのだなと、その子をみて感じました。やっぱりいろいろな恋を経験すべきだし、遠距離での結婚は冷静かつ慎重になるほうが無難」(32歳・その他)

遠距離で定期的なタイミングで会っていると、会うためにお金を貯める努力をしますし、その努力をしたぶんお互いの熱は燃え上がるものです。でも、それってまだ淡い恋をしている段階なのかも。恋は盲目とはよく言ったもの。ちゃんとお互いのよくないところ、悪いところ、遠距離だけでは見えないところもしっかりとみて結婚しないと、ただのおままごと婚に終わってしまう可能性大!特に男性経験の少ない女子は、遠距離やネットサイトでの出会いからの結婚には慎重になっておいたほうがベター。

現実はシビア? 彼とのラブラブ新婚生活だけをイメージしてると結婚は失敗に終わるかも!?

結婚は、想像以上にいろいろな要素が絡んでくるもの。「周りの人がどんどん結婚して自分だけ残りたくないから」「とりあえず好きだから」なんて考えで結婚してしまうと、後々後悔するかもしれません。悩みすぎたり考え過ぎてもいけませんが、今回の先輩からのアドバイスをぜひ参考にしてみてください。備えあれば憂いなしですよ!

【興味津々! 世のカップル事情♪】
【愛し愛される夫婦に♡】何年経ってもラブラブなカップルが密かにしている大切なこと4つ
彼のことが超ムカついても絶対に言っちゃいけない地雷ワード8選
【意外!】○○しているカップルは上手くいかないことが判明!