恋愛世代のリアルを発信。

3人に1人が結婚したくない!? その理由。イマドキ女子のリアル結婚事情 3

文・Yoshimi — 2017.2.7
結婚をするのが当たり前だった時代から、自立する女性が増えたことでいまは結婚の意味や目的が変化してきています。結婚を望まない女性が増えているのです! いったいどんな考えや理由からなのでしょうか。イマドキ女子の本音を聞いてみました。

【アンアン総研リサーチ】vol. 215

3人に1人の女性が結婚を望んでいない

20~30代女性の集まる総研メンバー200人にアンケートを取ったところ、結婚を望んでいない女性は全体の約35%、つまり約3人に1人の女性が結婚を望んでいないという結果に。

結婚3
anan総研調べ

それだけ、女子にとっては結婚にメリットがないと思う時代であり、女性が自立している時代ということなのでしょうか。少子化が問題視されているだけに、社会的にも非常に気になる結果です! いったい結婚を望んでいない女性たちはどのような考えを持っているのか聞いてみました。

私たちが結婚をしたくないワケ

自分の時間を奪われてまで結婚は考えられない

「1人でいたいというか自分の時間や、友達との時間、家族の時間を大切にしたいです」(22歳・学生)
「金銭的にも自立しているし、自分の時間を好きに生きたいので、恋はしているけれど結婚という形にとらわれる気はないです」(35歳・その他)

女性が自由に人生の選択をできる時代、「結婚=ひとりの人と一生を過ごすこと」と考えている女性にとっては、結婚により時間が奪われるというイメージがあるようで、結婚よりも自分の時間や自分が充実できる時間を優先させていきたいと考えているようです。また、特に自由を好む若い世代やキャリア志向がある女性の方が、このような思考が強くなる傾向があるという結果になりました。

だって、心がときめかないから!

「仕事柄いろいろな人と会うのだけれど、学生時代に感じた心ときめく出会いがもうない」(36歳・経営)
「年々結婚する意味がわからなくなっているのと、トキメキがなくなっているので。結婚を目標に置いて、今週は〇くんとデートして、今は△くんもキープしているから……とそこに時間をかけるのはもったいないような気がしてしまうので」(31歳・学生)

そもそもときめく恋をしないと結婚まで考えられない、というご意見も多数聞かれました。確かに、周りの目を気にして「結婚がゴール!」と思ってがんばり続けるよりも、自分の人生観を貫いて生きるという意味では、今の時代に合っている考え方なのかもしれません。恋愛は素敵なことですが、結婚のためや世間体のためだけに彼氏やダンナをキープする生き方よりも、なんだかすっきりしていてかっこいい生き方かもしれません!ただ、あんまりときめきや夢だけ追っていると結局結婚に重要なタイミングを逃してしまうリスクもあるのかもしれません。妥協と自分の人生観と、バランスの取り方を考えさせられる結果です。

結婚している人たちが幸せそうじゃないんだもん!

「結婚を目標にしていた人たちが、結婚しても意外と幸せじゃなさそうな様子を見てしまっているので」(31歳・学生)
「結婚している女性たちは、出産で産休を取らなきゃだったり体型が崩れるという不満をたくさん聞いて自分にはそういうのは考えられないと思う。それに、姑問題や子供の育児の問題でストレスを多く抱えている人が周りに多い」(28歳・会社員)

男性の方が「結婚をしている人が幸せそうじゃないから」という声が多そうですが、最近では女性からもちらほらと聞かれるようになりました。今まで自由にOLをやってきた女性が、結婚していきなり姑問題や出産、子育ての悩みに囲まれるとストレスで押しつぶされそう、という既婚女性も多いようです。周りとのつながりも薄くなっている時代ですから、家庭で抱えたストレスは発散しずらく不幸な主婦を生んでいるのも事実なようです。確かに、こんな声ばかりを聴いていると結婚する意味がわからなくなりますよね。

まだ、結婚したい年齢じゃない

「まだ20歳なので結婚については考えていない」(20歳・学生)

ひと昔前までは、10代後半で結婚して子供を産むのが当たり前でしたが、今では30代での結婚も多く、機会があればそれ以上でも自由に結婚できる時代。まだ、20代前半では結婚に対する意識がなく、そもそも結婚には早すぎると考える女性も、親御さんも多くいます。確かに、好きなことをして自由に生きられるこの時代に「もっと若いときを楽しんでおこう!」という考えはあっているのかもしれません。

結婚の魅力が薄れている時代

いまだに結婚を強く望む女性が多いいっぽうで、結婚に対して冷静な目で見ている若い女性が増加しているのは確か。そもそも、女性にとって結婚とはなんなのでしょうか。「結婚=幸せ」ではないし、周りの目にあわせて無理に結婚する必要がない時代でもあります。しかし、愛せる人と共に人生を歩めるということは、「喜びが倍に、悲しみが半分になるということ」。もし、自分が心ときめく人と出会った時は、ぜひ結婚に前向きになって一歩を踏み出してみてください。きっと、新しい世界が見えてきますよ。


【イマドキ女子の結婚観リサーチ記事♪】

結婚後にアレをしている人は6%! イマドキ女子のリアル結婚事情 1
既婚女性に聞く「結婚ってなに?」 イマドキ女子のリアル結婚事情 2
【既婚者が教える!】アラサー独女が結婚に向けて大切にしたいこと3選